2010年05月24日

アダプター関係雑談

P1010344s.jpg


LUMIX G1 / G Sonnar 90mm F2.8
90mm(換算180mm相当) F4.0 ISO800



手振れ補正が無いからかもしれませんが、換算180mm相当を使うのって結構大変です。

G1ではISOオートにした場合、レンズ情報が読み取れないとどうやらシャッター速度が1/30以上に保たれるようにするみたいです。1/30秒になっていればそれ以上感度を上げてくれないので、このゾナー90mmなんかを使うときにはまるで役に立ちません。暗ければぶれ写真を量産してしまいかねませんので、自分でいちいち感度を設定することになります。これが案外面倒ですね。

ぶれもそうですが、180mm相当っていうのは案外嵌る被写体も少ないと思います。望遠にしてはかなり短いですし、使いどころを考えてあげないといけない画角だなと感じます。


でも、このゾナーは本当に良いレンズです。このレンズの良さを使いきれるボディが無いことが非常に残念・・・、と思っていたのですが、最近発表されたソニーのNEX、あれにならうまく適合するのでは?と考え始めました。

尤も、NEX-5/3のどちらにも興味はありません。私が興味あるのは、噂されているボディ内ぶれ補正・EVF搭載型のNEX-7です。
APS-Cサイズの素子の場合、この90mmゾナーは135mm相当になります。また、35mmプラナーのほうは約50mm相当になりますよね。この画角って、なんと言うか35mm一眼レフ用のプラナーやゾナーそのものじゃないですか!ということは、もしかして使いやすい・・・?

もちろん、マイクロ機では今まで通り使えますので、もしソニーのEマウントを入れればこの2本でプラナー50mm・プラナー70mm・ゾナー135mm・ゾナー180mmと、これだけ楽しめる可能性があるっていうわけですよね。結構楽しそう・・・。


と考えつつ、なんとなく中古のゾナーをネットで探してみたら玉数が凄く減っている上、(他のコンタックスGレンズ含め)値段も軒並み上がっているではありませんか!これが一時のものかは分かりませんが、マイクロフォーサーズとNEXの登場で中古市場の過去の遺産にも光が当たり始めているようですね〜。キヤノンFDとかも上がっているのでしょうか?調べたことはありませんけど。

コンタックスのテッサー45mmF2.8に興味があったのですが、なかなか厳しいかな・・・。




ラベル:G1

2010年05月23日

柔和

Q2148835s.jpg


E-3 / ED50mmMacro / EC-14
70mm(換算140mm相当) F2.8 ISO100



50mmMacroです。半年近く、このレンズの写真をアップしていませんでしたね・・・。

オリンパスはマイクロでも50mmMacroを出すようですが、どんなスペックで出すのか気になります。例えF2.8であっても、等倍OKでAFもスムーズなら、マクロエルマリートと比較しつつ乗換えで悩むのも良いかも・・・。




ラベル:E-3

2010年05月22日

購入後・・・

IMG_0009s.jpg


OM10 / G.ZUIKO 28mm F3.5
28mm F8.0 ISO100 コダック・GOLD



さて、遅くなりましたがOM10購入後の話です。

使い方以外に困ったこととして、アクセサリーが手に入らないことが挙げられます。当たり前ですが、もう30年も前の機種ですし、しかもマウント自体滅びてしまっていますので、どうしようもありません。

何が欲しかったのかというと、『アイカップ』です。中古MFフィルムカメラで、ざっと見た感じアイカップの付いてるものって何故か非常に少ない気がします。昔は標準装備ではなかったのでしょうか?
とにかく、これがないと目の上が少々痛いですし、ファインダーも覗きにくくて嫌な感じですから、ダメ元でキタムラに相談してみたら案の定無理とのこと・・・。
仕方が無いのでゆっくり合うものを探そうかと思って、とりあえず手始めにE-500に付けていたパナソニックのL10用のマグニファイヤーを付けてみたのですが・・・。なんと驚くべきことに『ピタッ』と嵌ってしまったのです(良い意味で)。純正ではないので多少のズレや大きさの違いもあるのですが、上手く付いていて全くもって不思議なことです・・・(^^;
ちなみに、E-500本来のアイカップではダメです。ファインダーの上1/3が見えなくなります。どうやらL10のマグニファイヤーだけ、偶然にもOM10に付くみたいですね・・・。
しかも、マグニファイヤーですからスプリットプリズムの部分の像が拡大されてMFしやすくなるというオマケ付きで大満足です。周辺は見難くなりますが、プリント時に左右が切り落とされているはずですから、実用上不便を感じないですよ。

とまあ、今回は偶々上手く家にあるもので間に合いましたが、普通はそうは行かないでしょうから、オールドカメラはアクセサリー含め慎重に検討しなければいけないな、と感じました。
自分で加工できれば一番なんですけどね・・・。



ラベル:OM10
posted by PIN@E-500 at 22:22| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NEX効果・・・


で、マイクロシリーズの価格がどんどん下がってきていますね!
これを期待していたんです!

特に、E-PL1・G2・GH1あたりの下落が凄いです。GF1も、元々安かったので徐々にですが最安更新中ってところでしょうか。(オリジナルペンはあまり下がってないかな?)

とにかく、他社のミラーレス参入で市場が活発化すれば、ユーザーには良いことですね。

posted by PIN@E-500 at 00:13| Comment(0) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

木漏れ日

P5188226s.jpg




P5188221s.jpg


E-500 / VE14-50mmF3.8-5.6
1枚目:18mm(換算36mm相当) F5.6 ISO200
2枚目:50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO200



E-PL1の赤と青の限定発売が発表されましたね。
あの赤、上品でとても格好良いと思いました。もしもダブルズームで通常発売されてたら、欲しかったです・・・。

今日、デジカメウォッチにソニーのNEXの画質検証記事が出てきました。
その記事に、参考としてオリのE-PL1・キヤノンのX4・パナのGF1の写真も載っていましたが、見て驚きました。少なくとも低感度ではE-PL1がダントツに良く見えます!
もちろん、高感度画質で言えばX4とNEXの方が上です。ですが、E-PL1だってISO1600くらいまでなら上出来の画質でしたし、総合的に見ると一番良いのではないかな、という気がしますね。キットのズームレンズ含めたサイズでは一番小さいですし、手振れ補正も全てのレンズでOK、フラッシュも一応付いてますしオプションで高性能EVFも使用可能。個人的にはE-P1とE-P2には全く興味無しでしたが、E-PL1には興味津々です。


ところで、E-PL1ダブルズームに付いてくる、通称『根元のワッカ』(アダプターのMFF-2です)が欲しくて中古で探しているのですが、一度も見かけたことありません・・・。E-PL1ご購入の際には、是非ともとりあえずダブルズームで買って、いらなければ望遠とワッカは中古に出してください(^^;




ラベル:E-500

2010年05月18日

意図

P5188228s.jpg


E-500 / VE14-50mmF3.8-5.6
50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO100




『何となく』カメラ任せにシャッターを押すのも良いですし、それが思わぬ良い成果になることもあります(最近のカメラは本当に優秀ですからね)。これはこれで楽しいですし、否定するつもりはありません。
ただ、これだと撮った後の満足感が足りないんですよね・・・。撮ったのは自分じゃなくてカメラなんです。カメラを褒めてあげればそれでお仕舞い。そして、残りの大半の写真は印象に残らぬままパソコンの中でゴミのように溜まっていきます・・・。

今回の写真は『スポット測光』で露出を決めています。誰でもなく自分自身が、何を主要な被写体としてどう表現するか考えて決めているということです。結果が例え失敗でも、その考えの道程を振り返って次へと繋げることも出来るでしょう。こういうのもまた、『撮る楽しみ』なのかな?と思います。
あとは何より・・・、色々と他の人の写真を見せていただいているときにグッと来る写真って、構図は当然としてもプラスαで『光』の演出が上手いなと感じるものが多いのです。はっきりと何をどう考えて感じて撮ろうとしたのか?という『意図』を感じます。私もそういう写真を撮りたい・・・、そういうわけでフィルムなんかも手を出してみたりという経緯があるのですが・・・。


とりあえず、リバーサルフィルムの代わりに、E-500をスポット測光専用機として最近またちょろちょろと持ち出しています。5年前の機種とは思えない描写には驚きです。




ラベル:E-500

2010年05月17日

機種選定・後半

IMG_0001s.jpg


OM10 / G.ZUIKO 28mm F3.5
28mm F5.6 コダック・GOLD(ISO100)



後半です。

やはり初めてのフィルムカメラ、あまりお金はかけたくありません。
飽きたら機材が勿体無いですし、最悪使い方がいまいち分からないうちに壊してしまうかもしれない・・・。他にも、中古の選び方もデジタルとは違うので状態の良し悪しが分からないですし、ランニングコストがどの程度なのかも知らないので、おいそれとニコンには手を出せなかったのです。そこで一旦、フィルムは諦めたのですが・・・。

しかし先日、知り合いの方(例の師匠です)にあるレンズを頂きました。トキナーの『80-200mmF3.5-4.5』というOMマウントのレンズです。
というのは以前、私が1000円で買って来て分解して破壊した(!)オリンパスの『F.ZUIKO 50mm F1.8』をその方に直していただいたのですが、それが切っ掛けで私のためにわざわざOM用のレンズを探しておいてくれたそうなのです。

これでOMマウントのレンズが2本・・・。
マウントアダプターで使う気は無かったので、せっかくだしOMのボディでも調べてみるか、というわけで調べてみました。

『OM、やるなぁ・・・!!』

ユーザーの使い勝手を最優先に考えたかのようなダイヤル・ボタン類、あるいは機能の独自性。カメラ任せにするのではなくカメラを使用者の体の一部とするのが理想なんだと言わんばかりの設計だと感じました。なるほど、設計者の名が後世に残るわけです。

そんな中で私が一番惹かれた機能は『マルチスポット測光』です。OM-4シリーズとOM-3シリーズに搭載されています。
使ったこと無いので説明は省かせていただきますが、リバーサルフィルムを使いたくなるような素敵な機能ですよ。

ですから、本来であればこの機能があるOM-4Tiとかを買いたかったのですが・・・。
さっきも書きましたが私はフィルム機の内部を知りません。使い方も分かりません。カメラ内露出計の状態とか、フィルム巻上げの部分とか、異常があるカメラもいっぱいあるみたいですし、今更修理不能のOMを買うには勇気が要ります。

で、妥協案としてまず安いMFフィルム機で遊んでみて、使い方を覚えてフィルムを気に入ったら数年後にOM-3TiかOM-4Tiを探してみようか、となったわけです。

今回のOM10は、G.ZUIKO28mmが付いて9980円でした。丁度足りない画角の28mmが付いてこの値段・・・。フジヤやマップ、キタムラ等をウォッチしましたが、これはラッキーだと結論付け、買っちゃったわけです。
状態も予想より綺麗で、取説も付いていて本当に助かりました。
OM10の機能的には、とてもリバーサルを使いこなせそうにありませんけど、そもそもネガすら上手く行くか分からないのだから・・・、ね(^^;


これが購入までの経緯です。全くの与太話ですみませんm(__)m

次回は、購入後のお話・・・。フィルム機は後が大変です・・・。



ラベル:OM10
posted by PIN@E-500 at 21:10| Comment(4) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機種選定・前半

IMG_0005s.jpg


OM10 / F.ZUIKO 50mm F1.8
50mm F2.8 コダック・GOLD(ISO100)



最初に余談ですが、このコダックの『GOLD』というネガフィルム、キタムラで一本178円で買って来ました。私が見たところ、ネガでもリバーサルでもカラーフィルムなら大体一本500〜900円台で売っているようなので、このフィルムは格安だと思います。練習には十分すぎるでしょうね。



さて、昨日の続きです。
フィルムを導入しようと思った一番の理由は『リバーサルフィルムを使ってみたい』と思ったからです。

『リバーサルフィルム』というのは、簡単に特徴を書くと、ラティチュード(露出寛容度)がとても狭いんです。その代わり、鮮やかでリアルな仕上がりになる、そこに魅力があるフィルムです。
ちなみに私たちが一般的に『フィルム』と呼んでいるものは『ネガフィルム』というやつで、これはラティチュードが物凄く広い。ISO100とISO400の設定をミスしても写るとからしいです・・・。だから『写るんです』とかに使われていて、あんなカメラで適当に撮ってもしっかりと写真になってますよね?

そういうわけで、リバーサルを使いこなせる能力のあるフィルム機を物色しよう、と考えたのが始まりでした。


まず初めに考えたのが、ニコンの『F80s』です。
この中級機は、フィルムに撮影時のデータ(シャッタースピード・絞り・露出補正値)をメモしてくれる優れものです。2000年の機種なので、AFもしっかり使えますし、現行のニコンレンズも使えるのでラインナップは申し分ありません。アクセサリー(アイカップとか色々)だって探し易いはずです。
ただ・・・、問題は、露出補正が0.5段ずつの変更だったんです。リバーサルでシビアに決めたいのに、ちょっと不安ですよね。
なので、じゃあ思い切って『F100』とか『F4』とかにしようかとも思ったのですが、そうなるとレンズ含めて結構お金がかかります(レンズは現行のモデルを買いたかったので)。で、ニコンはとりあえず見送り・・・。

これが2、3ヶ月くらい前の話です。


続く・・・。


ラベル:OM10
posted by PIN@E-500 at 18:05| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

レトロ

IMG_0008s.jpg


OM10 / G.ZUIKO 28mm F3.5
28mm F5.6 コダックGOLD(ISO100)



今日はちょっとレトロな感じの写真に仕上げてみました。

・・・と言いたいところですが、これ、撮ったままの写真です。

そうです、ついにフィルム写真の登場です!なんとレトロな感じなんでしょうね!これがフィルムの写真か〜、と懐かしくなりました。


実は、数日前にひっそりと『謎のカメラ』の写真を載せておいたのですが、気づいた方いらっしゃいますか?
あのカメラ、『OM10』という、1979年に発売されたオリンパスのMF一眼レフです。一応入門機ということで、露出は基本的に『絞り優先』専用、測光は中央重点測光固定です。

以前からフィルム機に興味があったので、色々探していたのですが、結局OMにたどり着いたというわけです。

そのあたりの機種選定事情についてはまた追々・・・。



ラベル:OM10
posted by PIN@E-500 at 23:46| Comment(2) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

こいのぼり

Q2088791.jpg




Q2088820.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
1枚目:150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO100
2枚目:150mm(換算300mm相当) F8.0 ISO100



こいのぼりです。少しタイミングを逃しました(^^;


さて、今日は『OLYMPUS Viewer 2』が公開されましたね!
私の環境(XP、Core2Duo、メモリ512MB×2)ではオリンパスマスター2と同等かそれ以上に快適に使える感じです。シルキーピクスではフリーズがしょっちゅうなので、基本的にはパナ機もこのViewer2で編集していくつもりです。

機能的には傾き補正が入ったのが嬉しいです。これはポイント高い!
あと、アンシャープマスクも入っていますが、「どの程度かければどうなる」というパラメーターを理解できていないので、この機能は様子見ですね。ちょっと試した感じでは、見かけ上の解像感が上がるようですが、上手く使わないと不自然になりそうなので・・・。でも単純にシャープネスをあげるよりは遥かに良い感じでした。縮小して眠い感じになったときに使えばよいのかな・・・?

基本的な操作はオリマス2と同じだったので、分かりやすくて良かったです。



ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 20:15| Comment(8) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

鎌倉散策5

P1010244ms.jpg




P1010251s.jpg




P1010252s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
1枚目:9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO100
2枚目:9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO250
3枚目:18mm(換算36mm相当) F5.6 ISO125



鎌倉編も今回で終わりです。

2枚目の写真が分かりやすいですが、このレンズ、広角端での絞り開放では四隅のごく僅かな部分ですが、ゆるゆるな画像になります。だからといって特に問題の無い部分なのですが、欠点といえば欠点ですね。

でも本当に、このMズイコーデジタル9-18mm、気に入りました。
片手でもらくらく撮影できるくらいの重量、街中でも目立たず使いやすい大きさ、付けっぱなしでもかさ張らない収納性、広角とはいえ汎用性の高い画角と近接性能・・・。
この9-18mmやパナ20mmF1.7パンケーキをはじめ、続々と魅力的なレンズが揃い始めているマイクロフォーサーズは、本当に強いマウントになると思います。


ラベル:G1

P1010307s.jpg




posted by PIN@E-500 at 21:08| Comment(0) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

鎌倉散策4

P1010232s.jpg




P1010241s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
1枚目:9mm(換算18mm相当) F6.3 ISO125
2枚目:9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO125



佐助稲荷神社です。あまりメジャーなスポットではないようですが、かなり見所ありますよ。

このような薄暗い場所では、広角とはいえ手振れ補正が欲しくなりますね。私がG1をAFで使う場合、9割くらいは背面液晶のライブビューで気軽に撮影しているので、姿勢によってはかなり不安定になりますし・・・。



ラベル:G1

2010年05月09日

鎌倉散策3

P1010277s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F6.3 ISO125



昨日の写真の、9-18mmバージョンです。レンズを換えれば世界が変わる、ということで。

実はこの写真自体は鎌倉ではないんですけど、同日の散策の続きに撮ったものなので同じタイトルにしておきました。



ラベル:G1

2010年05月08日

構図

Q2058780s.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.5 ISO100



今日は久しぶりに、私の師匠的な方(?)のお宅にお邪魔して来ました。
私は3枚写真をA4で印刷して持っていきましたが、その上の1枚が今日の写真です。

あと2枚はエルマー(リンク先2枚目)のと9-18mmのです。

そこでその方に言われたことが、私の写真は「構図にすっぽりと嵌りすぎている・真面目すぎる」ということでした。
確かに、色々説明を聞いてみると確かにどれもオーソドックスな三分割法でガシッと固めてしまっていて、構図以外の点で工夫が見られません・・・。「構図は大切だけど、それだけでなく構図を活かした上でさらにもう一歩、何か『はみ出す』物を持ちなさい」と。

なるほど、いまいち「これぞ!」というものが撮れないのにはそういう理由があったのかもしれないと思いました。ファインダーを覗くといつも真っ先に「安定する構図にするにはどうするか?」ということを考えてしまって、上手くいけばそこで満足してしまう・・・。時間を操るとか、光を強調するとか、もっと大胆に切り撮るとか、そういった表現力が自分にはやはり足りないんだろうな、と考えさせられました。


ところで、私は基本的にいつも一人で撮っていて、特に何に所属しているわけでもないのでなかなか他人の意見を聞くチャンスが無いのですが、こういった機会があると本当に勉強になりますね。他の人の写真を見て話し合うのも楽しいですしね。





ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 23:55| Comment(2) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

鎌倉散策2

P1010224s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F5.6 ISO125



P1010222s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F6.3 ISO100



鎌倉の小町通りです。
カメラもレンズも小さいので、あまり周囲の関心を引くことなく撮影できるのはやはり大きなメリットですね。ファインダーではなく背面液晶でサクサク撮れるのも、スナップでは目立たないので有利だと感じます。



ラベル:G1

2010年05月05日

鎌倉散策1

P1010213s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F7.1 ISO100



漸くというか、やっと連休最後の日になって撮影に出かけてきました。

今回のお供は『E-3・150mm・50mmMACRO・EC-14』と『G1・9-18mm・14-45mm』です。
結論から言えば、E-3+150mmとG1+9-18mmだけで十分でしたけどね(苦笑)


タイトルはいちいち付けるの大変なので、『鎌倉散策』なんてしちゃいましたが、今回は『ファインダー内、よく見よう』というサブタイトル付です(^^;

9-18mmを使い始めてから、もう何度も余計なものまで一緒に写し込んでしまっています。今回でいえば上の葉っぱ。写真全体を眺めたときに、かなり気になると思いませんか?
こんなに目立つものでも、撮影中には全く気づいてないんです。EVFや背面液晶で撮影してるから、という理由も多少はあるかもしれませんが、やはり広角の広さを甘く見ていて注意力散漫なのが最大の原因なのでしょう・・・。


P1010216s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F9.0 ISO160



これまた上に同じ・・・。
さて、どれが問題の物体(と言ったら失礼ですが・・・)か分かりますか?まさかここまで写るとは・・・!という感じです。

でも、その予想外の広さが楽しくて、ついつい使ってしまいます。


ラベル:G1

2010年05月04日

white

P3308149s.jpg


E-500 / ED12-60mmSWD
60mm(換算120mm相当) F4.0 ISO100






ラベル:E-500

2010年05月03日

チューリップ

P1000816s.jpg


LUMIX G1 / Sonnar T* 90mm
90mm(換算180mm相当) F2.8 ISO100



3月に撮影した写真です。
流石にもうチューリップの時期も終わりそうですね。もうちょっと撮りに行けばよかった・・・。

このくらいの大きさの被写体なら、ゾナー単体でも十分な大きさで撮れる感じですね。



ラベル:G1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。