2010年09月19日

スポットライト

Q2019739_raws.jpg


E-3 / ED12-60mmSWD
60mm(換算120mm相当) F4.0 ISO100



写真を趣味として気持ち良くやっていく上で大切だなと思うことの一つに『信頼できる機材を持つこと』があると私は考えています。

もし自分のカメラやレンズに対して不信感があれば、失敗したときに必ず嫌な思いをしますし、きっと次の失敗を恐れることになります。そしてその不満は、基本的には買い換えることでしか解消できないかもしれません。

逆に信頼出来る機材と出会えれば、失敗は自分の腕のせいだと納得できるでしょうし、それは腕を磨こうという前向きの気持ちになるかもしれません。『自分のカメラは良くやってくれた。後は自分が頑張るだけだ!』とこういうわけです。


私の場合、E-3と12-60mmについて言えば、本当に良いカメラに出会えたと感じています。
正直この組み合わせで撮れなければ、自分が他の(似たような)機材に替えたところで納得できる写真が撮れるとは思えませんし、満足できるとも思えない、それくらい信頼できるカメラだと感じています。
*「ISO10万が使えなきゃ撮れない世界があるんだーっ」とかいうのはまた別の話ですよ?

改善して欲しいところはありますし、全てにおいて最高だと褒め称えるつもりもありません。
ただ、このカメラとならお互いに欠点を納得しあって、そして力を引き出しあいながら付き合っていける、そういう一台に出会えたことで、カメラを手放せないくらいに趣味としてドップリと嵌ってしまったことは事実なんだろうと思います。


どうしてもこのカメラ・レンズとは理解しあえないとか、そういった不満や不信感があれば、思い切って買い換えた方が良いかもしれません。お金に余裕があれば、という高いハードルがありますけどね・・・。

『カメラがかわれば世界が変わる』という名言(?)があるらしいですが、確かにその通りだと一人で納得しちゃいました。


そうそう、何故E-3をそれほどまでに気に入っているのかと言うと、『使っていて気持ちが良い』『思い通りの写真が撮れる』という点につきると思います。
スペックの問題では無いんです。
握ってみてしっくり来る・覗いてみて自分の目のようにクリアに見える・自分の手であるかのように操作できる・そして気持ちよくシャッターを切り、満足な写真を得ることが出来る。
それはスペックに何一つ表示されない部分ですけど、カメラの本質的な部分なんだと思います。

チャンスをものにするためにはスペックが良いに越したことは無いですが、スペックがすべてというカメラばかりになってしまったら少し寂しいなと思いますね。



カメラ雑誌の特集でE-5の記事をいくつか読みました。欲しくなりました(^^;



ラベル:E-3

コメントについて

どうも最近コメントの反映が遅い&書き込みの際に画像認証(だったかな?)が必要みたいな状態になったりするようで、調子悪いみたいです・・・。

画像認証の設定はしていませんので、もし認証の欄が出てきてもそれは無視して『書き込む』を押していただければしっかり反映されますので、紛らわしいですがよろしくお願いします。


posted by PIN@E-500 at 19:16| Comment(0) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。