2010年01月31日

街中スナップ2

P1000490_1s.jpg




P1000491_1s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm MEGA O.I.S.
1枚目:14mm(換算28mm相当) F3.5 ISO100
    SILKYPIX:テイスト『スウィーライトブルー』
2枚目:14mm(換算28mm相当) F5.6 ISO100
    SILKYPIX:テイスト『スウィーライトブルー』




オリンパスのアートフィルター『ファンタジックフォーカス』や『デイドリーム』はありませんが、真似るならシルキーには『スウィーライトブルー』があります。

元々このテイストは付属のソフトに入っていません。シルキーのHPからダウンロードしなければなりません。私はレオパルド・ゲッコーさんの書き込みでダウンロードできることを知りました。ありがとうございましたm(__)m

他に公式HPからダウンロードできるものといえば、『ハードモノクローム』や『シネフィルム』、『ビビッド』などがあります。昨日アップした『キッズフォト』も新しいテイストです。色々あって楽しいので、是非SILKYPIX使いの方は覗いてみてください。

SILKYPIX・テイストダウンロードリストのページへ



最近、マイクロフォーサーズの噂が活発ですよね。
先日、パナの新型の噂の中に一つ気になる記載がありました。
『HD 12-75mm F2.5-3.3 MEGA O.I.S.』

これは流石に嘘だろ・・・。と思います(^^;
ですが、私は12mm始まりの標準ズームが欲しいので、もしこんなのが本当に出たら他諦めてでも飛付きたいです。

そもそも私はマイクロを何故導入したかといいますと、旅行などで荷物をコンパクトにして、気軽に目立たずに撮りたかったからです。
では旅行でどんなレンズが一番活躍できるか?と聞かれたら、『換算24mm始まりの標準ズーム』と即答するでしょう。高層ビルの多い香港でも換算24mmあれば大方問題なく撮影できました。換算28mm相当ではギリギリ入らずに不満が募ったと思います。

マイクロフォーサーズはスナップ的な現場でどのデジタル一眼レフよりも活躍できるのですから、こういう万能標準ズームに力を入れて欲しいです。小型化に拘るのでしたら12-35mmF2.8-4.0とか、一番スナップに使いやすい画角を押さえた高性能ズームを一本は出して欲しい・・・。そこそこ小型軽量な35-100mmF2.8-4.0なんてレンズも同時発表すれば、ネイチャーファンも飛付く気がします(風景撮影では広角・換算24mm始まりのズーム・換算70-200mmズームあたりの3本が使いやすいです)。


パナソニックの14-45mmF3.5-5.6は、14mm(換算28mm相当)始まり標準ズームとしてはレベルの高いレンズだと感じます。キットレンズとは思えませんし、かなり気に入っています。とはいえ、12-60mmSWDを持っているとどうしても広角側2mmで見劣りしてしまいます。初めての一本としては良く考えられた画角なのでしょうが、既に他のシステムを持っている身からすれば非常に惜しい・・・。

やはり標準ズームは一番需要が多いですし、明るさに拘るユーザーも多いですから、ガツンと素晴らしい上位レンズを出して欲しいと思います。換算24-70mmというのは各社の看板標準ズームが揃うレンジですから、さっき挙げた12-35mmを小型軽量で(当然描写も良く)出せれば、マイクロをメインで使う人も増えると思うんですけどね〜。
え?テレ端F4.0じゃ暗いって・・・?いやまぁ、あくまで現実的にボディとのバランスを考えて妄想したスペックなのでお気になさらず・・・(^^;




タグ:G1

2010年01月30日

街中スナップ

P1000485_1s.jpg




P1000486_1s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm MEGA O.I.S.
1枚目:14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO100
    SILKYPIX:テイスト『ファインストリート』(フィルム調V1)
2枚目:16mm(換算32mm相当) F3.7 ISO100
    SILKYPIX:テイスト『キッズフォト』



正直言うと、E-3でこのシーンは撮れません(私には)。流石に人通りが多いと恥ずかしいので・・・。
街中こそ、デジタル一眼レフにかわってマイクロフォーサーズ機が活躍できるフィールドでしょうね。本当に撮りやすいと感じました。

撮りやすいと感じた理由は大きさだけではありません。実は、大きさ以上に撮りやすくなった理由があるのです。

その理由は、『バリアングル液晶での実用的なライブビュー』の存在です。

実際のところ、E-420をG1に代えても同じ使い方なら目立ち方もほぼ同じです。ファインダーで構えて撮影するそのポーズが嫌がられるって感じ、分かりますよね。
ですがG1はその点、液晶での撮影が非常に便利です。便利というより、液晶で撮影したくなる、といった方が正しいくらいです。私も純正レンズを付けている時は8割方バリアングル液晶で撮影しています。

とにかく液晶が使いやすいんですよ。まず、バリアングル液晶なら構図の制約がなくなります。私の場合、基本ウエストレベルで構えて撮影し、不審者に見られる心配の少ない状況なら積極的に地面スレスレまでカメラを下げて撮影しています。
液晶での撮影で通常の一眼レフでは問題になりやすいことでもG1では問題になりません。レンズ内ぶれ補正なのでぶれやすい液晶使用時でも安定した画像が見られますし、液晶のドットが精細なので構図も正確に確認できます。コントラスト式AFはどこにでも合わせることが出来ますし、G1のは本当に速くて正確です。更に言うなら、インテリジェントオートで撮影すればほぼ修正の必要なく綺麗に撮ってくれますし・・・、何と言うか、撮影者はほぼお腹の辺りに『構えているだけ』でOKという素敵なカメラなんですよ、少し寂しいですがね(^^;

ミラーレスだからこそ成し得た性能ですね!



ところで、街中を撮影していると広角レンズが欲しくなります。換算28mm相当では窮屈で窮屈で・・・。
オリンパスがそろそろマイクロの新型(E-PXX機)を出してくるようですが、レンズの同時発表があるのか期待しています!14-150mmはEVF内蔵型とセットで出てくると思うのでまだ先でしょうけど、9-18mmは超小型のようですから今回出てくるんじゃないかな〜・・・、なんて楽しみにしています。



タグ:G1

2010年01月25日

ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0 後編

昨日の続きです。

『150mmF2.0、300mmF4.0化計画』が破綻して・・・、その後の私と150mmF2.0との奮闘記(?)を下のリンクからどうぞ。




続きを読む

2010年01月24日

ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0を1年使って。前編

150mmF2.0を購入したのがおととしの12月。1年ちょっと経ちました。
その間にレビューも2回書いたと思いますが、あらためて今また思うところを書いてみようと思います。
*今回は写真は載せないので、150mmのカテゴリーもしくはフォーサーズのカテゴリーで見てください。




続きを読む

2010年01月20日

葉の写り

P1000441_1s.jpg




P1000111_1s.jpg




P1000436_1s.jpg


G1 / Planar T* 35mm F2.0
1枚目:35mm(換算70mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX・ノスタルジックトイカメラ(フィルム調X1)
2枚目:35mm(換算70mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX・デフォルト
3枚目:35mm(換算70mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX・スーパーニュートラル(フィルム調V1)




このコンタックスGマウントのPlanar35mm、植物を撮らせると一級品だと個人的には思っています。

一癖も二癖もあって、正直使いづらい感じのするレンズなのですが、何となく使いたくなってしまうんですよね〜。ああ、もちろん解像力などで不足を感じることはありませんので、元々のポテンシャルは高いのでしょう。この「癖」が植物撮影には良い影響になっているのだと思います。え〜と、一言でいうなら『柔らかいけど力強い』イメージの描写かな・・・?不思議な感じの写りですが、興味深いです。


タグ:G1

2010年01月11日

ルリビタキ

Q2117889tos.jpg




Q2117905to.jpg




Q2117849tos.jpg


E-3 / ED150mmF2.0 / EC-20
1枚目:300mm(換算600mm相当) F4.5 ISO200
2枚目:300mm(換算600mm相当) F4.5 ISO160
3枚目:300mm(換算600mm相当) F4.5 ISO250



今日は河原でいつも私がお世話になっている妻さんと久しぶりにお会いすることができ、その時にルリビタキの観察できる場所を教えていただきましたので、早速下見に行ってきました。妻さん、本日はどうもありがとうございましたm(__)m


さて、ルリビタキですが、♂の成鳥は今日はじめて撮影できました。
全長14cm。♂は背中全体が青く、♀と幼鳥は尾羽(で良いのかな?)の先端だけが青いのが特徴です。わき腹は綺麗なオレンジ色。
とにかく綺麗で、こちらがじっとしていると好奇心からか近寄ってきて人間観察を始めます。つぶらな瞳が可愛らしいですね!

今日は生憎のどんよりとした曇り空だったので、EC-20を付けてはいたものの開放付近のF4.5を中心にして撮影しました。距離が近かったのとピントが合わせやすかったので、この組み合わせでも画質的には気になることはあまりなかったのですが、やはり小鳥を撮影していると超望遠が欲しくなりますね・・・。警戒心の強い鳥では換算600mm程度では短いですから・・・。

そういえば、換算600mmを大きく上回る望遠レンズ、シグマの50-500mmは過去の機種になってしまったのでしょうか?価格コムなんかを覗いても、取り扱いが2店くらいしかなく、値もだいぶ上がっていました。
シグマ50-500mm、オリンパスから出なければいつか入手しても良さそうだなぁと思っていたレンズだったのですが・・・。換算1000mm相当ってどんな世界なのでしょうか?絶版にするのは惜しい気がします。
このレンズの代わりに新しく手振れ補正つきの120-400mmや150-500mmをフォーサーズにも投入してくるのかどうか、シグマの動向も見守りたいです。




タグ:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 20:44| Comment(8) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

シギ

Q2085421tos.jpg




Q2085422tos.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO100



去年の9月に海岸で撮った写真ですが、すっかりアップするのを忘れていました。
『シギ科』までは分かったのですが、その後がいまいち分かりにくくて。
『オバシギ』という旅鳥の幼鳥かと思います。全長28cm。全国各地で春と秋に普通に見られるらしいです。
*すみません、先ほどは種類について大間違いをしていたので訂正しました。


この写真を撮ったとき、テレコンは付けていません。トリミングはしていますが、それで十分対応できる距離から撮影させてくれました。サーファーも多かったので、人に慣れているのでしょうね。

それにしても、可愛い鳥でした。そこそこ大きくて近寄れるので、撮影も難しくないですし、見ていて飽きません。
なにより、150mm単体で撮影できた写真なので、出来上がりにも満足です(特に1枚目が気に入っています。2枚目は構図も微妙ですが、手前の鳥にピントを合わせれば良かったかも・・・)。WEB上の小さな写真では分からないかもしれませんが、小鳥撮影以外では精々EC-14くらいにしておきたいですね。



タグ:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 12:35| Comment(6) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

青空のある景色

P1000116_1s.jpg




P1000108_1s.jpg


G1 / Planar T* 35mm F2.0
1枚目:35mm(換算70mm相当) F8.0 ISO100
SILKYPIX・テイスト「青空」 
2枚目:35mm(換算70mm相当) F8.0 ISO125
SILKYPIX・テイスト「スーパーニュートラル」



去年末の試し撮りの残りです。プラナーに関してはまだ少し残っていますので、またアップします。


昨日今日と、新製品の発表が多いですね。キヤノンの70-200mmISUや、コンパクトデジカメが出てきていて、新年早々賑やかなものです。



タグ:G1

2010年01月03日

日の出2

P1038079_001raws.jpg




P1038106_003raw.jpg




P1038110_005raws.jpg


E-500 / VE14-50mmF3.8-5.6
1枚目:14mm(換算28mm相当) F5.6 ISO200
2枚目:35mm(換算70mm相当) F5.6 ISO200
3枚目:14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO200



珍しく(?)先ほどの予告どおり、E-500+ELMARの写真をアップします。

私はE-500で撮影するとき、いつもRAWで撮影しています。AWBが優秀でないので太陽光固定で撮影していることと、露出の安定性が未だに掴みきれていないので、あとで直したいからです。

とはいえ、シルキーピクスを使い出してからは『オリマスのRAW現像って役に立たない・・・』ということをつくづく感じますね・・・。本当に、上記2点とアートフィルターくらいにしか使えないのでは?せめて現像前にトーンカーブくらい操らせてくださいよm(__)m

オリスタのRAW現像はどうなんでしょうか?別途購入するわけですから、シルキーまでとは行かなくてもそれなりに使えるのでしょうね?
いずれパソコンを買い換えることが出来たら、オリンパス機のために何らかの現像ソフトも用意するのもありかな、と思います。


タグ:E-500

日の丸

Q2037365s.jpg


E-3 / ZDED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F5.6 ISO160



明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


というわけで、今日撮影した日の出の写真です。

バリバリの日の丸構図ですが、こんな日くらい良いでしょう。

結局今年もE-3+150mmから始まることになりましたね。(本当はE-500+ELMARの写真をアップしたくて撮影していたその合間で撮ったために、)E-3の設定を変える時間も無かったのですが、しっかり撮れていて流石だと思いました。どんなときでも信頼できる機材というのは良いものです。

E-500のほうの写真はまた後ほど。



さて、おととしの150mmF2.0以降使いすぎなため、今年は予算ほとんど組め無さそうですが(苦笑)、希望としてはマイクロのシステムを拡張したいなぁと思っています。

これだけは欲しい!という機材はオリンパスMZD9-18mm。もちろん、発売されてみないと価格や性能など分かりませんが、恐らくは満足行くのではないだろうかと妄想しています。寧ろ、このレンズが駄目ならオリのマイクロ用レンズはもう駄目でしょう・・・。

次点を挙げるならパナの100-300mm。去年売った70-300mmに代わるレンズをずっと待っていたのですが、今のところこのレンズが有力でしょうか?レンズ内ぶれ補正+パナの高速AFモーターに期待しています。

安くなったら考えたいのがオリのEVF内蔵タイプ新型マイクロ機とMZD14-150mmのキットです(あるかどうか分からないですが、恐らく、ダブルズームの代わりとして投入してくるのではないでしょうか?)。レンズ単体では買いたくないですね・・・。

上二つ買えたらマイクロが主力でもありになるので、一部機材売ってでも何とかしてしまうかも知れません。とはいえ、ELMARでは15,000くらいが買取の限界でしょうし・・・。う〜む・・・。

フォーサーズは50mmMacroを100mmMacroに代えたいくらいしか現実的な希望は無いので、散財しなくて済みそうです。あ、E-3後継機なんてのもあるのだろうか・・・?進化の度合いによってはこれはかなり危険ですね(^^;




タグ:E-3
posted by PIN@E-500 at 12:05| Comment(7) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。