2010年12月31日

終わりを告げる時

P1030935s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
45mm(換算90mm相当) F8.0 ISO100
SILKYPIX『夕焼け』



今年も今日で最後ですね。
この一年間、私のブログには一日平均250人前後の方に来ていただいていたようで、本当に嬉しく思っています。
一年間、本当にありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。



Hiro Cloverさんのブログを見て思ったのですが、私も『今年の写真トップ10』を選定しておけば良かったなぁ・・・。
順位付けは難しそうなので出来ないと思いますが、時間があれば過去にアップした写真を中心にいくつか気に入ったものをアップしたいと考えています。
あるいは写真関係なく機材の話でも・・・。



ラベル:G1

2010年12月26日

銀河鉄道

P1030591s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
45mm(換算90mm相当) F5.6 ISO800
SILKYPIX『ファインストリート』



パナソニックのカメラはノイズが酷いって言われてますけど、ISO800くらいまでならG1でも十分使えると思うんですけどね・・・。私はISO800までをオートの上限として使っています。

G1のISO1600は流石に厳しくて非常用という感じもしますが、案外彩度は保たれている感じなので大きくしなければそのときの雰囲気を残すのに十分だと思います。




ラベル:G1

2010年12月25日

海豚をめぐる冒険

P1030893s.jpg




P1030906s.jpg


LUMIX G1 / M.ZD 9-18mm
1枚目:9mm(換算18mm相当) F8.0 ISO100
    SILKYPIX『ファインストリート』
2枚目:10mm(換算20mm相当) F8.0 ISO160
    SILKYPIX『夕焼け』




一人で大海原を旅するのは寂しかったよね。

でももう大丈夫。願いが叶って、君は一緒に旅をしてくれる仲間に出会えたのだから。



2010年12月23日

スターライト

P1030595s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
14mm(換算28mm相当) F3.5 ISO800
SILKYPIX『ファインストリート』



冬の澄んだ空気では、星空が綺麗ですよね。
寒いですが、煌く夜空を眺めている間だけは、一瞬だけであってもそんなことは気にならなくなってしまうものです。



ところで、先日『フォトマスター検定』なるものを受験したのですが、2級と準1級どちらも合格できました!

フォトマスター検定

なんの役に立つかは分かりませんけど、試験自体は結構楽しかったです(^^;

2級までは基本的な撮影技術を理解していれば受かると思います。
準1級や1級は撮影以外のことも知らないとダメな問題も多く(紙のサイズやルーペに関しての知識がなくて焦りました・・・。諸収差やカメラの構造・語源などについても突っ込んで聞いてきますよ)、勉強になりました。



ラベル:G1

2010年12月22日

紅葉橋

P1030412s.jpg


LUMIX G1 / M.ZD 9-18mm
9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO100
SILKYPIX『Vivid』



少し季節はずれになってしまいましたが、秋の名残の写真です。



ラベル:G1

2010年12月19日

仮面

P1030307s.jpg


LUMIX G1 / M.ZD 9-18mm
18mm(換算36mm相当) F5.6 ISO100
SILKYPIX『デジタルクロスプロセス・ブルーグリーン』




ラベル:G1

2010年12月15日

シマシマノカゲ

P1020654s.jpg


LUMIX G1 / M.ZD 9-18mm
9mm(換算18mm相当) F5.6 ISO125
SILKYPIX『ハードモノクローム』



光と影のコントラスト。

影というのは、こうしてみると本体よりも迫力のある存在にも成り得るんですね。

何も存在しないからこその『影』なのに、影の重みを感じる・・・。

『認識』がこうも我々の世界を変えてしまうのでしょうか。




ラベル:G1

2010年12月14日

落葉の抵抗

P1030303s.jpg


LUMIX G1 / G Planar 35mm F2.0
35mm(換算70mm相当) F2.0 ISO100
SILKYPIX『風景』



現役を引退したのに未だ地面に落ちまいとするその姿勢はなんというか・・・けなげ組って感じですね。



ラベル:G1

2010年12月12日

ふにゃ〜・・・

P1030465s.jpg


LUMIX G1 / G 20mm F1.7
20mm(換算40mm相当) F2.2 ISO100
SILKYPIX『キッズフォト』



日向でぽかぽかすやすや・・・。
いいなぁ、羨ましい・・・(笑)



F2.2に絞っているのは、シャッター最高速度が足りなかったからです(が、案外被写界深度も調度よかったかも)。
これでss1/4000秒だったので、もしF1.7だとss1/6400くらいでないと適正露出にならなかったのかな?
G1は1/4000までしか対応していません。価格から考えれば納得ですけど・・・。
マイクロフォーサーズではシステムの方向性(小型・軽量・高画質)として単焦点レンズを何本も出すのでしょうから、最高1/8000くらいの制御が出来るボディが出ると良いなって思います。正直価格の高いE-PやGHシリーズには搭載すべきだと思うんですけどね・・・。






ラベル:G1
posted by PIN@E-500 at 21:47| Comment(6) | 標準レンズ LUMIX G 20mm F1.7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

みなもを揺らす 秋模様

P1030408s.jpg




P1030440s.jpg


LUMIX G1 / G Planar 35mm F2.0
35mm(換算70mm相当) F2.0 ISO100
SILKYPIX『キッズフォト』



秋の残りの写真もまだまだあるので、アップしていかなければ・・・。




ラベル:G1

2010年12月09日

幻想世界

P1030620s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
14mm(換算28mm相当) F3.5 ISO800
SILKYPIX『ファインストリート』



今年ももう冬・・・。
寒くなりました・・・。



夜景には、SILKYPIXのテイスト『ファインストリート』が合うと思います。
黒はしっかりつぶれて(ISO800でも思ったほどノイズ目立たないでしょ?)、明るい部分はスッと伸びる、この加減がイルミネーションに丁度良いと思います。
あと、青系がとても綺麗に出るので、幻想的な世界にピッタリ!好きなテイストの一つです。



ラベル:G1

2010年12月08日

階段

P1020683s.jpg




P1020693s.jpg


LUMIX G1 / M.ZD 9-18mm
1枚目:9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO100
    SILKYPIX『ハードモノクローム』
2枚目:9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO100
    SILKYPIX『ノスタルジックトイカメラ』




ラベル:G1

2010年12月04日

色づく岸辺の紅葉

P1030427s.jpg




P1030420s.jpg


LUMIX G1 / M.ZD 9-18mm
1枚目:9mm(換算18mm相当) F11.0 ISO100
    SILKYPIX『キッズフォト』
2枚目:9mm(換算18mm相当) F8.0 ISO100
    SILKYPIX『風景』



手持ち出来る程度のスローシャッターで。
こういう撮影の場合、(背面液晶での)ライブビュー+バリアングル液晶はぶれ難くて結構便利です。
首に掛けたストラップをピンと引っ張るようにカメラを持ったまま両手を伸ばして(さらに私の場合そのまま親指でシャッターを押すと)、E-3なら換算24mmでss1秒、G1なら換算18mmでss0.3〜0.4秒くらいまでならシャッキリ撮れる感じです。
風が吹いている日や足場の悪い場所ではそんなに上手く行きませんけどね。

こういう手を伸ばした撮影の仕方をよくするので、私はG1に長いストラップを付けています。
ローアングルには特に便利ですよ。
ハイアングルには・・・短いストラップの方が良いかも・・・。



ここからはパナソニックのカメラに付属のSILKYPIXの話。

最近は、G1で撮影したものを現像する際、自然風景を撮影したものではSILKYPIXのテイスト『風景』を適用してからカラーモードを『フィルム調V1』に変更していることが多いです。V1に変更すると、少し落ち着いた色になって色の深みが増すような感じがします。特に青系が深い良い色になるんですよ。
ただ、赤系の紅葉にV1だと結構地味で枯れ果てたような印象になりがちなので、その場合はテイスト『風景』のまま色を変えずにしています。

ただ、『風景』はコントラストがきついので、日陰の穏やかな感じを見せるのには向きませんね・・・。
その場合、柔らかい感じの仕上がりになるテイスト『キッズフォト』を選択しています。
少し色が抜けたような印象になってしまうのが扱い辛い気もしますが、こういう優しい雰囲気に自分では作れないので、結構はまっています。

コントラストきついのは嫌だけど、せっかくの紅葉なので印象的な派手派手に現像したい場合はテイスト『SILKYPIX Vivid』なんて良いかもしれません。
少し彩度を自分で落とせば、明るくて派手だけど案外見やすい感じに出来そうです。

あ、ちなみにキッズフォトやVividのテイストは、SILKYPIXのHPから無料でダウンロード出来ます。
他にもたくさんあるので見てみると楽しいかもしれません。



ラベル:G1

2010年12月02日

我思う、故に我あり。

P1030523s.jpg


LUMIX G1 / G 20mm
20mm(換算40mm相当) F1.7 ISO100
SILKYPIXテイスト『キッズフォト』



吹き抜ける風を読み明日の気配を感じているのか、ただただボーとしているだけなのか、それは私たちには想像するしかないことです・・・。



私にとって(デジタル用で)F2.0より明るいレンズはこれが初めてですが、AFが正確なのと大口径F1.7とはいえ広角系なので、絞り開放でも思った以上に使いやすかったです。

描写は開放から恐ろしくシャープですね。
等倍表示にしても猫の毛一本一本がしっかりと区別できます。

小さいのに大口径で高画質・・・、まさに単焦点レンズの鑑ですよね。

標準域の単焦点は初めてですが、フレーミングの自由度の高さは魅力的でした。
この画角は足で動きさえずればかなりの被写体をカバーできるでしょうから、経験やセンスが問われちゃいますね・・・(^^;
まあ、その分使いこなす楽しみが増えるってもんです!


ラベル:G1
posted by PIN@E-500 at 23:54| Comment(6) | 標準レンズ LUMIX G 20mm F1.7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

clear eye

P1030360s.jpg


LUMIX G1 / G 20mm
20mm(換算40mm相当) F1.7 ISO100
SILKYPIX



さて、問題です。
この写真はどのレンズで撮影したでしょうか?


・・・って問題出すの遅いですね(^^;

LUMIX G 20mm F1.7、漸く初アップです。

『マイクロフォーサーズユーザー必携のレンズ』等々絶賛されることもあるレンズですが、本当にこのレンズは素晴らしいですね。
必携って冗談かと思っていましたが、これは確かに納得の素晴らしいレンズです。画角的にも、何にでもチャレンジできる創造性ある画角だと感じます。

実は、とてもとても気に入ったので11月中旬〜下旬はほとんどこのレンズばかり使っていたのですが(いつでもカバンに入るのも大きなポイント)、なかなかこの名レンズに相応しい写真が撮れなくて、アップするのが結局12月になってしまったんです。
「これはしょうもない写真をアップしたらまずいな・・・」という空気になるほど良いレンズだと理解してください・・・(^^;

レビューみたいなもの、そのうち書きたいと思います。



ラベル:G1
posted by PIN@E-500 at 08:00| Comment(2) | 標準レンズ LUMIX G 20mm F1.7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。