2009年03月31日

春山 その3 150mm+EC−14

Q2299083sto.jpg


Q2299075sto.jpg


E-3 / ZDED150mm+EC-14
1枚目:焦点距離212mm(換算424mm相当) F3.2 ISO160
2枚目:焦点距離212mm(換算424mm相当) F3.2 ISO500 +0.7補正



150mmは今回あまり使っていないので、アップするのはこの2枚で終了です。12-60mmと50mmMacroはあと1回くらいずつアップするつもりです。

今日はE−450が海外発表されました。E−620見た後ではかなり残念なスペックですが、海外用の廉価版と考えれば仕方の無いところでしょうか。しかし、もし日本では発売しないのなら、レアなのでちょっと欲しい・・・。
それは置いといて、E−400系は手振れ補正さえ載せてくれればあとはE−450と同じで良いので、日本でも発売して欲しいですね。あの美しいフォルムは現状ではE−400系しか選択肢が無いのですから。
ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 23:51| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

春山 その2 50mmMacro

Q2299125sto.jpg


Q2299111sto.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
1枚目:焦点距離50mm(換算100mm相当) F2.5 ISO320 -0.3露出補正
2枚目:焦点距離50mm(換算100mm相当) F2.0 ISO100


50mmMacroの写真です。最大までは接近していません。
今回の写真はどちらも3:2にトリミングしています。ただのマイブームなんで深い意味はありませんけれど、一応構図を整えたりする役には立っているようないないような・・・。
ラベル:E-3

春山 その1 12-60mm

Q2299090sto.jpg


Q2299058s.jpg

E-3 / ZDED12-60mmSWD
1枚目:焦点距離12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100 -0.3補正
2枚目:焦点距離60mm(換算120mm相当) F8.0 ISO100 -0.3補正


近場の山に登ってきました。といっても標高150m程度の山ですが。
今日は100枚ほどE−3で撮影したので、しばらくは今日のネタでもつでしょう・・・。

今日の装備:E−3・12-60mm・50mmMacro・150mm・EC−14・EC−20

だったのですが、流石に帰りは肩が痛くなりました。フル装備は重い・・・。とはいっても今更70-300mmあたりを持ち出すのも悲しいので、筋トレと称して頑張ります。

ところで、何故山に行ったかといいますと、昨日見つけた某カメラ雑誌を見てそれに載っていた風景構図を勉強しようと思ったからです。
山って歩いていると綺麗なものが色々あるのですが、上手く撮れなかったり撮ろうと思わなかったりすることが多くて意外にもカメラを使えないんです、私の場合。そういうわけで、良い本見つけたので練習しに行きました。

今回の撮影は「三分割法」と「斜線構図」を意識してしたのですが、まだまだ・・・。

1枚目は3:2にトリミングしています。いつもは4:3なのですが、3:2も面白いですね。これからは3:2にトリミングした写真も出していくつもりです。

ラベル:E-3

2009年03月28日

高感度

Q2249004s.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0 + EC-14
焦点距離212mm(換算424mm相当) F2.8 ISO1600


ファームアップ後、E−3の高感度が良くなった気がしています。この写真は家に帰ってからISO1600で撮影したことに気が付いたのですが(野鳥用の設定で撮影していました・・・)、問題ないレベルだと思います(荒れてはいますけど、目立ちにくいし素直なノイズだと思いますよ)。ちなみに、諧調オートで撮影。

ところで、150mmとEC−14の組み合わせは凄く良いです。どうやら換算420mm相当の画角が自分には合っているみたいです。というわけで150F2.0はヨンニッパになってしまいましたとさ(^^;
ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 21:55| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

今年のさくら

Q2249002s.jpg


Q2249016sto.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0 + EC-14
1枚目:焦点距離212mm(換算424mm相当) F2.8 ISO800 +1.0補正
2枚目:焦点距離212mm(換算424mm相当) F2.8 ISO250 +1.0補正



まだ満開ではありませんが、ソメイヨシノとはおそらく違う種類の桜が咲いていました。
ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 18:55| Comment(2) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

悪天候でも逞しく

Q2228982.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0 + EC-14
焦点距離212mm(換算424mm) F2.8 ISO400


またムスカリですが、今回は150mmF2.0とEC−14です。
EC−14は装着しても絞り開放からガンガン使えそうで、とても気に入りました。50mmMacroや150mmF2.0の使える幅がグッと広がった感じがします。
ちなみに、150mmF2.0に付けると最大撮影倍率が換算で0.38倍にまでなるので、割と小さな花なんかでも撮れそうです。

posted by PIN@E-500 at 21:28| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD 超万能標準レンズ@

P3213230s.jpg

E-500 / ZDED50mmMacro+EC-20 / FL-36R

漸くシステムも完成したことだし、今後は写真だけでなくカメラ機材紹介コーナーもやっていくつもりです。

初回の今日は12−60mmSWDが主役です。私のメインレンズであり、一番信頼できるレンズです。


12−60mm F2.8−4.0 SWD

換算24mm〜120mmまで広くカバーする標準ズームレンズ。
防塵防滴、F値も明るめであり、オリンパス初の超音波モーターSWDを搭載。また、近接撮影も得意で、簡易マクロレンズとしても素晴らしいです。
要するに、一言でいうなら「超万能標準レンズ」となるでしょう。

実際、困ったときには12−60mmでOK、って感じで何でもこなしてくれます。しかもこのレンズはミスをしません!常にビシッと決めてくれる、凄いやつです。AFが非常に正確で、しかもほとんど迷わないんですよ。

はっきりいうと、12−60mmとE−3(あるいはE−30でもE−620でも良いけれど)で組ませて撮影できない標準域の被写体はありません。
もし撮影できないとしたら、間違いなく腕の問題です。機材に文句言う前に腕を鍛えなおしてくださいm(__)m

ところで、よく「12mm端では歪みが・・・」とか聞きますね。確かに歪みます。でも、巷で言われているほど酷くないと思いますよ。11−22mmや14−54mmのような、歪みに関して超優秀なレンズと比べると目立つ、程度に考えておくといいのではないでしょうか?もし気になるとしても、14mmくらいまでズームすればほとんど目立たない感じで、このレンズも優秀だと思います。
*町のスナップ中心なら、11−22mmとかを導入したほうが良いとは思います。その場合、標準は14−54mmUってところでしょうか。12−60mmの万能標準性に対抗できるとしたら、この2本の組み合わせくらいだと思いますよ。

〜まとめ〜
私の評価・満足度:5点満点

フォーサーズ使うなら絶対買うべきスーパーレンズです。私のお気に入りNo.1です。常に完璧なのが逆につまらなく感じるくらい、出来るレンズだと思いますよ。
個人的には、もう一本欲しいくらい・・・。

2009年03月20日

システム完成

P3193211s.jpg

E-500 / ZDED12-60mmSWD

実は昨日でこのブログの一周年だったんですね。すっかり忘れていました。

そんな一周年に合わせたつもりは無いのですが、漸く我がシステムの第一章が完成しました。カメラを始めて2年半、結構ハイペースだったかな。

さて、写真は、オリンパスから昨日届いた新装備を2つ付けているE-3です。予想以上に見栄えが良い・・・。もっと早く導入しておけば良かったかも。

第一章のシステムは以下の通りです。
E−3・E−500
12−60mmSWD
50mmMacro
150mmF2.0
EC−14・EC−20
FL−36R


割と手堅く固めたつもりです。
これで一応、換算24mm〜600mmまでをF2.0〜F4.0で押さえた事になりました。明るさ自慢なシステムですね。

さて、完成とはいっても問題点はあります。第二章への改良ポイントとして少し書いておきます。

@大きい・重い(フォーサーズとしては)
A望遠が短い
B単焦点中心だからハンドリングが悪い

欠点は明るさ自慢にした対価とも言えますね。ある意味仕方ないです。
でも、せっかくなら今後はより軽く、より望遠側にシフトしていきたい。また、出来れば超望遠ズームが一本欲しいところです。
第二章の理想としてはこんな感じでしょうか?
@12−60mmSWD
A25mmF1.4(パナライカのズミルクス?)
B50mmMacro
C100−400mmSWD(竹超望遠ズーム)
D300mmF4.0SWD(竹望遠単焦点)


Aは100mmMacroか150mmF2.0でも可ですが、そうすると望遠ばかりになってしまうので。
Cは是非出してもらいたいです。自分にとっては一番欲しい画角です。ソニーの70−400mmが本当に羨ましい・・・。
Dは150mmF2.0+EC−20の置き換えですね。

・・・なにはともあれ、気の早い話ですが竹の超望遠を出してもらいたいです。特にC!
posted by PIN@E-500 at 21:50| Comment(0) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

春始まるA

P3183198s.jpg


P3183205s.jpg


E-500 / ZDED12-60mmSWD
1枚目:焦点距離60mm(換算120mm) F4.0 ISO125 -0.7補正
2枚目:焦点距離24mm(換算48mm) F4.0 ISO125 -0.3補正


全然春っぽい写真じゃないですね・・・。

実は滝の写真も撮ったのですが、昨日書いたようにE−500の成功率のお陰でボツ。ぶれたりボケたりしているわけじゃないのですが、納得できないので封印です。でも、なかなか面白そうな場所だったのでまたそのうち行こうと思っています。

追記:
↑で「E−500の成功率のお陰」と書きましたが、要は私の腕の問題です。じゃじゃ馬を扱いきれていないってことです。久しぶりに使うと難しいですね。
E−500の名誉のために付け加えておきます。


ラベル:E-500

2009年03月18日

春始まる@

今回の写真は全2回に分けて行きます。と言っても特に意味は無いのですが・・・。

P3183195s.jpg

P3183203s.jpg

E-500 / ZDED12-60mmSWD
1枚目:焦点距離49mm(換算98mm) F4.0 ISO125 -0.7補正
2枚目:焦点距離12mm(換算24mm) F8.0 ISO125 -0.3補正


久しぶりにE−500の登場です。今日はE−500+12−60mmのコンビのみで近場の山にちょろっと行ってきました。

やはりE−500はなかなか厳しいものがあります。
理由の一つとしては、ISO100〜200が常用範囲、さらに手振れ補正無しだと、森の中では晴れていても理論上の手振れ限界値になってしまうので、結構真剣にシャッターを押しています。
もう一つ、白飛びしやすい上に測光が不完全なので、勘を頼りに露出を決めていくことが重要になってきます。デフォルトで−0.3〜−0.7にしておいて、その場に合わせて変えていく感じで使っています。

そんな感じでE−3なんかと比べると大いに手間がかかりますが、「じゃあ出てきた写真はどうなの?」と聞かれると、これまた寂しい結果が出てくるわけです。感覚的には、E−3が撮って出しで(構図抜きで)85%使えるとしたらE−500は30%行けばいいかなと思っているくらいです。実は今日も帰ってきてガッカリしたたちです・・・。

でも、そんなE−500ですが、はまるとやはり素晴らしい写真を撮ることがあるんですよね。それが「コダックの魅力」ってやつなんでしょうが。

ちなみに、私は別段コダック素子のファンではないのでパナソニックの第二世代素子で満足しています。L10以降のパナの素子は正直凄いと思います。


ラベル:E-500

2009年03月16日

ムスカリ

Q2168891sto.jpg


Q2168887s.jpg


E-3/ZD ED 50mmMacro + EC-20
焦点距離100mm(換算200mm) 
1枚目:F8.0 ISO640 トリミング
2枚目:F4.0 ISO400



2009年03月08日

モズ

Q2078837sto.jpg

E-3/ZDED150mmF2.0 + EC-20
焦点距離300mm(換算600mm相当) F8.0 ISO125
トリミング


続きです。

もしG1を買うなら、私なら絶対にWズームを買います。
とすれば、マイクロ用レンズにパナのルミックスG14−45mm・45−200mmというレンズが手に入るわけですが、サブ機なのに交換レンズたくさん持ち歩くのはどうなの?ってなるわけです。

理想としては、14−140mm1本で行き、それにプラスして広角や明るい単焦点を持ち歩ければ・・・、と考えています。
そうなると、G1買った場合の最初のWズームをどうするのかが問題ですよね。いくらなんでも勿体無い!!
だって、実は今だってお蔵入りしているレンズがあるんですよ。14−42mmと70−300mm。でもこのレンズをマイクロ用にするのも嫌だし・・・。

@14−140mmを軸に、広角や明るい単焦点を入れていく案
A14−45mm+45−200mmを軸に、広角か明るい単焦点を入れる案
B14−42mm+70−300mmをアダプター利用する案

Bはマイクロの小ささがスポイルされますから、選べません・・・。
@で行くならGH1のキットを安くなってから買うほうがお徳でしょう。よってG1はスルーとなります。Aで行くなら14−140mmはスルーですね。

ここら辺はメインのフォーサーズとの兼ね合いで上手く行くように考えないと・・・。
でも最終的には、14−140mmの画質が決め手になるとは思います。45−200mmの画質も気になりますが、何故かデータが少ないようで・・・。
ラベル:野鳥

ダイサギ

Q2078826sto.jpg

E-3/ZDED150mmF2.0 + EC-20
焦点距離300mm(換算600mm相当) ISO200 F8.0


*記事タイトル修正しました。


前回の続きでふと思ったのですが、サブ機ならG1でも十分ではないでしょうか・・・?
あえてGH1にしなくても。

だけど、G1買っちゃうと1つだけ問題があるんですよね〜。

しかし、この続きはまた次回で・・・m(__)m 今日は謎の小鳥を追いかけていて疲れてしまいました。

2009年03月07日

オオイヌノフグリ

Q2058742sto.jpg

E-3/ZDED50mmMacro + EC-20
焦点距離100mm(換算200mm) F11.0 ISO125
縦長にトリミング


さて、PMAではフォーサーズ新製品は全く何も無かったですね〜、オリンパスさん。どうするつもりなのか、せめてレンズくらい予定を出してもらいたいのですが・・・。

と、言うわけで、オリンパスは当分マイクロに注力してフォーサーズのレンズは出てこないと予想しました。少なくとも夏までは何も無いでしょうね。

そこで、私のメインシーズンは夏なので、予定を一新しました。
前回よりリアルにね。

@フォーサーズ
・ボディ E−3
・標準  12−60mmSWD
・マクロ 50mmMacro
・望遠  150mm
・その他 EC−14、EC−20

Aマイクロフォーサーズ
・導入未定!!


以上。

結局、現状維持ですね(苦笑)。いや、EC−14が何気に追加されていますが。あれは絶対必要になるので、今の安いタイミングで買っておきます。

ところで、マイクロが何故「導入未定」になったのかといいますと、簡単に言うと金の問題です。噂では、7−14mmが定価1,250ユーロだとか・・・。日本円で150,000円超えています。せいぜい高くても実売8万程度で考えていたので、非常に驚きました。
そんなわけで、広角が使えないマイクロなんて要りません。オリンパスのマイクロまで出揃ってから、ゆっくりと予定を立てるつもりです。パナソニックはちょっと高すぎますよ。

はぁ、究極のサブ機はいつ手に入るのでしょうか・・・?

2009年03月04日

シジュウカラ

Q1017938sto.jpg

E-3/ZD ED 150mm F2.0 + EC-20
焦点距離300mm(換算600mm相当) F5.0 ISO640
諧調オート トリミングあり


オリンパスからE−620が発表され、サムスンからAPS-Cセンサー搭載の新マウント機がアナウンスされ、今日はパナソニックからGH1が発表されました。明日からはPMAの本番に突入ですが、一体どんな隠しだまが飛び出してくることやら・・・。

個人的には、E−620には全く興味無しです。まず買うことはありません。E−620をサブで使うくらいなら、常にE−3で行きます。
客観的に見れば「良く頑張った」と言われて当然とは思いますが、なんとなく中途半端な印象を持ってしまうんですよね・・・。E−620は出来ればE−530として発表してもらいたかった。そしてそこから、固定液晶・フラッシュレス・グリップレスのE−430を出して欲しかったなぁ・・・、と思って。

ところで、GH1には興味津々です。正確に言うと、「マイクロフォーサーズ」に興味津々です。GH1の概要を調べましたが、いずれデジタル一眼はミラーレスになるのだろうなと思いました。おそらく私はマイクロでシステム構築を考えますよ、本気で。


具体的には、こうしようかと(まだ出ていないものについては妄想)。
@フォーサーズシステム・・・本気及び局地戦用
・ボディ E−3(あるいはその後継機)
・標準  12−60mmSWD
・マクロ 100mmF2.0SWD(個人的希望)
・望遠  300mmF4.0SWD(個人的希望)

Aマイクロフォーサーズシステム・・・常用
・ボディ E−400系のようなボディ(今のところGH1か?)
・広角  7−14mm
・標準  14−140mm
・大口径 20mmF1.4?


とまぁ、こんな感じでしょうか?
私は「レンズは3本1セット」という考え方なので、3本でシステム構成できるように検討しています。←3本以上は荷物になって邪魔だし持って歩けませんから・・・。

もっとうだうだと書きたいことはあるのですが、明日のPMAを見てから今後の方針を決めましょうかね。
ラベル:野鳥

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。