2010年10月24日

彼岸花 ・ 防湿庫の話

P1020483s.jpg




P1020486s.jpg


LUMIX G1 / ED50mmMacro
1枚目:50mm(換算100mm相当) F4.0 ISO100
2枚目:50mm(換算100mm相当) F4.0 ISO160



自分には極薄ピントの写真を思い通りに撮るセンスがないので、頑張ってもこれくらいが丁度良いんです。

APS-CでF1.4とかF2.0の写真を見るとすごいなぁ、と思うことがあります。
使い手のピント合わせの技術が素晴らしい。
本当にベストな一点のみにピントが合っている写真って、それだけで十分綺麗ですよね。

フォーサーズのズームレンズでパンフォーカスばかりやってきたからか、どうもそういう訓練が今まで足りなかったのだろうと、少し反省・・・。
家に帰ってから写真を見ると、ピント位置で「あとほんの少し手前にしておけば・・・」とかいうこと、よくあるんですよね〜・・・。構図と共によく練らないと。



続いて、防湿庫について。

結局、キタムラで安くなっていたのを機に、東洋リビングの140にしました。

決め手はHiroさんお勧めの『引き出せる棚』です。

下段での使い勝手がかなり良い感じですよ。
ハクバやトーリハンと違い東洋リビングのはプラスチックの棚ですが、かなり頑丈な作りなので、何も心配は要らないでしょう。

カメラとレンズ(ボディ2・レンズ8かな?)は上二段に全て収まってしまいました。それでもかなり余裕な感じです。
これならあと1マウント増やして、3マウントでレンズ増やしていっても満杯にするにはまだまだ・・・(^^;
といっても今欲しいのってパナの100-300mmくらいなもの(欲を言えば20mmとか7-14mmとかいくらでもありますが、必要性と投資効果で言えばの話です)。それも当分使うチャンスが無さそうなので、しばらく様子見しておきます。


今は湿度45度くらいになっています。
最近は雨が多いので、安心して放置できそうです。


ラベル:G1
posted by PIN@E-500 at 21:49| Comment(13) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

しあわせは子猫のかたち

Q2170919_raws.jpg


E-3 / ED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F11.0 ISO400





2010年10月15日

秋空

P1020466s.jpg




P1020465s.jpg


LUMIX G1 / ED12-60mmSWD
12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
フィルムモード:ネイチャー



先日以来まだ何も撮っていませんが、まだアップしていないものが何枚か残っているので、それで更新して行こうと思います。

機材処分計画は順調です。既に一部ドナドナしました(EC-20・シグマ社設計のパナライカ14-50mm・E-500)。
それから、長期保管に向けては防湿ケースでは心配なので、今は防湿庫を検討中。ハクバの105か、東洋リビングの140を考えています。どうしても2ドアが欲しいのと、機能に対して安い方が良いなということでこの2機種を選択。
価格差1万に値する『光触媒』をどう捉えるか・・・ですね。本当に効果あるのか疑問ですが、悩ましい・・・。




さて、G1と12-60mm(+フォーサーズアダプターのMMF-2)の組み合わせは、思いの外使い勝手が良いのです。

12-60mmの性質だと思うのですが、G1のEVFでの使用に関していえばテレ側だとピントの山が非常に見易い。逆に広角側だと適当に使っても被写界深度に入りますし、MFアシストを使えばなんら問題なく完璧にピント合わせが可能です。
SWDのレンズは機械式MFなので、細かなピント合わせが元々やりやすいのもメリットですね。
あとは、私の手には12-60mmがピッタリのサイズなので、安定感抜群でぶれ難いのもまた良い点だと感じています。

やはり描写能力的にもパナの14-45mmより2段は上(当然私基準の評価)なので、どんな状況でも安心して任せられます。
マイクロ専用に入れることは大きさやAFの問題でお勧めしませんが、既にこのレンズを持っていて、マイクロでの標準レンズとして使うかどうか悩んでいるのでしたら、せっかくなのでアダプターを中古で安く買ってみてはどうでしょうか?




話は変わって、ペンタックスのK-5が発売されましたね。
海外のレビューがあまりに良いのでちょっと触ってきました。元々前の機種のK-7にも興味があったので。

軽く遊んだだけですが、思った以上に良い機種ですね。

高速連写が気持ち良いこと、ミラーショックが少なくシャッター音も小さいこと、ライブビューでのAFが異様に速いこと、という点で驚きました。
何というか、もっさりした動きのペンタックスという印象に『???』が付いてしまうくらいです。

K-7買った人には残念ですが、K-5なら5年後でも十分満足して使えるような、デジタル一眼レフとして全く不足の無い機種が漸くペンタックスから出たな、という感じがしました。


ちなみに・・・
完全に主観ですが(怒らないでください(^^;))、私が考える『初代!末永く使える機種シリーズ』は以下の通り。
*一般人には選択肢の無いフルサイズに関しては除外。

オリンパス・・・E-3(2007)
ペンタックス・・・K-5(2010)
ニコン・・・D300(2007)
キヤノン・・・30D(2006) でも真打は7D(2009)
ソニー・・・A700?(2007)
パナソニック・・・無し

簡単にいうと、しっかりしたボディ(耐久性)・何を撮るにも不足の無い基本性能(万能性)・写真の出来の良さ(画質)・ものとしての良さ(所有感)・後継機が出ても色あせない魅力(充足感)、こんなのが基準になっています。

後継機が出たらすぐに買い替えしなきゃ!という強迫観念に迫られるようでは、上位機を買う意味が無いですからね。
(高感度画質はともかく、)せめて5年は見劣りしないで普通に使える機種を買いたいと個人的には思います。


その点、パナソニックは残念賞。型落ち寸前の安いのを買って、2年おきに買い換えるのが正しいパナ機との付き合い方かもしれません。
最近はソニーもそんな感じですね・・・。

今後はミラーレスでも長期間満足して使える名機を出してもらいたいものです。



ラベル:G1

2010年10月12日

煌き

P1020449s.jpg


LUMIX G1 / ED12-60mmSWD
60mm(換算120mm相当) F4.0 ISO100



暗い森の中を照らし出す、ほんの少しの光。

でも、それが森の中の小さな植物たちにとっての大切な希望・生きるための糧となるんですよ。




ラベル:G1

2010年10月05日

解像力

P1020427s.jpg




P1020420s.jpg


LUMIX G1 / ED50mmMacro
1枚目:50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO100
2枚目:50mm(換算100mm相当) F2.8 ISO100



今までは『フォーサーズはレンズに対してボディの性能が追いついていない』と言われてきました。

とは言っても、自分のE-3でも十分に解像しているものだと思っていました。
150mmF2.0なんかで撮った写真を見る限り、等倍表示にしても見るに堪える画像が出てきていたのですから。それに、1200万画素のG1にしたところで違いが分からなかったという理由もあります。画素数増やしたところで全然変わらないだろ、ならE-3で十分ではないか、と。

だから、1200万画素のE-5がいくら『1400〜1800万画素に匹敵するんだぞ〜』と謳ったところで、『ふーん、それは凄いねぇ。でも結局は1200万画素しかないんでしょ?』としか考えていませんでした。

しかしそれは大きな間違いだったのですね・・・(^^;

価格コムを見ている方ならご存知でしょうけど、こちらにE-5のサンプルがいくつか出ています。

凄いですね・・・。あまりの衝撃にポカーンって感じです・・・。

これのE三桁機バージョンを出してくれたらまだまだユーザーはついて行くでしょうに・・・。
フォーサーズレンズの凄さをもっとアピールして頑張っていってもらいたいものです。




ラベル:G1 昆虫

2010年10月04日

150mmを活かす道

Q2030742raw2s.jpg




Q2030747_raws.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
1枚目:150mm(換算300mm相当) F2.2 ISO100
2枚目:150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO100




実は私、150mmを担いで出かけるのが好きなんです・・・(笑)

最大径100mm・全長150mm・重量1465g(三脚座別)。

短く太く、そして重い。まさにガラスの塊。

なんといってもこのゴツイ見た目がかなり格好良いですよね!

実は当時50-200mmSWDでなく敢えて150mmを選んだ理由の一つに、『見た目がとても格好いいから』というのがあったんです(^^;

それが功を奏してか、はたまた値段が高かったので無駄にはしたくないからか分かりませんが、撮影に行こうというときにはほぼ必ず持ち出しています。その割には使わないこと多いんですけどね・・・。その場合、要するにただの重り的存在になるのですけど、まあ良いやっていう気分になってしまいます。


ですが、50-200mmSWDがあれば満足しちゃうでしょうね〜・・・。

150mmと両方持ち出すのは流石に無理・・・。不可能ではないですが、その場合他のレンズは諦めないといけませんし、しかも結局50-200mmしか使わなかったというオチになりそうなのが気にかかっています。

何というか、望遠で『F2.0』でなければいけない場面って身の回りにはほとんどないものです。
本当に厳しい条件下での野生動物狙いとか、あるいは背景をトロトロにぼかして人物を浮かび上がらせるときのポートレートとか、室内スポーツとか・・・?
私、そういうもの撮った覚えが無いような・・・(^^;

動物写真家の岩合さんや昆虫写真家の海野さんも新旧含め50-200mmの写真を載せてることが多いですし、名レンズですよね、本当に。

150mmとの使い分けに悩みそうです。
どうしてこういう無駄なことで悩むのか、困ったものです・・・(^^;


あ、そういうわけで今回の写真はF2.8以下にしてみました。



追記:

E-P3はコントラスト式と位相差式のデュアルAFシステムを搭載し、11月か12月に発表されるという噂が出ていますね。
しかも、グリップとアダプターが一体となった特別なアクセサリーも一緒に出るとか。
もし本当に出れば、今後のフォーサーズレンズ活用にも期待が持てますね!



ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 19:18| Comment(4) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G1、大丈夫・・・?

価格コムにこんな書き込みがありました。

リンク

GH1のストラップ取付金具が捥げたということで、しかもこれが一例目ではないという話らしいです。

いや〜・・・、150mmをG1に付けてブラブラさせていたときのことを思い返すと恐ろしくなりますね。落としてレンズ壊したら、パナソニックはどう責任を取ってくれるのでしょうか?
これはあってはならない設計上の問題だと思います。パナ自身でフォーサーズアダプターを出している以上、300mmF2.8を付けても無問題ってなくらいの耐久性じゃなければおかしいでしょう。それなのに純正の100gしかないパンケーキレンズでもげるだなんて・・・。

G2以降は大丈夫になったという噂もあるようですが、どうなんですかね?
非常に心配です。


posted by PIN@E-500 at 17:28| Comment(2) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

アダプター使い

P1020415s.jpg


LUMIX G1 / ED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO100



下の続きで、望遠をどうするか考えたくて、E-3/G1コンビに12-60mm/50mmMacro/150mmというフォーサーズレンズ3本で出かけてきました。マイクロ用レンズは自宅待機。
主にE-3は150mm担当、G1が50mmMacro担当で、12-60mmはどちらでもという感じに使っていました。

写真は試しに150mmをG1に付けてみたときのもの。

150mmを付けた状態では、ファインダーでのMFは拡大しなくてもほぼ詰めれるくらい素晴らしいものだったので、寧ろ超望遠であるほどEVFが活躍するのかもしれません。E-3のファインダーも見やすいのですが、正直望遠での厳密なピント合わせはなかなか難しいと感じているので、静物に限ればやはりEVFがメリットになるのかなと感じました。

あとは、レンズが重すぎると疲れたときにぶれちゃいます。私の場合、疲れてくるとE-3であっても慎重にしないとダメです。特に、超望遠にありがちな頭上の被写体を撮影しようというのなら、軽さこそが正義・・・。
というわけで、重い望遠レンズ使用にあたって手振れ補正がないのは致命的。もし将来的にマイクロでフォーサーズレンズを利用するにしても、パナ機にZUIKO DIGITAL重量級はいまいちな感じでしょうね・・・。
尤も、現時点ではZUIKO DIGITALのハイグレード以上を支えていけるようなガタイの良いマイクロ機が無い&出るかも分からないので、50-200mmを買うにあたってはこの点が非常に不安・・・。更に言うなら、もし出てもAFがノロノロとかだったら泣けますけど(苦笑)

やはり今後私がフォーサーズのボディを増やすつもりがない以上、そしてサブ機にマイクロ機を持ち歩くつもりである以上、フォーサーズレンズはこの3本(12-60mm/50mm/150mm)に留めて、マイクロでこのフォーサーズ3レンズの穴を塞ぐようなシステムを組む方が賢いよね・・・。と強く感じました。
現時点でマイクロのボディにフォーサーズレンズを付けるのはミスマッチとしか言いようがありませんもの。今後もどうなるか分かりませんし。


・・・そんな感じで今は100-300mmに傾いていますが(特に軽いのが素晴らしい!!)、やっぱり50-200mmSWDも良いですよね〜、という感じでグルグル回っています。



ラベル:G1
posted by PIN@E-500 at 23:05| Comment(6) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さて、どうしよう・・・

昨晩、キタムラのネット中古を見ていたら、50-200mmSWDの付属品完備・保証も今年12月まで残っているものが64800で出ていて・・・。



続きを読む
posted by PIN@E-500 at 10:41| Comment(0) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。