2011年02月20日

SILKYPIX DSP5 Betaバージョン

P9260022_1s.jpg


E-500 / VE 14-50mm
14mm(換算28mm相当) F3.8 ISO800
SILKYPIX DSP5 Beta 
WBオート(自然) HDR



SILKYPIXはパナソニックの付属RAW現像ソフトとしてそこそこ使い慣れているので、今回PRO5のベータバージョンが公開されたこともあり、無料お試し用をダウンロードしてみました。
ちなみに私の使っているパナの付属のバージョンは3.1です。


PRO5を使ってみて良いなと思ったのは、一枚のRAW画像からHDR処理された写真を作れることです。
HDR(ハイダイナミックレンジ)

これ、前からやりたかったんですよね。今回は控えめに使ってみましたが、ノイズが出る以外は良い感じにまとめてくれるみたいです。
ちなみに今回の写真は、以前一度HDRの紹介で載せたものと同じ元データからの処理です。前に紹介したソフトのほうが優秀かもしれませんけど・・・、でもHDRメインではないのでこれでも十分。


他に気に入った点は、AWB(オートホワイトバランス)が2種類選べて、どちらも上手い具合のイメージに処理してくれることです。
オート(絶対)とオート(自然)の2つがあって、まだ使い始めたばかりなのでどっちがどうこう説明できませんけど、カメラのAWBで満足行かなかった場合にこの2種類を試してみれば、どちらかは結構良い線行く感じです。


PRO5のサイトには他に『ノイズ処理の大幅な向上』と書いてありますが、私には良く分かりません。結構ノイジーに見えますけど・・・。
とはいえノイズがどうしても気になる場合にはフリーソフトのニートイメージを使うので、あまり関係ないかな。


SILKYPIXの色々なテイストやカラーモードや諧調表現、それから今回加わったHDRや優秀なAWBなどをE-3にも使えるのはなかなか魅力的に感じます。



2011年02月14日

ありがとう

P1040382s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
45mm(換算90mm相当) F5.6 ISO400 
SILKYPIX





P1040426s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm / DCR-150
36mm(換算72mm相当) F8.0 ISO160
SILKYPIX






2011年02月13日

あの空の向こう

P1040319s.jpg


LUMIX G1 / ED 40-150mm / MMF-2
40mm(換算80mm相当) F8.0 ISO100
SILKYPIX



このレンズ、小型軽量なのでアダプター挟んでマイクロフォーサーズのG1につけてもちょうど良い感じです。G1で使うとAFが遅いので動き物には使いにくいですが、正確なのでほとんどの被写体にはAF頼みで使って大丈夫だと思いますよ。
尤も、マイクロメインで敢えてこのレンズを買おうという方はいないでしょうけど・・・。
今後、マイクロでフォーサーズレンズを使う場合に、AF速度ってどうなっていくのでしょうね?色々な工夫を用いて速くしてもらえれば良いのですが・・・。



タグ:G1

2011年02月12日

望遠ズーム

P1040286s.jpg


LUMIX G1 / ED 40-150mm / MMF-2
73mm(換算146mm相当) F4.6 ISO125
SILKYPIX



結局、色々考えた末に、望遠ズームはこの『ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm』に行き着きました。フォーサーズ用のです。

理由は色々とあるのですが、大まかに挙げるとこんな感じです。
1.出来るだけ小さい方が良かったこと。
2.安い方が良かったこと。

まず、1の理由で候補にあがったのが、パナのマイクロフォーサーズ用45-200mmかオリのフォーサーズ用40-150mmのような望遠ズーム、もしくはパナの14-140mmかオリの14-150mmのような高倍率ズームでした。
そもそも大きくても良いという場面では出来るだけ150mmF2.0を使いたかったので、棲み分けるなら出来るだけ小さな望遠ズームにして持ち運べる場面を増やしたい、と考えたからです。

そして理由の2。流通量が多くて投売り状態のフォーサーズ用40-150mmは最適でした。
とにかく安くしたかったのは、他社の新システムやあるいはマイクロフォーサーズ系の新レンズのロードマップが分からないので(パナの500mmミラーレンズが出るとかいう楽しそうな噂もありますし)しばらくは様子見したかったことと、今後他のシステムをフォーサーズ系と補完関係に利用しても良さそうだと考え始めたからです。

特に標準や中望遠には、APS-Cが丁度良いのではないか?と考え始めています。このくらいの画角ではAPS-Cもフォーサーズもそれほどレンズの大きさが変わらない印象なので。
広角や望遠、あるいはマクロなど、被写界深度を稼ぎたいシーンではフォーサーズ系の適度な深さに救われていることも多いです。
一方で標準〜中望遠では、もう少しボケてくれても良いんだけど・・・と感じることもあります。あるいは夜景など、暗い場面での撮影に綺麗な高感度を使ってみたいと思うこともあります。


ミラーレスに本気の会社がどこなのか、しばらく見極めながら、自分に合った構成をじっくり考えていくつもりです。取り立てて今すぐに使いたいアイテムも無いので。





タグ:G1

2011年02月06日

冬景色

P1040215s.jpg


LUMIX G1 / M.ZD 9-18mm
9mm(換算18mm相当) F8.0 ISO100
SILKYPIX『ファインストリート』



雪を見たのは久しぶりです。
今年は北陸や東北で大雪の被害がすごかったようですね。
雪の珍しい地域に住んでいる私からすれば、雪を見ると楽しくなって寒さも吹き飛んでしまいますけど、それって少し不謹慎かも・・・なんて考えてしまいました。


ところで、更新の方ですがもうしばらくはこんな感じでスローペースにやっていくと思います。
コメントへの返信も遅くなってしまうと思います。

E-3と12-60mmは先日漸く戻ってきました。
時間はかかりましたがどうやら絶好調のようで、なんだか新品を使っているかのような気分です。
見積もりの3万(12-60mmの1群2群レンズ交換だったかな?)も結局キタムラの5年保証で無料になったので、本当に助かりました。もしレンズを新品で買おうという人がいるなら、是非とも長期保証をつけることをお勧めします・・・(^^;
返って来た12-60mmはAFがさくさく決まりますし、E-3共々まだまだ満足して使えそうです。



タグ:G1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。