2011年05月12日

トキワツユクサ

Q2091357_raws.jpg


E-3 / ED 50mm Macro / EC-14
70mm(換算140mm相当) F5.6 ISO160



今回の写真とはなんの関係も無い話になっちゃいますが、
パナソニックの『LUMIX G3』海外で正式に発表されましたね。

レビューがdpreviewに載っているので、リンクを張っておきます。

それを踏まえて、個人的な感想を少し。

まず最初にざっくり調べて思ったのが、『Gの正当な後継機がなくなってしまった・・・』ということでした。

・グリップが小さすぎるし、シャッターボタンが変な位置に移動している。
・EVFにアイセンサーが無い。
・バッテリーが小さい(GF2と同じやつ)。
・左肩のドライブモードダイヤルの省略、その他操作ボタンの一部省略。
・正面から見て右上から見たデザインが気に入らない。

それから、大幅な高画素化。有効1230万画素だった今までの素子から、G3は一気に有効1600万画素(素子自体は1660万画素かな?)ですから、流石に高感度の出来が心配にもなりますって・・・。


そんな感じで最初のうちは結構がっかりだったのですが、ちゃんと調べてみるとそんなに悪いものでもないような気がしてきました。

dpreviewに写真がありますが、キヤノンのKissX5と比べるとその小ささが際立ちますね。上から見ると思ったよりグリップもしっかりしていますから、前に使っていたE-420よりも持ちやすいかもしれません。
それから、AFがGH2と同じで高速化されているのが魅力的。やっぱりAF系の信頼性は、そのカメラやシステムの大きな魅力になります。こればかりは速くて正確なほど良いですから。
あと、一番驚いたのは、高感度が予想以上に素晴らしい感じを受けました。一応サンプルのISO3200で、KissX5・GH2・E-PL2との比較をしてみたのですが、GH2に劣ってるようには見えませんし、寧ろ発色の良さではマイクロフォーサーズ系で一番だと思います。
逆にサンプルで気になったのは、解像の点では1230万画素のE-PL2と大差無く見えてしまいますし、その解像だってなんだかアンシャープマスク(画像処理)で無理やり頑張っちゃったような、線の硬いシャープさだったのが気になりました。一方E-PL2のシャープさは滑らかで自然で好ましいですね。

個人的には外観はG1〜G2の直系のほうが嬉しいのですが、ちゃんと調べてみると案外普段使いには良さそうです。
価格も抑えられてるようですし、ファインダー搭載型で動画を最重視しない人にはなかなか良い選択肢かもしれませんね。
左肩のダイヤルがなくなってしまったことだけは、どうしても悔やまれますけど・・・。

それから最後に、キットレンズの色が2種類になって変わったみたいですね。
ブラックバージョンの方は真っ黒な胴体にシルバーリングで、ちょっと格好良いいかも。





ラベル:E-3

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。