2010年07月24日

夏空2

P1010717raws.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
14mm(換算28mm相当) F11.0 ISO100



最近ではG1に馴染んでしまってすっかり気に入っています。

もともとエントリー機の価格帯としてはよく操作性に配慮されたカメラなので、各種パラメータの変更方法・効果を覚えてしまえば使い勝手は良いです。

色は基本『スタンダード』にしておけば癖の無い写りをしますので、あとはシルキーで上手く好みに仕上げていけばOKです。これも案外簡単なんですよ。しっくり来る設定があれば『テイスト』を選んで一発適用で終わりますし、テイストを使わなくても5つほどある各パラメータを一つずつ選んで当てはめていけばお気に入りの色・雰囲気になると思います。

難点としてはシルキーピクスが重いので、あまりスペックの良くないパソコンだとソフトがフリーズしがちで作業が進まない可能性があることでしょうか・・・。私のウィンドウズXPノートパソコンではダメなときはシルキー起動→パラメータ変更少し→フリーズ→停止&ソフト再起動・・・のループになって本当にいらいらします。夏場は正直パソコン本体の発熱の問題もあってスペックが低下するので、しんどいんですよね〜・・・。他の例では、私の知り合いは旅行に行ったときの画像を(パラメータ変更無しで)現像するのに、丸一晩かかったと言っていました(^^;

シルキーが動かないけど処理したいという場合は、サクサク動くオリンパスビューアーで仕方無しにjpeg画像の変更をしたりはします。オリンパスのソフトはjpegならどの会社のカメラの画像だろうと処理出来るので、案外便利なんですよ。





タグ:G1

2010年07月23日

ぶれすぎ注意!

P1010749raws.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
14mm(換算28mm相当) F16.0 ISO100 ss1/2.5秒



被写体ぶれを活かしての撮影の練習。2枚目は手振れも盛大に含まれています(^^; 本来はこんな手振れ写真アップしないんですけどね・・・。次回からは三脚を使うようにしますm(__)m
それにしても『混沌』『渦』『迷走』とかいうようなタイトルが似合いそうな揺れっぷり・・・。
でもそれが恐怖(?)をあおって良いかも・・・?


*2枚目、流石にちょっとひどいなぁと思って消しました(^^;




最近、キタムラのレンズの中古検索をしていると、同じ店舗から連続して複数のフォーサーズレンズが売りに出されている様子をしょっちゅう見かけます。
例えば今見つけたものだと、12-60mm・50mmMacro・70-300mmがある一つの店舗から今日登録されているのですが、これってどう見てもフォーサーズシステムを手放した人ではないですか?

『フォーサーズを辞めないだろう』という人も多いですし、私もすぐにオリンパスがフォーサーズから撤退するなんてありえないとは思っていますけど、このように放置してユーザーに対する何のフォローも無いようでは、フォーサーズを支えてくれるユーザーが減る一方です。
ユーザーが減ってしまえば次機種は売れません。売れなければ当然撤退に繋がっていくでしょう。

何でオリンパスは我々に何のフォローもしてくれないのか不思議でなりません。フォーサーズユーザーをつなぎとめておくことは、マイクロフォーサーズの繁栄にとってもプラスになると思うのですが・・・。
フォーサーズレンズがあればサブ機にマイクロは良い選択になりますし、仮にいずれ全てがマイクロフォーサーズに統合されるようなことになったとしても、フォーサーズレンズを持っている人間ならマイクロに行こうと思うのが自然な流れだと思うからです(光学ファインダー以外は生理的に受け付けないとかいう理由を除いて)。
それを、今フォーサーズレンズを全て手放されてしまっては、そのユーザーはマイクロにだって二度と戻って来ることは無いと思います。オリンパスに得があるとは思えません。

オリンパスには何か我々一般ユーザーには考えも付かない崇高な目標があって、しかもそのためには計画の秘匿が最重要課題なのか、それとも単にアホなのか、あるいは実は今後の長期計画が一切決まってない最悪のパターンなのか、一体どれでしょう?(^^;

『気付いたらユーザーがいなくなっていたので仕方なくやめました、ごめんなさい』とならないように、頑張ってもらいたいものです。あんまりぶれさせないでくださいね!





苦言はこのくらいにして(↑の裏の本音を言うと、フォーサーズレンズが中古にだぶついていて安くなってきたのが嬉しいんです)、最近マイクロ用に望遠が欲しくて中古を見ているのですが、秋に発売のパナ100-300mmもしくは来春のオリの70-300mmクラスのレンズはいつか買うとして、とりあえず使うのにどれが良いかな?と考えています。
パナ45-200mmが安ければそれが一番良いのですが、売れ筋のレンズで中古でも新品と大して差が無い値段のためバツ。
そうなるとフォーサーズ用をアダプター利用するのが良いので、とりあえずアダプターを買って150mmF2.0で遊ぼうかと考えているのですが、アダプターが3種類あるのが悩みの種ですよね・・・(^^;

1.パナのガンメタリック 2.オリの白 3.オリの黒(但しプラスチック製)

皆さんならどれにしますか?個人的にはオリの黒が一番格好良いけど、プラは安っぽいし・・・、う〜ん・・・。という感じです。白は目立ちすぎるからパナにしようかな・・・?




タグ:G1

2010年07月22日

みち

P1010714raws.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO100



G1はバリアングルな上に46万画素もある見やすい液晶を積んでいますので、液晶でのハイ/ローアングル撮影が楽しいです。

ちょっとアンシャープマスクのようなものをシルキーでかけていますが(←ナチュラルファインって設定です)、それにしてもG1はE-3なんかと比べて解像感が良いなぁと感じます。G1も凄いですが14-45mmキットレンズも恐ろしいレンズですね。このセットが38000円で買えたのだから、E-500のころから考えれば凄い時代になったものです・・・(^^;




昨日は久しぶりにワクワクさせられるような新製品が出ました。
富士フィルムの『F300EXR』です。
コンデジとしては珍しい(というか私は昨日発表された2機種以外他に知りませんけど)位相差式のAFを搭載しています。レフが無いのに位相差式が出来るカメラ、まさかこれほど早くに登場するとは思っていませんでしたので驚きです。
正直、このカメラの位相差式がどれほどアテになるのかは分かりません。ですがこのシステムが順調に進化していけば、ミラーレス機でも位相差式が可能になりますので楽しみですね。




タグ:G1

2010年07月16日

夏空

P1010766s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
14mm(換算28mm相当) F11.0 ISO125



スローシャッターにしたかったのでND8を付けて撮影しました。ISOが125なのは設定ミスですね・・・。ISO100固定にしたつもりでした。

NDフィルターは52mm径しかもっていません。52mm径のレンズはこの14-45mmとオリンパスの9-18mm。一応46mm→52mmのステップアップリングがあるのでコンタックスGの2本にも使えます。あ、そういえばオリンパスの50mmMacroも52mm径でしたね。

マイクロを主力にする場合、(40.5mmなどの珍しいサイズ以外では)フィルターサイズが小さいので安く済んでありがたいですね。色々試してみたくなります。





最近、オリンパスのE-5がフォーサーズ専用機の最後の機種になるというような噂が出回っているみたいですね。
個人的にはオリンパスがフォーサーズ資産に対する責任を果たしてくれるのなら、フォーサーズには拘りません。マイクロ機にフォーサーズレンズを付けてフルにレンズの性能を発揮できるなら満足です。というか寧ろ(フォーサーズの存続に関係なく)そうなってくれるのが私としては理想だと思っていますけど。
ただ、もしもフォーサーズが以後一切出なくなるとしたら単純に寂しいですし残念でもありますね・・・。

それにしてもユーザーとしては、マイクロ−フォーサーズ間にはAF問題もありますが、マイクロで防塵防滴ボディ&アダプターが出るかどうかとか、連写速度その他機能が少なくとも上級機としてE-5並みの機種を出せるのかどうかとか、今後の展開が気になって悩ましいですね・・・。




タグ:G1

2010年07月10日

夏といえば・・・

Q2049025s.jpg




Q2049034s.jpg


E-3 / ED12-60mmSWD
1枚目:60mm(換算120mm相当) F4.0 ISO800
2枚目:12mm(換算24mm相当) F5.6 ISO640



夏といえば色々あるでしょうが、私にとってはこれですね。

先日久々に近場のフィールドに出てみましたが、そこそこ観察することができました。
本当ならさっさと東北に行きたいものなのですが、今年はちょっと無理そうです。近所で我慢しましょうか・・・。

あ、ちなみに写真の昆虫は『ヒラタクワガタ』です。関東では少々珍しいですが、関西より西だとコクワガタよりもたくさんいるとか・・・?この場所では2時間ちょい薮の中を歩き回って、10頭ほど観察できました。





Q2049062s.jpg


E-3 / ED12-60mmSWD
60mm(換算120mm相当) F5.6 ISO400



オマケです。興味が無いので種類は分かりませんが、カミキリはたくさんいました。特にゴマダラは本当にうじゃうじゃと。
でも、カミキリがいるからクワガタを初め色々な昆虫が樹液にありつけたり、あるいは住処を得たり出来るわけですので、むげには出来ませんね。




さて、機材の話ですが、この日はE-3と12-60mmのみで行きました。川に落とそうが木にぶつけようが気にせず(いや、気にしますけどね(^^;))ガンガン撮れる物となると、私の機材ではコンデジかE-3しかないですから。G1は軽くて良いですけど、華奢ですから心配。
あとは、12-60mmがやはり素晴らしい。換算24mm相当はあると便利ですし、簡易マクロ的に使えるほど寄れるこのレンズはフィールドにはもってこいのスペックです。防塵防滴の安心感も素晴らしい。ボディ含めるとちょっと重かったですけどね。
欲を言えば、望遠側に不自由な思いをしたので(昆虫は小さいですから、望遠マクロがありがたいんです)、本当は14-150mmとかの方がマッチしてるかもしれませんけど、無いものは仕方ないです。
タフさを無視すれば軽くてマクロもそこそこ強いペンの14-150mmがありますね。あれはフィールド使用にもありだと思います。オリンパス・マイクロの上位機種が出たら検討するかも。



タグ:E-3 昆虫

2010年07月01日

紫陽花

Q2128935s.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.0 ISO100




以下はまたAFの話。

先日、E-3後継機に搭載されるであろうAFの新特許がズイこれに載っていました。
私の理想にほぼ近い感じのAFシステムになるようで、期待が持てそうです。
それは一体どういうものかといいますと、中心となるAFポイントの周りに多数のアシストAFポイントを設置して、被写体を捉え続けることが出来るAFシステムです。先日私はコントラスト式AFを例にして『複数の点(中心となるAFポイント)+アシストとしての面』と書きましたが、まさにこれを位相差式でやってくれようとしているみたいです。とは言っても、特許を見る限りではまだまだ隙間だらけみたいですけどね(^^;

現在のE-3・E-30では、AFポイント単体での能力は高かったのですが、個々のポイント間の隙間が大きすぎて動体追尾には厳しいものがありました。C−AFで動体を追おうとする場合、野鳥などの小さい被写体が相手ではすぐにAFセンサーが被写体を見失ってしまい背景に引っ張られてしまうことになるからです。だから大半の人は、S−AFでの一発撮りをマスターしているのだろうと思いますけど・・・。
C−AFが使えるようなカメラになれば連写が楽しいでしょうね!

実は私、以前キヤノンの40Dを触らせていただいたことがあって、飛ぶ野鳥(カモとかその類なので大きめです)を狙ってみたことがあったんです。レンズは200mmF2.8Lと2倍テレコンで。
恐ろしいことに、キヤノンファンの中では動体捕捉に関して『いまいち』と言われていた40Dですら、ただC−AFで連写しているだけで迷うこと無くほとんどの写真がバチピンでした(最初の2枚くらいが合わせきれてなかったです)。
「ああ、なんて簡単なんだろう・・・」と感じて微妙な気分でしたよ(^^;

オリンパスは追尾システムとSWDレンズの充実・上手い制御をもう少し頑張って発展させてくれるといいですね。良いもの持ってるんですから!


それにしてもE-5、特許から妄想するに結構楽しそうなカメラになりそう・・・。
真のマルチアスペクト、ライブビューでの高速コントラストAF、多数のアシストAFポイント・・・。画質では少なくともE-PL1と同等のクリアさと高感度画質・・・。もともとE-3には欠点が少ないですから、これだけでもかなり魅力的ですね!あとは液晶ケチるようなアホなことはしないで、寧ろ最上級のものを載せるくらいの意気込みを見せてください(^^;



タグ:E-3
posted by PIN@E-500 at 19:14| Comment(8) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。