2010年04月30日

たんぽぽ

P1000983_1s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F5.6 ISO100
テイスト『スウィーライトブルー』



またまたスウィーライトブルーですみません。
まあ、春なので許してください(苦笑)

たんぽぽには、好感が持てます。
特にこの写真のような、地面にはりついてるやつに対しては、です。
強いですよね。逞しいですね。頑張ってね。


ラベル:G1

2010年04月28日

春の日差し

P1010156_1s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F8.0 ISO100
テイスト『スウィーライトブルー』



約半年ぶりに撮れた、そこそこ自己満足の行く写真です(^^;
もう少し構図の変えようがあったかもしれませんけど、定番の三分割法で。

それにしても、冬をどう生きるかが今後も私の課題になりそうです。
まあ、これからはこの9-18mmがありますので、街中のスナップなんかも楽しめそうですから少しはマシかな・・・?撮りに行きたいのに撮りたいものがないって、結構ストレスたまります(^^;


春の写真にスウィーライトブルーはピッタリですね!
本当はアートフィルターのファンタジックフォーカスを使ってみたいのですが、このテイストでもなかなかいい感じです。
シルキーピクスのサイトから無償でダウンロードできますので、まだ試していない方は是非!


ラベル:G1

2010年04月27日

クロスプロセス

P1000992_1s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F5.6 ISO100
テイスト『デジタルクロスプロセス(ブルーグリーン)』



広角端で、絞り開放では四隅が甘いと指摘されているようですが、まだ自分の撮った写真で気になるような写真は今のところ出ていません(開放をほとんど使っていないという理由もありますが)。
F5.6になればもう問題無さそうです。もともと絞って使うことの多い画角でしょうから、描写性能的には十分かなと感じています。



ラベル:G1

2010年04月26日

息吹

P1010123_1s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
18mm(換算36mm相当) F5.6 ISO100
テイスト『スウィーライトブルー』



そろそろシーズン到来って感じですね!
5月から8月くらいが個人的には一番好きです。山の中のどこを歩いても何らかの発見があり、飽きません。自然の力に驚かされ感動させられる、そんな感覚を毎年待ち遠しく思います。


さて、このレンズですが、個人的には買って良かったと思います。
沈胴式であること、Mズイコーデジタルの初期の2本の評判が(特に機能性の面で)良くないこと、画質が未知数だったことなど、不安要素も多かったのですが、思い切って良かったです。

機能の面ではとにかく軽いこと、フリーアングルでサクサク撮れること、この2点がとても素晴らしいですね!片手持ちで手を伸ばして撮影(当然ですがライブビューで構図もしっかり確認しています)なんて、他のマウント+超広角レンズでは出来ない芸当でしょ?
あとは、今回の写真のように寄れることも高評価です。

画質の面では逆光にすこぶる強いので、この点大変頼もしいです。


このレンズとコンビを組める、35-100mmF2.8-4.0とか出てくると嬉しいのですが。


ラベル:G1

2010年04月24日

現像苦戦中なので・・・

外観写真のみでしばらくお待ちくださいm(__)m

Q2248701s.jpg




Q2248705s.jpg




Q2248706s.jpg




Q2248707s.jpg


1枚目・3枚目が沈胴時。
2枚目・4枚目が最長時。
ちなみにもう一本のレンズはパナソニックの14-45mmです。


今日撮った写真は現像中です・・・。
なかなか上手くいかなくて(^^;


posted by PIN@E-500 at 23:27| Comment(4) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

とりあえず、ファーストインプレッション

P1000928s.jpg




P1000944_1s.jpg


G1 / MZD 9-18mm
1枚目:9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO100
    フィルムモード『ダイナミック』
2枚目:18mm(換算36mm相当) F5.6 ISO125
    テイスト『スウィーライトブルー』



私にとっては初の広角レンズです。今までは12mm(換算24mm相当)までしか使っていませんでしたので、9mmはなかなか大変そうです(^^;


今日はまだ少し触った程度でほんの30枚程度しか撮っていないので、特にこのレンズの画質がどうこうとは言わないでおきます。

外観写真などは明日か明後日あたりに出来ればアップしたいと思います。

オリンパスから届いた箱を開けて一番驚いたのは、このレンズの外箱がとても小さかったことです。本当にレンズ入ってるの!?といいたくなるくらいです。
箱が小さいのは良いのですが、外箱の印刷に『PEN』って書いてあるのが気になりました。なんでPEN?マイクロにOM(E-400系)の再来は望めないの?というどうでも良いことを考えたり・・・。

ま、箱の話なんてどうでも良いですね。

レンズ本体を触ってまず感じたのは、「思ったよりしっかり作りこんであるな」ということでした。
正直、質感はズイコーデジタルのスタンダードクラス並みかと考えていたので、良い意味で裏切られました。パナのルミックスレンズもしっかり作りこんでありますが、このMズイコーデジタルも負けていません。個人的にはルミックスG14-45mmより高評価です。

大きさはG14-45mmと比べても一回り小さいです。とても広角レンズには見えません。ただし、撮影時には伸ばして使うことになるので、少々不恰好。とはいえ、収納時の持ち運び性能は特筆すべきものですから、使用時に少々不恰好でも気にはなりません。これだけ小さいと、街中でもあまり周りを気にせず使えそうです。

ズームリング・ピントリングとも極めてスムーズ。良い仕事してます。

近接能力もかなり高そうです。どうやら公表されたスペックよりかなり近づけるみたいなので、これまた嬉しいサプライズでした。


とりあえずこんな感じですね。せっかくの広角なので、明日あたり晴れてくれると良いのですが・・・。


ラベル:G1

2010年04月15日

OLYMPUS Viewer 2

今日はオリンパスファンとしては少し嬉しいニュースが入ってきましたね!

というのは、タイトルにある新画像処理ソフト『OLYMPUS Viewer 2』の無償公開の予告です。
正直、オリマス2もオリスタ2も更新されない中で、E-PL1付属の『ib』とかいうただの取込用ソフトに一本化されてしまうのだろうか?と多少不安に思っていましたが、これで一安心です。Viewer2はオリスタ2も吸収するということで、一体どの程度の現像・編集が出来るようになっているのか興味のわくところです。

あ、これに伴って、E-P1のRAW画像には『ジオラマ』と『クロスプロセス』がこのソフト内で適用できるようになるということです。E-P1ユーザーの念願が一応かなった感じで喜ばしいですね。


今回のような、ユーザーをしっかり見ているというアピールは例え些細なことでもかなり大切だと思うので、今後とも頑張って欲しいなと思います。


あとは今日のほかのニュースとして、マイクロ用の9-18mmが23日発売に決まったようですね。逆光に大変強いという前評判もありますが、Mズイコーデジタル初の別売り交換レンズ(キットレンズにならないレンズ)がどの程度の画質なのか、しっかり見定めたいと思っています。
同じく、5月発売予定の14-150mmのことも注視して行くつもりです。パナ14-140mmとかぶるスペックなので、更に面白くなりそうですね!


posted by PIN@E-500 at 19:44| Comment(8) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

〜波〜

output2_filtered.jpg


E-3 / ED12-60mmSWD
35mm(換算70mm相当) F8.0 ISO100



この写真は40秒×3枚を比較「明」で合成した後、ニートイメージでノイズを消してあります。
とりあえず長時間露光で海を撮る練習をやってみました。もうすぐ新レンズが届くと思いますので、それが来たらNDフィルターも使って本格的にチャレンジしたいと思っています。

今年のテーマ(課題)の一つとして『時間を操る』ような写真を撮ろう、ということで練習して行こうと思っています。三脚や各種フィルターも面倒くさがらずに使わなければ・・・。



ラベル:E-3

2010年04月11日

Q2065353mraw_filtereds.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.2 ISO800



これは去年の9月の写真です。

この写真はISO800で撮影しましたが、暗部を明るく補正したことで盛大にノイズが発生してしまいました。そのため、ニートイメージを使ってノイズを減らしています。EXIFが消えているのはそのためです。
それと、モノクロに編集しています。
ノイジーとはいえ、暗闇がここまでしっかり写ってしまうのですから、驚くべきことかもしれませんね。


ところで、月は地平線に近いとき(出てすぐのとき)に、目の錯覚で大きく見えるらしいです。『何々現象』とかいう名前を教えてもらったのですが、半年以上経っているのですっかり忘れてしまいました。
満月の日に見てみると、月のあまりの大きさに驚くかもしれませんよ^^



ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 23:30| Comment(4) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

Q2038468s.jpg




Q2038495s.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
1枚目:150mm(換算300mm相当) F4.0 ISO100
2枚目:150mm(換算300mm相当) F2.0 ISO100



150mmで人物が写った写真を載せるのは初めてかなと思います。望遠は立体感が出るので、人が綺麗に写りますね。特にこのレンズは、高解像度でかなりシャープなのですが、質感を良く表現してくれますので硬すぎるようなことはありません。柔らかさ、繊細さも上手く表現してくれる心強いレンズです。




ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 23:30| Comment(2) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

夕景

Q2088594_004raws.jpg




Q2088628_007raws.jpg


E-3 / ED12-60mmSWD
1枚目:35mm(換算70mm相当) F5.6 ISO100
2枚目:12mm(換算24mm相当) F5.6 ISO100



E-3を使っていてどうしても気になるダメなポイントが2点あります。

一つは『バッテリー』。消費電力が高いので、予備が無いと不安になります。私の使っている2つのバッテリーはE-3と同時に購入したものなので約2年半前のものですが、古いから減りが早いってわけではなくて、もともとE-500やE-420と比べて明らかにバッテリーの減りが早いのです。まぁ、E-620やE-P1に手振れ補正を載せているところを見ると消費電力の問題は緩和されているのでしょうから、次機種では大いに改善されてると期待したいですね。出来れば1日フルに使っても交換無しでOK、くらいになって欲しいのですが・・・。

二つ目はもう何度も言っていますが『背面液晶』。E-500のとE-3のとを見比べても、正直進化していません。スペック的には多少進化しているのですが、見易さに大して差が無いという意味です。
とにかく、構図とピントの確認を野外で正確に出来る液晶を載せてもらいたいです。せっかくのバリアングルでもありますし、液晶にも拘ってくれると嬉しいです。


最近の、というかE-Pシリーズの画質を見ているとオリンパスもなかなかやるな〜、と思えてきます。特にE-PL1は、ISO1600まで使えそうですし、E-3・E-420・E-520の傾向の色を引き継いでいるように感じます。
画質はこのまま頑張っていってもらった上で、細かな欠点を上手く埋めて行ってもらいたいですね!


ラベル:E-3

2010年04月05日

青空

P3308161s.jpg


E-500 / ED12-60mmSWD
12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
PLフィルター使用



新年度が始まったということで、何となく原点に立ち返っての『E-500+青空』です。
肉眼で見るより遥かにインパクトがあります。PLフィルターがないとなかなかここまで綺麗には撮れませんけど、元々の画像エンジンのチューンが良いですからね。コダックブルー機はまだ現役で行けそうです。


ラベル:E-500

2010年04月01日

Q2278427s.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO100



今回の写真は少し大きめ(1024×768)で登録しておきました。なんの捻りもない、150mmF2.0の画質チェック的な写真なので(^^;

やはりこの組み合わせは好きです。なんといっても出来上がりが良いので重くても文句は言えません。ズームが出来なくても気にしない。いざとなれば2倍程度にトリミングも出来ますしね。

ただ、少々悔しいのがコントラストAF非対応な点ですね。私は今日の写真のような、ローアングルの写真が割りと好きなので、何とかして欲しいなぁ・・・。というのが正直なところですね(*150mmに限らず、多くのフォーサーズレンズに当てはまる問題です)。
レンズ側で出来ないのならボディ側で制御できるような仕組を入れてもらいたいです。コントラストAF可能といわれても、現時点のように実際使ってみたらどうしようもなく遅いんじゃ話にならないので・・・。マイクロフォーサーズと気持ちよく併用するためにも、頑張って位相差式で使うのと同等の速度にまで改良していって欲しいと思います。





ラベル:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 21:32| Comment(6) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。