2009年06月28日

紫陽花

P6263306_001s.jpg

E-500 / VE14-50mmF3.8-5.6
50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO100



P6263307_002s.jpg

E-500 / VE14-50mmF3.8-5.6
50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO100



最近、雨ばかりですね。
今回は久々にE-500の写真です。こういう場面では本当に良い色出しますね。ただ、E-420の使い勝手が思ったよりも良いので、今後益々出番がなくなりそうな気がします・・・。

そう言えば、昨日、カメラのキタムラでE-P1触ってきましたよ。
第一印象は、思ったより大きいな、というものでした。でも持ってみれば納得です。あれ以上小さいと持ちにくいですし、パナのLUMIX-Gレンズ等とのバランスがあまりにも悪くなってしまうと思います。
あとは、高級感があって格好良かったです。買う予定がない人は、触らないことをお勧めします・・・。私は触ってから「しまった!」と思いました(笑)


タグ:E-500

2009年06月27日

さぁ、海へ出よう!

P6230111_009s.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F5.6 ISO200



実は私、海の写真を撮るのは好きではありません。
理由:1、難しい 2、塩被りが嫌だ 3、海より川・川より山が好き
だからです。いや、3は関係無いか・・・。
とにかく、海って広くて何も無いので、どう撮ろうかなかなか決められないんですよね。ここら辺がセンスの勝負なんでしょうけど(苦笑)
今回の写真のように、点々と対象物があれば何とかならないこともない、という感じです。でも探すのが面倒だったり・・・(^^;



タグ:E-420

2009年06月25日

直線交差

P6187874s.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO400



そろそろVARIO-ELMARに飽きてきた人多いのかも・・・、と感じてはいるのですが、他のレンズでの最近撮ったストックがありません(^^; ←え?最初から「この」ELMARには期待して無いですって・・・?まぁそんなこと言わずに(^^;
実のところ、私もそろそろELMARに飽きてきたので(!)愛しの12-60mmSWDで遊びたいのですが、オリンパスに内部の清掃をお願いしたので現在八王子送りとなっています。そんなわけで今週末も標準レンズはELMARだと思います。ま、せっかく買ったのだから最初くらいELMAR贔屓になっても丁度良いくらいでしょう。

さて、L10の「おまけ」扱いのこのELMAR14-50mmですが、何度も書いているように本当に直線はビシッとまっすぐに決まります。直線のある風景を撮りたくなるレンズです。描写の柔らかさ(緩さ?)もF8.0まで絞れば確実にシャキッとしますので、特に困りません。*本当はF5.6でも十分なのかもしれませんが、割とレンズに厳しい人間なもので・・・(^^;
レンズ内手振れ補正にも慣れてきたので、約3段分は効果を感じることが出来ています。E-420にだけでなく、半骨董扱いのE-500の蘇生にも大いに役に立つだろうと期待しています。・・・とは言うものの、E-500がE-420に勝っている部分って、操作性以外に果たしてあるのだろうか?という問題は残りますけどね。



タグ:E-420

2009年06月24日

港から望む夕焼け

P6230150_017_filtereds.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO800



P6230146_015_filtereds.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO800



久しぶりに良いシーンに出会えました。夕景が苦手な私も、綺麗な景色と撮影枚数のお陰か、何とかそれなりのものが撮れたと思っています。
是非クリックして拡大表示で見て欲しいと思います。
この2枚の写真、皆さんはどちらが良いと思いますか?

夕景って、構図が凄く難しいな、と本当に思います。1枚目の写真はもう少し上側を撮っていればもっと良かったかな。だからといって、ただだだっ広く空を入れるだけではつまらなくなりがちですし、その加減がなかなか・・・。
今までに撮った夕景の中では、E-3と12-60mmで撮った福島の空が一番のお気に入りです。隅々まで解像できていた12-60mmの凄さにも驚いた記憶があります。過去ログですがこちらも是非見てみてください。


あと、夕景写真に興味のある方は是非とこまるさんのブログにも行ってみて下さい。
素晴らしい夕景写真がたくさんあるので、とても勉強になると思いますよ。


タグ:E-420

2009年06月21日

ツリガネズイセン

P6207983sto.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO200



この花の名前、いまいち判然としないのですが、とにかく「ツリガネズイセン」というのの一種なのだろうと思います。

さて、私は最近このELMARに夢中なわけで色々試し撮りしていますが、このレンズを使って植物を撮るとしっとりと柔らかい味のある描写をするなぁと感心しています。ボケ方も悪くないと思いますし。イメージ的にはパナライカに共通した特徴のような気もしますけど、他は使ってないので良く分かりません。
ただ、惜しむべきはF値です。描写は良くてボケも悪くないのに、上手く撮らないと背景があまりボケなくてイメージ通りに行かないことがあると思います。描写の傾向からは柔らかさを活かして植物を撮るのに向いていそうなのに、使い方としてはパンフォーカスでシャープに街のスナップをするのに使いやすい感じがあります。逆に言えばどちらもそれなりにこなすともいえるのですが。


タグ:E-420

2009年06月20日

ネジリバナ

Q2200823s.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.0 ISO100



「ネジバナ」とも呼ばれるラン科の野草だそうです。最近よく見かけます。
F2.0ではピント面が薄すぎて、花の一部と根元にしかピントが合いませんでした。もう少し絞るべきだったなと思います。
明日から天気は悪いようですね。さて、明日はどうしようか・・・?
VARIO-ELMARがまだ何枚か残っているので更新には差し支えないと思いますが、せっかくの雨、E-3とオリンパスレンズ群を活躍させても良さそうですし、考え中です。


タグ:E-3
posted by PIN@E-500 at 21:47| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

高層ビル

P6187868s.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO100



このレンズ、収差が多いかもしれない・・・。
といきなり言うと、「昨日と言っている事違うじゃないか!」と怒られそうですが、昨日の収差は「歪み」で今日言う収差は「色」なのです。

このレンズの描写の一番の特徴は、私が思うに「直線のものが直線に写ること」なんだろうと思います。とてもキットレンズとは思えません。竹14-54mmに勝るとも劣らず、のレベルだと思っています。
しかし、オリンパスが誇る優秀なキットレンズ14-42mmに負けているのでは?と思う部分も見られます。
一つ目はシャープさ。これは負けているというより、好みの問題かもしれません。シャープすぎるくらいシャープな14-42mmと、柔らかい描写の14-50mmF3.8-5.6、という印象です。ちなみに、12-60mmはシャープな中にも繊細さがある、という感じで流石としか言いようがありません。
そして二つ目が色収差です。まだ少し使っただけなのですが、F5.6くらいだとなんとなくモヤッとした感じが抜けてくれない気がするのです(特に白い被写体の周り)。今日貼ったF8.0の写真はビシッと決まっているのですが。
このあたり、よく検証していきたいなと思います。一度E-3に付けて色々撮影してみる必要があるかもしれません。万一手振れや僅かなピンボケだったら申し訳ないですから(^^;

いずれにしても、パナライカはZUIKO DIGITALとは性格が違うなぁとつくづく感じます。このレンズのお陰で全く興味の無かったELMARIT14-50mmF2.8-3.5にすら関心を持ち始めてしまいました(苦笑)
まさにパナライカの「撒き餌キットレンズ」なのかもしれませんね。←パナの目論みは失敗したようですが。


タグ:E-420

2009年06月18日

新宿土産・・・?

P6187873s.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F5.6 ISO100



珍しく街スナップです。
ところで、今日このブログ見て何か違和感を感じた人はいませんか?

・・・・・、あ、なんか新しいカテゴリとタグが出来てますね(^^;
それと、14-42mmと70-300mmは二度と更新されることはなくなりました。ファンだった方、いらっしゃるか分かりませんがご期待に添えず申し訳ないm(__)m 中野の有名カメラ店にドナドナしましたので、是非買ってあげてください^^ 綺麗に使いましたので。

さて、本題のサブ機、もうお分かりでしょうけど散々悩んだ挙句にダークホース的なE-420とVE14-50mmF3.8-5.6にしてしまいました。素直にGH1+14-140mmとかにして置けば良かったのに・・・、とか思ったりもします(^^;

決めては何だったのかと言いますと、@見た目、Aパナライカとやらを一度使ってみたかった、B中古は買える値段だった、とまぁこれだけなんです(^^;
本当はVE14-150mmに出来ればよかったのかもしれませんが、旅行にあまり高価なレンズは持って行きたくないですし、なにやら壊れやすい(繊細?)という話もありましたので、ならば試しに最悪盗まれても壊れても良いやっていう安いVE14-50mmF3.8-5.6にしたわけです。VE14-50mmF2.8-3.5も一瞬考えたのですが、大きさが12-60mmSWDとほぼ同じでしたしコントラストAFも非対応、手振れ補正の効きがいまいち、との話から却下しました。

VE14-50mmF3.8-5.6を軽く使ってみての感想は、「何かゆるい・・・?」という感じですかね。F8.0だときりっとしますが、F5.6あたりではいまいち癖を掴めませんでした。12-60mmがシャープすぎるのかもしれません。
しかし、面白いレンズであることは確かだと思いますよ。E-420とのマッチは見た目もバランスも最高ですし、手振れ補正も体感2〜3段は効いているのでなかなかのものです。さらに、収差が非常に少ないので、建物撮りなんかでは力を発揮する気がします。
何にせよ、使いでのありそうなレンズで一安心でした。ボディも可愛いので気に入っちゃいました^^

にしても、事実上4本目の標準レンズ・・・。フォーサーズの標準レンズは沼が深すぎますね(--;


タグ:E-420

2009年06月17日

アオバズク

Q2170784_006_filteredsto.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0 / EC-14
212mm(換算424mm相当) F4.0 ISO400



アオバズクです。小さいフクロウですね。7月には子供が生まれて出てくるらしいので、またそのうち見に行こうと思っています。


さて、昨日オリンパスのマイクロ機の『E-P1』が発表されました。レンズを含め、トータルでとんでもなく小さいことと、金属で所有する喜びを求めたというところに惹かれます。
サブ機をどうするか、今非常に悩んでいます。
私がサブ機に求めることは、まず小さいこと、基本的には標準レンズの画角を担当してもらうこと、旅行担当で海外などの旅行に持っていく場合にある程度なんでもこなしてもらえる実力があること、という感じです。
E-520に12-60mmSWDは少々大きいですが、安くて中身がE-3と同じで頼れます。G1はレンズ含め小さく、機能が充実していますしこれまた安い。GH1ならレンズ一本でほぼ万能です。E-P1なら圧倒的な小ささでどこにでも連れて行ける、という感じでしょうか。
どれも魅力的なのでかなり迷っています。
本当は、オリンパスからE-400系のフォルムのマイクロ機がパナ製EVFとボディ内手振れ補正を載せて出てきたら、即決だったのですが・・・。まぁ、何れE-400系のフォルムのボディは出るでしょうからそのときには買いますし、それを前提にして現時点でのサブ機を選ぼうと思っています。


タグ:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 22:59| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

アオバト

Q2130623_005sto.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.2 ss1/2000 ISO100



Q2130682_008s.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0 / EC-14
212mm(換算424mm相当) F2.8 ss1/2000 ISO250



本当は、野鳥以外をアップしたかったんです・・・。
150mmで撮った風景もまた格別!っていうのをテーマにした写真を撮るつもりだったのですが、夕日がどっか行っちゃったんですよ(苦笑)また良い場所探さないと。

で、今回は結局アオバトです。まぁ、これはこれで初めてちゃんと写せたので結果オーライなのですが。
この鳥は何と海に塩水を飲みにやってくるんですよ。たまに溺れて死ぬやつもいるらしいです・・・。頑張れ!


タグ:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 22:29| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

真夏のカラー

Q2070232_005sto.jpg

E-3 / ZDED12-60mmSWD
17mm(換算34mm相当) F5.6 ISO100



最近不遇の12-60mmSWD、久々の登場です。
150mmを買って以降、落とすのが怖くて(^^;あまり外でレンズ交換しないので、他のレンズを使わず仕舞いになることが多くなった気がします。何より、150mmF2.0に惚れ込んだというのも理由の一つなんですけどね!
とは言っても、12-60mmも素晴らしいレンズですし、大切に使っていきたいです。実は、12-60mmSWDだけは一生手放さない自信があるくらい信頼しているレンズなんですよ。


タグ:E-3

2009年06月11日

カワセミ

Q2100468_009_filteredsto.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0 / EC-14
212mm(換算424mm相当) F3.5 ISO1600



ISO1600のノイズフィルターOFFで撮影、NeatImageでノイズ除去を行っています。高感度だったので心配しましたが、意外に綺麗な色が残るものですね。




タグ:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 21:48| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ガックリ・・・と来る瞬間

Q2100382_007sto.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0 / EC-14
212mm(424mm) F4.5 ss1/1000 ISO500



カワセミの飛び物撮影、私は下手くそなので滅多に「決まった!!」と手応えを感じることはありません(苦笑)
しかし、その珍しく手応えを感じるときに限って↑こんな感じなんですよね〜・・・。ピントが合っていれば羽が切れてるとか障害物に邪魔されるとかで、完全にど真ん中で捉えたときにはAFが間に合っていなくて全部ピンボケとかで・・・。まぁ、私に限らず自然相手はこんなことばかりなんでしょうね。
とはいえ、今回のは特に酷い(笑)

明日はまともな写真をアップしますm(__)m


タグ:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 23:30| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

昼寝猫

Q2040201s.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F2.0 ISO100



我関せずで動かないでいてくれたので、歩みの鈍い50mmMacro+ライブビューでも撮れました。バシッと決まると、流石としかいえませんね、素直な良い描写をしてくれます。


最近は色々と、今後のシステムをどう構築していくか考えています。場合によってはレンズの大幅な入れ替えも視野に入れて、という感じです。
とりあえずは6月15日まで静観して、マイクロ見てから決定するつもりですが、あとはフォーサーズのレンズロードマップが出るのか否か、非常に気になっています。あと1週間・・・。


タグ:E-3

2009年06月06日

紫陽花

Q2040177s.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F2.5 ISO100



仕上がり『NATURAL』です。撮影時に背面液晶と本物とを見比べましたが、本当にNATURALな仕上がりで素晴らしいと思いました。
この仕上がりは(というかE-3というカメラは)長く使っていけるだけの作り込みがされている本当に良いものだと思いますよ。


ところで、ついにオリンパスのマイクロの新型(E-P1という機種)の本物ぽい画像が出てきましたね。「OMタイプのマイクロなら買う」と思っていたのですが、例のペンのフィロソフィーを継ぐ機体も格好良さそうで・・・。サブ機決めが悩ましくなりそうです。


タグ:E-3

2009年06月05日

垣根

Q2040183s.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F2.8 ISO250



このブログ初の仕上がり『NATURAL』で撮影した写真です。実はE-3を買って以来、箱開けてすぐに『VIVID』に設定して使ってきたもので、NATURALには興味がありませんでした。
しかし、実際使ってみると、何でこれがデフォルトになっているのかが良く分かります。背面液晶でNATURALに変更後最初に撮影した紫陽花(明日あたりにアップします)を見て、まさに肉眼で見たままのような色使いに感心しました。私の印象では、VIVIDは「自然な中にも印象的なインパクトを与える色」で、NATURALは「とにかく自然だが見ていて飽きない色」という感じでしょうか。日本的な美意識を感じさせてくれます。
どちらを選ばれても後悔はしないでしょうが、「仕上がり」は色々試してみると面白いかもしれませんよ。


タグ:E-3

2009年06月04日

ドクダミ

Q2040161sto.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F4.0 ISO320



久々の50mmF2.0Macroです。
軽くて寄れて、描写も良く明るい。良いレンズですね。
AF関係がもう少し良ければ、シャッターチャンスにも強くなって益々活躍できるのでしょうが、2代目は果たして発売されるのでしょうか?


タグ:E-3

2009年06月02日

EC-20・絞り開放で

Q2310027_001s.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0 / EC-20
300mm(換算600mm相当) F4.0 ISO100



タイトル通りです。無駄に長くなってしまいましたが・・・。EC-20のレビューで書けば良い様な内容です。

「150mmF2.0にEC-20を付けると予想してたよりも悪くて残念だった」という趣旨の文章をこのブログでも何度か書いていると思います(150mmF2.0との組み合わせにおいては開放近くでのシャープさとピント精度に不満が残りました)。この考えは今でもその通りだと思っていて、最近では被写体が野鳥などのシャープさを求めるものにはEC-14を付けて撮ろうかと思っています。

とは言っても、EC-20がダメダメで使えないわけではありません!それが今回のテーマです。

実はこのEC-20、50mmMacroに付けると本当に素晴らしいです。50mmMacroを買うなら是非EC-20もセットでいっちゃって下さい、とお勧めしたいくらいですよ。
何でそんなに50mmMacroとの組み合わせでは良いのか、色々と考えてみました。私なりに考え付いたのは結局、50mmMacroの狙う被写体との相性が良いから、に尽きると思います。

50mmMacroで何を撮るかといえば、私の場合は花が中心+小さな昆虫が殆どです。
花に関して言えば、カリカリシャープが必ずしも良いわけではありませんよね。敢えてソフトな感じを出してもまた良い雰囲気が出ると思います。
また、マクロ撮影は基本的に(三脚などを用いたりしながら)じっくり撮影することが多いです。強い風さえ吹いていなければシャッター速度が遅くなるのもあまり気になりません。必要なら幾らでも絞ることが可能です。
開放でソフトな感じを出してもよし、絞ってシャープにも出来る、さらにピントはMFで詰めていけば、結局50mmMacroでEC-20を使う場合、ネガな部分が出てきません。寧ろ等倍撮影可能になる点、有利とさえ言えるわけです。

一方、150mmで何を撮るかといえば私は野鳥が多く、他には花や大きめの昆虫、その他動体、という感じです。
被写体との関係上、どうしてもシャッター速度は確保したいですし、逆に花以外についてはシャープさも欲しいので絞りたい。さらに、動体にライブビューでじっくりピントを合わせて・・・、なんてやっていられませんからAFが本当に正確でないと困ります(本当は自分がMFで合わせきれないのも悪いのですが)。ごく僅かにずれていただけでも、特に鳥はボツになってしまいますので。
そうなるとどうしてもEC-14のほうが使い勝手が良いんですよね。殆ど絞らなくてもシャープですし、ピントもバシッと決まってくれる印象です。

前回のシャープな花の写真と今回のシャープではないが問題ない花の写真とは、EC-20の上手い使いどころをはっきりさせてくれた気がします。

ところで、撮り回しの良い開放からシャープな超望遠、早く出してください・・・。


タグ:E-3
posted by PIN@E-500 at 23:00| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

Q2310060_006s.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.0 ISO125



昨日は撮るだけとって結局アップできませんでした。

昨日は11時過ぎに自転車で近くの河原に出かけたのですが、何と面白いことにオリンパスユーザーを2人目撃し、しかも他社ユーザーは0という不思議なことになっていました!
私のフィールドの川はカワセミが有名で、休みの日には多ければ20〜30人ほどの大砲持ちカメラマンが並びます。そしてその殆どがキヤノンかニコン、オリンパス使いは私以外に1人いるかいないか、という状況が常です(知り合いの方でオリンパスも使っている方がいますが、普段はキヤノンなので)。
しかし昨日は一体・・・?カワセミ撮ろうとしている人が私以外に一人もいなくて、随分と寂しい川になっていました。個人的には周りの大砲が気にならないのでちょっとラッキーでしたが・・・(^^;
ちなみに見かけたオリユーザーの構成は、一人はおそらくE-520+EC-14+70-300mm、もう一人はE-620+14-42mm、かと思います。
あと、帰りがけに私の150mmF2.0を凄く嬉しそうな顔で(自転車のスピードを緩めながら)熱く見つめていたお方がいたのですが、もしかしてオリユーザーだったのでしょうか・・・?私もオリユーザーがいるとカメラをガン見してしまうので、気持ちはよく分かります(笑)

さて、無駄話が長くなりましたが、今回の写真も絞り開放です。
開放でこの切れ味は恐ろしい限りです。腕ではなくてレンズの描写力に頼ってしまいがちで良くないな、とつくづく感じます。



タグ:E-3
posted by PIN@E-500 at 20:51| Comment(2) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。