2010年06月20日

G2のファインダー


最近はまともに撮影していないので、ストックも少なく更新もしていませんでした(^^;
というわけで今回は雑談だけです。



パナソニックのG2は発売からあまり話題になっていないのですが、G1と比べてなかなか素晴らしい小改良をしてきてくれています。

その中で最も素晴らしいと思ったのは、『連写中にもファインダーを通して被写体を追い続けることができるようになったこと(秒2.6コマまでという制限付きではありますが)』です。

今までのパナソニック・マイクロフォーサーズのミラーレス機は、連写中にはライブビュー画像を映し出すことが出来ませんでした(オリンパスも同じかな?)。
連写するとファインダー(背面液晶も同じ)には撮影後の画像が映し出され、リアルタイムに被写体を追うことが出来ない、これをひとつの理由として『ミラーレス機は動体に弱い』と言われてきたわけです。

G2からは改良され、連写中でもリアルタイムに被写体を確認しながら撮影できるようになりました。また一つ、ミラーレス機の可能性が開けたわけですね!

実際店頭でこの連写を試してみましたが、G1で同様のEVFに慣れていることもあってか、非常に快適に感じました。きびきびと撮影できそうです。


ここまで来ると、後はAFの動体予測能力とレンズの能力が決め手になりますね。

動体予測に関しては、恐らくライブビュー画像で一旦データをカメラに取り込むことになるコントラスト式の方が、今後の発展が期待できるだろうと思っています。色識別や形識別、速度方向等々を考慮した追尾も夢では無いだろうと思いますけど、いつごろになるかが問題ですね〜。

レンズに関しては、キヤノンの爆速USMレンズのように高速化できるか、そして大口径もラインナップすることでシャッター速度を上げることが出来るのか、このあたりをどうしてくるのか気になります。
F2.0通しのような馬鹿でかいレンズは出さないだろうとは思いますが、F2.8-4.0とか、F4.0通しならありうるのでは?個人的には出して欲しいです。シャッタースピードだけでなく、背景ボケの点や高感度ノイズ対策、さらにはステップアップしたいユーザーを繋ぎ止めるためにもいずれは出していかないとダメだと思います。12-35mmF2.8-4.0とか、35-100mmF2.8-F4.0とか・・・。



最近はオリンパスのモジュール式の噂も頻繁ですね。
個人的にはE-400系かE-510系くらいのサイズの防塵防滴金属外装マイクロ機(E-M1?)に、防塵防滴の特殊マウントアダプターを装着することでフォーサーズレンズの能力を余すことなく使える、というようなものであって欲しいと思います。
普段は小型の入門機クラスのサイズ、少しゴツイアダプターを付ければ本気用レンズもOK、という具合にです。ファインダーはもちろんEVFで(フォーサーズ用に光学式を無理につけようとして、形や大きさをごちゃごちゃにしないで欲しい)。

でも噂によると、かなりでかそうですね・・・。モジュールとはいえ、マイクロ機として使うときに小さく出来るのかが疑問です・・・。




posted by PIN@E-500 at 21:07| Comment(4) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。