2011年06月30日

雨降り

Q2301919s.jpg


E-3 / ED 50mm Macro / EC-14
70mm(換算140mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX DSP5



6月も終わりですね。早く梅雨も明けると良いのですが・・・。


さて、オリンパスの発表、ついに来ましたね!

ボディはE-P3・E-PL3・E-PM1の3機種、レンズは12mmF2.0・45mmF1.8の2本に加えキットレンズ(14-42mmと40-150mm)のリニューアル、それから小型でバウンスの出来るストロボ、とすごい勢いでした(噂にあった廉価版EVFはどこへ消えてしまったのでしょう・・・?)。

どれも今までのオリンパス・マイクロフォーサーズからは想像もできないほど気合いの入った機種へと進化しているように感じます。出るのはわかっていたとはいえ、いざ本当に出てくると興奮して色々調べちゃいますね。個人的にはAF枠が35点になったこと(とはいえまだまだ大きくてビックリしましたが)と、新レンズが格好良くなったのが最大のポイントかもしれません。あとはフォーサーズレンズでどれくらい速度が出るのか・・・ですね。


ラベル:E-3

2011年06月29日

隠れるもの

Q2281872_raws.jpg




Q2281898_raws.jpg


E-3 / ED 150mm F2.0 / EC-14
212mm(換算424mm相当) F3.5 / F8.0 ISO200 / ISO800



もうすっかり夏ですね。

さて、明日はいよいよ新世代PENの発表ですか。オリンパス第二章の幕開けのときのようなワクワク感がありますね!
個人的には「もうフォーサーズはいいや」と思えるくらい、気合いの入った進化であって欲しいと思います。

あ、ところで、E-PM1の外観のリーク写真のキットレンズのデザイン、格好良いですね!!
これならパナソニックの機種にもマッチしそうです。


ラベル:E-3 昆虫
posted by PIN@E-500 at 23:20| Comment(2) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

アガパンサス

Q2251825_raws.jpg




Q2251831_raws.jpg


E-3 / ED 50mm Macro / EC-14
70mm(換算140mm相当) F4.5 / F2.8 ISO400



2枚目は全体的に変なボケが出ていますね。50mmMacroはこういったボケが出やすいレンズでもあると思います。

さて、E-P3その他色々の発表まであと2日・・・。楽しみですね!
個人的に注目しているのは、例の爆速AFもそうですが、フォーサーズレンズをアダプターで装着した場合にどれほどの速度が出るのか、気になっています。

今、E-3とG1で出るときに、一通り撮影できるようにすると、12-60mm、50mmMacro、150mm、マイクロの9-18mm、それからEC-14とフォーサーズアダプターになります。
ただ、これだと基本がE-3+12-60mm、G1+9-18mmになってしまい望遠側が手薄に・・・。G1でAF出来るのはマイクロの9-18mmだけですから・・・。

出来れば12-60mmともう一つは望遠にしたいので、色々考えているのですが、マイクロはまだまだ黎明期でボディもレンズもこれからだと思って我慢していました。E-P3と共に漸くマイクロの真価が発揮されるのかと思うとワクワクします。それを見てからじっくり悩んでも遅くはないでしょう。

早く触ってみたいですね!


ラベル:E-3

2011年06月27日

遠い世界

P1040715-2_filtereds.jpg


LUMIX G1 / M.ZD ED 9-18mm
9mm(換算18mm相当) F11.0 ISO100
ND400・ND8フィルター 
SILKYPIX DSP5



これからしばらくは怒涛の勢いでアップ出来たらいいな、と思っています。

今回はNDフィルターを2枚使ってシャッタースピード60秒で撮影。漸くND400フィルターを使うことが出来ました。
とは言っても、言われなきゃ長時間露光だってこと、あんまり分からないですね。

※再編集した写真に差し替えました。


ラベル:G1

2011年06月22日

川岸

Q2051733_raws.jpg


E-3 / CONTAX RTS Sonnar 135mm F2.8(MM)
135mm(換算270mm相当) F2.8 ISO100



オリンパスのカメラにマウントアダプターを付ける最大のメリットは、『ボディ内ぶれ補正が利く』ことだと思います。同じマウントだからといって、パナソニックじゃダメなんです。

そういうわけで、CONTAX Gマウントのゾナー90mmを付けるためにオリンパスのマイクロフォーサーズボディ・電子ビューファインダー(EVF)内蔵の機種をず〜っと待ってるのですが、どうも出る気配がありませんね・・・。
今度出ると噂の3機種も全部『PEN』で、ファインダー無しみたいですし・・・。
とはいえ、基本性能が大幅に底上げされるようなので、その点大いに期待しています!いずれ出るであろう、ファインダー搭載モデルの性能は少なくともこれら新機種より上になるということでしょうからね!

そういえば明日はペンタックスの新型ミラーレスの初お披露目でしたっけ?
一体どんな仕様でくるのでしょうか?APS-Cサイズの素子にボディ内ぶれ補正のミラーレスだったら、興味が出ます。コンデジサイズ(1/2.3サイズ?)の素子だったらちょっと・・・。
レンズ交換できるコンデジって、需要あるんですかね?「手持ちで換算1500mm相当を手軽に!」とか超高拡大率マクロレンズ(×5倍)とか、そういう異常なフィールドもカバーするというのなら、大きい素子では不可能でしょうから、素子の小ささが活きて全体が小さく纏まり面白くなると思うんですけど・・・。



ラベル:E-3

2011年06月20日

きらきら

Q2251481s.jpg




Q2251500s.jpg


E-3 / ED 50mm Macro / EC-14
70mm(換算140mm相当) F3.5/F4.0 ISO100




2011年06月05日

鉄橋と早朝

Q2051700_raws.jpg




Q2051703_raws.jpg


E-3 / CONTAX RTS Sonnar 135mm F2.8(MM)
1枚目:135mm(換算270mm相当) F4.0 ISO100
2枚目:135mm(換算270mm相当) F5.6 ISO100



換算270mm相当の画角は自分に合っているみたいです。
それから、絞ったときの人工物については中・遠距離でも大丈夫みたいです。しっかりかっちり解像していました。



ラベル:E-3

2011年06月04日

Sonnar

Q2041579_raws.jpg


E-3 / CONTAX RTS Sonnar 135mm F2.8(MM)
135mm(換算270mm相当) F2.8 ISO640



コンタックスRTSマウント(ヤシカ/コンタックスマウント)のゾナー135mmF2.8(MM)です。


1985年発売。このレンズの元になったゾナー135mmF2.8(AE)というレンズがあるのですが、そのレンズは1975年発売らしいですから、もう35年以上前の設計なんですね。
*ちなみに(AE)と(MM)の違いは、絞り羽の形の違いと使用可能な露出モードの違いだけだと思います。(MM)の方が新しくて絞り羽の形が綺麗、それからプログラムオートとシャッタースピード優先に対応しています。後者はアダプターでの使用には何ら関係ありませんけどね。

このレンズ、ボケ味だけなら150mmF2.0に迫る名レンズだと思います。
いや、ボケ味だけでなく、色のりや線の細やかさも本当に素晴らしい・・・!ただ、少し使った感じでは、中距離遠距離の解像度が少々悪いみたいです。尤も『等倍で見れば』というレベルの話なので、このサイズでは全く問題にはならないのですが・・・。

このゾナー135mm、『前玉クモリ残りあり』ということで、メーカー清掃済みにもかかわらずとても安かったです。後玉の方からライトで照らすと薄っすらとクモリのようなものが見えますけど、こんなの実写には恐らく影響ありませんし、何より整備済みでピカピカだったのでラッキーでした。

『レンズは一生もの』といわれますが、この時代のレンズは本当に『一生もの』なのでしょうね。
今の時代のレンズはどれも電子制御なので、電子的な部分の故障やマウント規格の終了で使用不可能になってしまうだろうと思いますが、それはとても勿体無いことですね。


そういえばもう一本のゾナー、Gマウントの90mmF2.8は放置しっぱなしでした・・・。早く『ボディ内ぶれ補正+内蔵電子ビューファインダー』のミラーレス機、出して欲しいのですが、どうなっていることやら・・・。



ラベル:E-3

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。