2011年07月29日

二輪行列

P1050233s.jpg


LUMIX G1 / G 20mm F1.7
20mm(換算40mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX



テイスト『ファインストリート』を適用後、カラーを『フィルム調V1』に変更しています。
撮影は『iオート』で。カメラ任せなのに、この絶妙な被写界深度を選んでくれるなんて、凄いですね。



今日はレンズフードの話。
私はこのG 20mm F1.7に、ふじつぼ型のフードを付けています。メーカーはどこだったかな・・・?ハクバかエツミか忘れましたが、銀色のやつです。本当は黒が欲しかったけど、店に銀しか置いてなかったので。

それは置いといて、昔私がブログを作りたいと思う切っ掛けになった『4/3ブースターズ(4/3応援団)』というブログがあって、楽しいし勉強になるしでよく読んでいました。
そのブログにこう書いてあったのを今でもよく思い出します。

「レンズフードを付けないでカメラを持ち出すなんて、服を着ないで外に出るのと同じだ」と。

その言葉にとても納得したのを覚えています。

立派な一眼レフを使っているのに、フードつけてない人のなんと多いことか・・・。
キヤノンのキスデジは特に、フード無しが目立ちますよね。まあ、キヤノンはフード別売りだから仕方ないのかもしれませんが。せっかく高画質で写真を残したいと思ってカメラを買ったのなら、フードくらいちゃんと付ければいいのに・・・、と思うんですけどね。
あとは、フード持ってるのに逆付けしてる人、信じられません(^^; 撮影時にわざわざ逆向きに付けてるなんて、邪魔じゃないんでしょうか・・・?

レンズフードの効果、知ってますか?

1:斜めからの不要な光を遮り、クリアな写真を撮れる。
2:雨などがレンズ前玉に付着するのを防ぐ。
3:レンズ前玉が物(あるいは自分の指など)にぶつかるのを防ぐ。

普通は1だけ言われますが、1だけなら自分の手で防げばいいんです。所謂『ハレギリ』ってやつです。

個人的に重宝してる効果は、断然3です。
誤ってレンズ前側に指で触れてしまうのを防ぐには、フード以外には代替策が無いと思います。レンズ(あるいはレンズ保護フィルター)が指紋でベタベタなんて、最悪でしょ?拭き取るのも面倒くさい・・・。画質も悪くなる・・・。だからフード付けて触りにくくしておくと良いんです。
あとは、以前カメラをぶつけそうになってしまったことがあったのですが、フードにぶつかったお陰でレンズ表面は無事でした。レンズに傷がついたら、高くつきますから・・・。

2は便利ですけど、あんまり雨が酷いとカメラ自体が壊れちゃうので・・・。

こんな感じで、フードって便利なんですよ。


でも、最近のミラーレス機に関していうならフード付けたくない理由も分かります。
例えばPENに大きなフードのレンズって、あまりにも格好悪いですものね・・・。
もし私がPENを買ったとしても、キットの標準ズームにはフードつけないと思います。ここまでフードの有用性を語ってきてなんですけど・・・。


というわけで、「見るに堪えないくらい格好悪い」とか、「特殊なフィルターを使うからフードは付けられない」とかじゃない限りは、フードは付けたほうが良いですよ。というお話でした。
ちなみに今回の写真とフードの話とは、何の関係もありません(^^;





ラベル:G1
posted by PIN@E-500 at 22:06| Comment(4) | 標準レンズ LUMIX G 20mm F1.7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。