2011年08月20日

森のカタチ

P1050475s.jpg




P1050476s.jpg


LUMIX G1 / G VARIO 100-300mm
1枚目:100mm(換算200mm相当) F11.0 ISO125
2枚目:100mm(換算200mm相当) F5.6 ISO100
SILKYPIX



どこを切り取るかで表情が全然違ってくるので、広角で全部入れるよりも望遠側のほうが面白い部分を探す楽しみがあると思います。
山の風景の撮影だと換算200mm(フォーサーズの100mm)くらいの画角までが撮りやすいかな?それ以上の換算300mmくらいの画角だと写せる範囲が狭すぎて、かなり難しくなると思います。森を写すのではなく木を写すようなイメージになってしまうので。



ところで、パナソニックが恐ろしいものを出そうとしているらしいですね。
8月末ころに発表されると噂のレンズ2本、14-42mmと45-175mmらしいですが、超小型になるとの噂。
特に新しい14-42mmは、収納時にはパナソニックの20mmパンケーキ並みのサイズになるという噂には驚きました・・・!
しかも両レンズとも画質について「アッ」というほど凄いとか・・・。

もし本当にこんなレンズがキットレンズに採用されるのなら、現行のG3やGH2には手を出せなくなっちゃいますね。レンズが大きめだったことが欠点だったパナソニックがクラス最小で高画質のレンズ群を出してくるのなら、他社も今のままではいられないでしょう。
(この2本はハイエンドクラスのレンズになるという話と、新しいキットレンズになるという話と2つあって、どういう位置づけになるかまだ分かりません。)

それにしても、ミラーレスカメラの進化の速度にはついていけませんね。
まさかレンズまでもが、機能だけでなくサイズ的にも完全に過去の遺物にされてしまうかもしれないだなんて・・・。





ラベル:G1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。