2010年02月25日

ルリビタキ 2回目

Q2198048_001raws.jpg




Q2198069_002raws.jpg


E-3 / ZD150mmF2.0 / EC-20
1枚目:300mm(換算600mm相当) F5.6 ISO160
2枚目:300mm(換算600mm相当) F5.6 ISO800



この冬はルリビタキを2回撮影してきました。2回目はルリの出る場所・止まる枝などが分かっていたので撮影もだいぶ楽でした。どんなものでもやはり1度は練習しておくと良いですね。

1枚目はルリビタキ♂、2枚目はルリポイントの近くの池に来たカワセミです。私としては珍しくE−3のRAWで撮影したので、現像時にノイズフィルターOFF・仕上がりはナチュラルの彩度+1にしています。

E−3で撮影するとき、通常はビビッドに設定していますが、実はナチュラルの彩度+1もお気に入りの仕上がりモードです。ビビッドのように印象的ながらも被写体本来の色に忠実なイメージの色に仕上がるので(といっても私のモニター上と、印刷したいくらかの写真を見ての話ですが・・・)、使い勝手が良いです。ちなみに、ナチュラルの彩度+2にすると、ビビッドとほとんど同じになる感じでした。


オリンパス機は基本的にビビッドでOKなのでJPEGで撮影していますが、パナ機は仕上がりがいまいちイメージできません。G1の写真をいつもRAWで記録しシルキーで現像しているのは、シルキーが楽しいからという理由もありますが、パナ機のフィルムモードで何を使えばどう仕上がるかというイメージが予想できないからという理由もあるんです。まあ、こんなのは慣れと使い込みの問題なのですけれどね・・・、こんな些細なことですが私がオリ機に拘りたい理由でもあります。



ラベル:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 19:10| Comment(4) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

テトラポッド

Q2198317s.jpg




Q2198318ms.jpg


E-3 / ZD12-60mmSWD
12mm(換算24mm相当) F5.6 ISO100



最近はカメラをほとんど持ち出していませんので、更新も滞りがちです。
この時期はどうにも身近に撮りたいものがないので、面白くないです。雪国の人には不謹慎に思われるかもしれませんが、雪でも降ってくれないとカメラが腐ってしまいますよ・・・。現実にたくさん降ったら色々とまずいんですけどね(^^;


話変わりますが、PMA始まったんですか?
ソニーもAPS-Cミラーレス機を2010年に投入するようですね。a700後継機や500mmF4.0も展示されてるみたいですし、やる気満々ですね。羨ましい。
オリンパスは・・・、E-3・E-30・E-620とマイクロ機を展示しているらしいです。新型フォーサーズはまだ出てこないということですか・・・。


ラベル:E-3

2010年02月12日

荒涼

P1000216_1s.jpg


LUMIX G1 / Sonnar 90mm F2.8
90mm(換算180mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX:テイスト『ノスタルジックトイカメラ』



昨日の続きで書きたいことが色々あるんですが、まとまらないので今回はやめておきます。



さて今回は、絞り開放でも実用になるのが魅力のコンタックスGマウント『ゾナー90mmF2.8』です。

何度か書いていると思いますが、『プラナー35mmF2.0』のほうは開放ではあまりよろしくないです。緩い感じが抜けません。F2.8以降はそれなりに使えますが、出来ればF4.0以降で使うとキレの良いシャキッとした写りになると思います。

一方、ゾナーは絞り開放から十分シャープで素晴らしいです。ピント合わせが厳しいですが、MFアシストを使って丁寧に合わせれば外すことは無いですし、開放を使えるっていうのは楽しいですよ。
ボケも素直で好ましいと思います。

ただ、換算180mmにもなると、手振れが気になりますね・・・。アダプター遊びのためにもオリンパスのボディ内ぶれ補正+EVF内蔵機種を出して欲しいと思います。


ラベル:G1

2010年02月11日

フォーサーズとマイクロ

P1000105_1s.jpg


LUMIX G1 / Planar 35mm F2.0
35mm(換算70mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX:テイスト『風景』




『4/3ブースターズ』『シャイルのデジカメおもちゃ箱』というブログ、フォーサーズを使っている人なら多くの人がご存知ではないかなと思います。どちらも私の大好きなブログだったのですが、シャイルさんはこのブログを今週末に閉鎖するそうで、とても残念に思います。実は私がブログ始めるにあたってこのSeesaaという会社のを選んだのは、4/3ブースターズの影響でしたし、望遠レンズを150mmF2.0に決めたのもシャイルさんの『150mmF2.0とシグマ150mmMacro』の比較記事を読んで驚いたからです(シャイルさん自身は150mmF2.0をその後すぐに手放したようですが、それでも150mmの画質にはオーラがあると書かれていました)。

さて、ブログを閉めるにあたってシャイルさんは最後のエントリをE-P2に決めていたそうなのですが、その中で「今後フォーサーズはゆっくりと消滅していくマウントだろう。皮肉にもE-P2を使うことでそう感じるようになった」と書かれていました。

実は、私もそう思っています。フォーサーズは10年後に生きているかどうか、正直分からない・・・。

と思う最大の理由は『シェア』(というかオリのやる気?)ですね。去年のシェア、フォーサーズは確かほんの数パーセントだったと思います。しかも一番売れた機種がディスコン同然のE-520。E-620ではないんですよ。
実はオリンパスもフォーサーズを辞めたがっているのでは?と思ってしまいます。一番売れ筋の機種をディスコンしたまま(HPではE-520はまだ現役ですが、店頭にはもうありません)なんて、何かおかしい・・・。レンズもまだ一部ラインナップに穴があるのに、ロードマップすら更新されない。


ところで、仮にオリンパスがフォーサーズを辞めてマイクロに一本化したとしたらユーザーとして困ることがあるか?と考えてみましょうか。
現時点で機能的に不可能ということで困るとしたら、EVFとAFでしょう。
もし、EVFの見え方にタイムラグが無く、もっと滑らかな表示になったとしたら、光学ファインダーのメリットってありますか?もはや好みの問題だと思います。
もし、フォーサーズレンズをアダプターでマイクロに付けても、ストレス無いくらいに早くAFが決まるとしたら、フォーサーズレンズをフォーサーズに付ける意味ってありますか?

と考えていくと、数年後にEVF・AF問題を解決した防塵防滴のハイスペックマイクロ機が出てしまえば、私はもうマイクロで良いって思うんですよね。

フォーサーズ使いの人って、多くは結局のところフォーサーズ純正レンズの凄さに惚れて使い続けていると思うんです。
だからフォーサーズレンズの実力を余すところ無く使えるボディさえ出てくれれば、フォーサーズでもマイクロでもどっちでも良いや・・・。ってことになるのではないかと。


とはいえ、現状の『ペン』とやらを見ていると、オリンパスはあくまで『サブ機』『コンデジの代替品』としか考えていないようですね。「フォーサーズとマイクロは別物だ!ニーズが異なる!」って。
一方、パナがフォーサーズレンズの実力を余すところ無く使えるボディを出すとも思えません。パナにとってはマイクロが主力で、いずれ大口径もそろえて既存の一眼に取って代わるつもりだろうと思えるからです。それにはズイコーデジタルは邪魔だと思いますし、今後フォーサーズを出すことも無いでしょう。


このまま行くと、最悪フォーサーズは潰れ、オリのマイクロは貧弱な装備しかない、パナマイクロは自分だけでラインナップ完成、ということになってフォーサーズレンズは死蔵という嫌な想像が・・・。

そうならないためにも、オリンパスにはどちらかをはっきり選択してもらいたいものです。
1:フォーサーズを死ぬ気で強化・存続させる。
2:フォーサーズはそこそこにして、マイクロを死ぬ気で強化し、将来的にはフォーサーズを吸収してメインシステムにする。


いくら素晴らしいシステムであっても、更新されなければただの骨董です。遊びはそこそこにして、中身の詰まったものを長い目で作っていって欲しいと思います。


と、色々書きましたが私自身はあまり心配していないんですけどね(^^;
私はこれからも『4/3ブースターズ(応援団)』続けますよ。


ラベル:G1

2010年02月09日

夕日

P1000238_1.jpg


LUMIX G1 / Planar 35mm F2.0
35mm(換算70mm相当) F8.0 ISO100
SILKYPIX:テイスト『夕焼け』



去年の末に撮ったまま忘れていました。

プラナーもゾナーも、シンプルな構成だからか分かりませんが、画面に光線が入ってもクリアで良い感じです。しかし、何故か保護フィルター付けると逆光耐性が物凄くダメになるので、今後導入しようか考えている人は「中古レンズだしボロボロになっても仕方ない」と割り切ってフィルター類は一切外した方が良いかもしれません(もしかしたら私がこのレンズに付けている物が安いハクバのフィルターだからかもしれませんが・・・)。


私は保護フィルター大好き人間なので、必ずどのレンズにも付けています。お気に入りはマルミの『DHG Super Lens Protect』です。水滴は息で楽に吹き飛ばせますし、汚れてもさっと拭き取れるので掃除も楽、という優れもの。本当に汚れに強いですよ!例えば、フィルターに指紋をベタベタつけてから自分の洋服の袖口で拭き取るとそれだけでもう綺麗になるくらいです。旅先にわざわざメンテ道具を持ち歩く必要が無い、ということです。
今手持ちのこの保護フィルターは・・・、7枚ですね。何故か現在使用中のはたった3枚だけ、という無駄遣い状態ですが(^^; レンズ売るとフィルターが余るんですよ・・・。

ハクバの保護フィルターも使いましたが、値段相応というか、文字通り『保護』用ですね・・・。2枚使いましたが、どちらもフレアゴーストが激しいんですよね(プラナーと18-180mmに使用しました)。

ケンコーのPro1シリーズではPLフィルターのみ持っていて、画質上の問題は特に無いですけど、汚れが落ちにくくて嫌になります。高くて(マルミのスーパーと同等の価格)これじゃあ・・・、二度と買いませんね。そういえばケンコーはPro1の上位シリーズを出したようで「汚れにも強い」ことを売りにしていましたが、高すぎて買う気になりませんでした。

マップカメラの保護フィルターも持っています。67mm径、エルマー14-50mmに付けていますが、安い割に好感。汚れを拭き取るのが多少面倒なのはケンコー・ハクバと同じですし、画質もたぶんまぁまぁです。画面全体にフレアが出るわけでもなく、健闘していると思います。

というわけで色々試しましたが、マルミの『DHG Super Lens Protect』は本当にお勧めです。画質良し・汚れや水滴に強し、多少高いですがフォーサーズの防塵防滴を活かせますし、そうでなくとも海などで気兼ねなく使えるのは頼もしいです。
画質に拘るけど安い方が良い、という場合はマルミの『DHG レンズプロテクト』でしょうか。私はパナ14-45mmにつけています。フツーの印象、気になる画質劣化はありませんでした。
画質にあまり拘らない、ただの保険として付けたい、というならマップカメラの保護フィルターがお勧めかな、という感じです。とはいえ、画質が悪くなるとも感じませんので、実はなかなか良いのかもしれないです。


それにしても、私が言うのもなんですが、保護フィルター高いですよね〜・・・。もしマルミを使っていなかったら、たぶん私は保護フィルター嫌いになっていただろうと思いますよ(^^;


ラベル:G1

2010年02月08日

シネフィルム〜ロードムービー〜

P1000451_1s.jpg


Lumix G1 / G 14-45mm MEGA O.I.S.
14mm(換算28mm相当) F5.0 ISO100
SILKYPIX:テイスト『シネフィルム・ロードムービー』



ちょっと古風な感じに仕上げてみました。
昔の映画風って、なかなか味わいがありますね。



ラベル:G1

2010年02月03日

出ましたね、E-PL1

まあ・・・、なんというか今日発表された品を見て愚痴ったりイチャモンつけたりしたい部分も多々ありますが、噂ほどではないにしても安いことは歓迎なので頑張って欲しいですね。

今日は疲れているので少しだけ。

『なんでフードが別売りなんだっ!?』

M9-18mmとM14-150mmのレンズフードのことです。ちょっとセコイ気がします。
マイクロフォーサーズ=『ペン』(コンデジ)だから、かさ張るフードは要らないでしょ?とでも言いたげなオリンパスの顔(?)が目に浮かびます。
だが一つ言いたい!マイクロフォーサーズ=『ペン』ではないのだと!
一眼レフを踏襲したG1やGH1があるんですから、薄さが売りのパンケーキ以外にはフードセットで売ってくださいよ・・・。


あと、もう一つ。
『E-PL1ダブルズームセット』に笑いました(^^;
まさかの組み合わせでしたね・・・。
とはいえ、案外妙手かもとも感じています。が、このあたりはまた時間があるときに長々と書きますね。


posted by PIN@E-500 at 23:31| Comment(4) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

E-PL1


噂話なので軽く読んでください。


オリの新型はE-PL1でたぶん決まりみたいですね。

E-P1より少し小さくて軽くて、安い!噂によればレンズキット(14-42mm)で5〜6万とか・・・!!E-P1のあの価格は一体!?

ちなみにフラッシュ内蔵・手振れ補正も(当然)内蔵、とのことです。
アートフィルターが6種類+ジェントルセピアが追加、との話なのですが、ジオラマとクロスプロセスはE-P2専用でしょうか?
センサーは何故かE-620やE-30と同じものらしいです。売れ残り物のセンサー使って安く捌く作戦でしょうか?


もう一つ、レンズ2本についても情報が出ています。

オリのM9-18mmは実売想定6〜7万、14-150mmは5〜6万らしいです。
14-150mm安すぎませんか・・・?個人的にはこの価格、逆だと嬉しいです(^^; 当面は9-18mm狙いなので。


私としては、見た目E-P1より好みです。安くて軽くてGOOD!と思います。このクラスの機種ならボコボコに使い倒しても構いませんし(^^; 実用品としてマイクロでサブ機にするなら、とても良い製品かもしれませんね!正式発表が待ち遠しいです。


posted by PIN@E-500 at 22:33| Comment(6) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。