2011年12月18日

紅葉

Q2184439-2raws.jpg


OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0
150mm(換算300mm相当) F2.0 ISO100
OLYMPUS Viewer 2



久しぶりに150mmF2.0を持ち出しました。
今日のお供はE-3に150mmF2.0と、パナソニックのG1に20mmF1.7という組み合わせ。
(一応、パナの100-300mmも持っていましたが、使う機会なし。)

私はかなり単焦点レンズを好む方だと思いますが、理由は3つあります。
1:明るい
2:クリアな写真が撮れる(ような気がする・・・)
3:撮っていて楽しい


で、今回はこの3の話を。


ズームレンズはズームできる分だけ当然ですが便利です。失敗したくないとき、レンズ交換する暇がないけど何を撮るか決まってないとき(色々対応しなくてはいけないとき)、荷物を減らしたいときなんかはどうしてもズームを選びたくなります。

単焦点レンズは、ズームできません。ですから、決まった範囲を写すことしか出来ません。
でも、その割りきりが好きなんです。
そのレンズで撮るのが難しい場面で、なんとか工夫するか諦めるか、自分のセンスと実力が試される感覚・・・。
そのレンズの視界を自分の頭に叩き込んで、ピタリと枠に嵌るように撮影出来たとき、ちょっと自慢げな気分になれるっていうのは、ズームレンズでは得られないと思います。

逆に、漫然と撮影した場合でもそこそこ使える写真になるのは、ズームレンズで撮影した写真です。単焦点で漫然と撮影したものなんか、たいていは後で見る気にさえなれません・・・。


毎回60〜80点を出せるのがズームレンズだとしたら、1点から99点まで自分の使い方次第っていうのが単焦点、ってところかな・・・と。


良いも悪いも自分の撮り方次第で結果がはっきり出てしまう単焦点レンズは、『今、撮影しているんだ』という感覚を呼び覚ましてくれるものだと思います。
マンネリ写真に飽きてきてしまったときには、ストイックに単焦点だけで出かけてみると、難しいけど充実するかもしれません。



・・・ってこんな感じの話、何度か書いているような気がしますね(^^;
ズームにはズームの良さが、単焦点には単焦点の良さがあるって話でした。
(※上に書いた文章、ズームレンズで99点が取れないって意味ではないです。ズームレンズを単焦点レンズのように使いこなせるようになれば、きっと可能性は無限大!ですから・・・。)



最後に、上の写真の横バージョン。


Q2184436_raws.jpg


150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO100
OLYMPUS Viewer 2







ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 22:57| Comment(10) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。