2010年03月21日

Macro Planar

P1000807s.jpg


LUMIX G1 / Planar 35mm F2.0 / DCR-150
35mm(換算70mm相当) F2.0 ISO100 フィルムモード『ダイナミック』



昨日に続いて、今回はコンタックスGのプラナー35mm+レイノックスのマクロコンバージョンです。

ゾナーでは正直被写体との微妙な距離感覚とシビアすぎるピントあわせに苦戦しましたが、プラナーのほうは思った以上に使いやすかったです。換算70mm相当の画角が良かったのと、あとはピントリングの操作による距離変更がゾナーよりも自由だった気がします(感覚的には、ゾナーでピントを最短から無限遠に変更しても5〜6cmしか被写体との距離を変えられないところ、プラナーでは同じことをして10cmくらい移動できた気がします。あくまで感覚ですが・・・)。

前にも書いたかと思いますが、このプラナー35mmは植物の描写が非常に上手いと感じます。特に開放では柔らかくほわっとした描写ですので、花にはピッタリなのではないでしょうか?
今回の写真も前回同様、縮小以外手を加えてはいませんが、少しソフトフォーカスがかかっているかのような雰囲気になっていました。


プラナー35mmはゾナーと違って開放ではシャキッとしません(F4.0以上でシャキッとしてきて、F8.0ではカリカリになります)し、独特の歪みがあるので「使い難いレンズだなぁ・・・」と思っていましたが、マクロチックな使い方はあり、というか積極的に使っていけると感じました。




タグ:G1 DCR-150

2010年03月20日

Macro Sonnar

P1000729s.jpg


LUMIX G1 / Sonnar 90mm F2.8 / DCR-150
90mm(換算180mm相当) F5.6 ISO100 フィルムモード『ダイナミック』



私にとってコンタックスGのゾナー90mm唯一ともいえる不満点、それは最短撮影距離が1mと長いことです。
せっかくの綺麗なボケ味なのですから、もっとそれを活かした写真を撮りたいじゃないですか。例えば、もしこのレンズの描写力でマクロ撮影が出来たら、とても綺麗だと思うのですが・・・。

というわけで、やっちゃいました(^^;

レイノックスのDCR-150、購入しました。マクロコンバージョンレンズです。
(↑詳細はレイノックスにリンク貼っていますのでそちらで調べてください)

簡単に言うと、画質の良いクローズアップレンズ(フィルター)です。
レンズ先端に装着すると、接写しか出来なくなります。
ゾナーにつけたときには、最長撮影距離がレンズ先端から20cmちょっとくらいになっていたと思います。最短ではなくて最長、ですよ!それ以上遠くはピントが合わないので撮影できません。


で、肝心の画質は↓です。等倍切り出し(写真クリックで表示)。

P1000729to100.jpg

・・・素晴らしいですね、正直期待以上でした(^^;

まだ試し撮り程度ですが、クローズアップレンズをいくつか買うより絶対にお勧めできます。
というのも、このコンバージョンレンズ、フィルター径52-67mmのレンズにはワンタッチでつけはずしが出来るフリーアダプターなるものが標準で付属しているからです。これは本当に便利です。一々ねじ込まなくて良いわけですから、遠近素早く対応できます。

価格はキタムラで5600円ジャストで買えました(最初の表示は7380円でした!)。価格コムの最安が5400円台だったので、色々(送料代引き等)考えると納得の価格です。


ちなみに、コンタックスGのプラナー35mmF2.0でもケラれることなく使えました。案外、プラナーのほうが相性良いかもしれません。


マクロゾナー、マクロプラナー。これからの季節楽しめそうです。



タグ:G1 DCR-150

2010年03月19日

椿

P1000657s.jpg


LUMIX G1 / Sonnar 90mm F2.8
90mm(換算180mm相当) F4.0 ISO200 フィルムモード『ダイナミック』



小型軽量というのは、偉大ですね。
色云々を抜きにすれば、G1はE-3とほぼ同等の画質です。それでいてレンズを含めた時の大きさ重さには大きな差があります。これでは残念ながらE-3の出番が激減するのも当たり前です・・・。

当初の目的としては『E-3は今までどおり使う・G1(サブ機)はコンデジの代わりとして、E-3には入れない領域を担当してもらう』と考えていました。
が、実際はG1が今までE-3を使っていた分野まで一部侵食してしまっています。なんせ軽いですからね。いつでもカバンの中に入れて持ち歩けるというのは、多少の機能差を遥かに凌ぐほどに素晴らしいものだと思います。

多少の機能差、と書きましたが、G1は写真を撮る上での基本部分をしっかり押さえてあるからこそ普段から使いたいと思える機種であることは言うまでもありません。私が軽くてもE-500をほとんど使わないのは、まさにここに理由があります。
正直E-500は、カメラとしてきちんと押さえておいて欲しい部分がケチられていると思います。
例えば、ファインダー。あのファインダーは最悪です・・・。小さいのは仕方が無いとして、見え方が悪い。私はE-420も以前使っていました。E-420のファインダーも小さいですが、クリアでとても見やすかったと記憶しています。だからこそ信頼して海外に持って行くことが出来ました。ファインダーの見え方が悪い機種を使うと、気持ち悪くてやる気を削がれます。
他にはAFですね。AFポイントが少ないのは許せるのですが、不正確なのは許せません。ファインダー見難い上にAF不正確でどうすんの!?と言いたいです。

この点G1は、電子式ながらも大きくて見やすいファインダーを備えていますし、AFは任意のどこにでも素早く正確に合わせてくれます。写真の命ともいえる構図とピントに関して、非常に配慮が行き届いていると感じます。

AFは仕方が無いにしても、ファインダーだけは何とかならなかったのかなぁ・・・?とE-500を見るたびに残念に思います。画質が良いだけに尚更悲しい・・・。
ま、今更古い機種を非難しても仕方ないですし、オリンパスも後の機種で改良してくれていますから良しとしましょう。

とにかく、G1は小さいだけでなく写真を撮る気にさせてくれるカメラである、ということです。
先日、後継機であるG2が発表されましたね。G1の問題点であったダイヤルの位置と設定切り替えボタンの位置が色々と変更になっていたのにとても好感が持てます。益々使いやすい機種になっていることでしょう。
G2といえば、驚いたことにほとんどのフォーサーズレンズでAFが可能になったようです。期待していなかっただけに、非常に嬉しい新機能でした。パナソニックに拍手!


G1のレビューみたいになってしまいましたね。

ゾナーについても少し書きましょう。
ゾナー、随分色が強く出る気がします。コントラストが高く、色がコッテリ乗る(何となく少し渋い傾向あり?)ような。オリンパス機でゾナー使えば傾向がもっとはっきり分かるのですが・・・。
現在マイクロフォーサーズ専用の90mm前後の明るいレンズは発売されていませんし、発売予定もありません。コンタックスGのこのゾナーはアダプター込みでも2万円程度。小さくてかさ張らないので、MFでもOKという人には良い選択ではないかなと思います。



タグ:G1

2010年03月11日

さくら

P1000592tos.jpg




P1000667tos.jpg


LUMIX G1 / Sonnar 90mm F2.8
1枚目:90mm(換算180mm相当) F4.0 ISO100 フィルムモード『ダイナミック』
2枚目:90mm(換算180mm相当) F4.0 ISO200 フィルムモード『ダイナミック』



ゾナーでもやろうと思えばメジロも撮れます、MFなのでかなり厳しかったですけど(苦笑)

ゾナーの描写には満足なのですが、どうにも使い勝手があまり良くないのが玉に瑕、という気がします。MFは覚悟の上だったので気にしませんが、最短撮影距離が1mというのは辛いです。寄れない90mm(換算180mm相当)というのはなんとも使い難い画角ですね・・・。レイノックスのマクロコンバージョンレンズでも買って寄れるようにしようか・・・?
(今日の写真はどちらもトリミングしています)



CP+、今日からですね。どんな情報が出てくるのか、期待せずに見守りましょう。



2010年03月06日

G2発表前に

G2の流出画像を見ましたが、G1にある数少ないボタン類の欠点が改良されたようで一安心。とはいえ、驚きの新機能でもない限りG1から買い換える気はありませんけど(あくまで本命はオリンパスのEVF内蔵でE-400系スタイルのボディですから)。


今日は、外見以外で私がG2(及び発表会)に注目している点を書きたいと思います。




続きを読む
posted by PIN@E-500 at 15:39| Comment(2) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

縁の下の力持ち? 〜FL-36R〜

Q2048367s.jpg


FL-36R以外の外部フラッシュを知らない私がレビューするなんてのもおかしな話ですので、今回はFL-36Rの紹介という感じで軽く行きたいと思います。






続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。