2012年05月22日

若葉

M5191100s.jpg





M5191084s.jpg





M5191085s.jpg


OLYMPUS E-M5 / ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 / MMF-3
150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO200



リサイズ以外は特に何も編集していないので、JPEG撮って出しです。

縮小するとせっかくのレンズの良さが分かりにくくなってしまうのが残念・・・。
マイクロフォーサーズ用のレンズでは縮小してもしなくても印象は変わらないのですが、このレンズで撮った写真はなんだかガラッと印象が変わるというか、深みが失われてしまったような感じを受けました。

このZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0は、私の持っているフォーサーズ用レンズの中で一番まともにAFが動いてくれました。
見易いEVF(電子ビューファインダー)&シャッター半押しでの手振れ補正動作と相まって、静物相手ならE-3で使うよりもE-M5で使うほうが良いかもしれないですね。
逆に12-60mmSWDは・・・E-3で使いたいです。E-M5では素直に12-50mm F3.5-6.3で行こうと思います。
50mm F2.0 Macroはどっちで使ってもいいと思います。



ところで話は変わりますが、自分のE-M5での基本設定は大体こんな感じにしています。

・仕上がり設定:VividもしくはNatural
・諧調:オート
・彩度:0
・コントラスト:0
・シャープネス:-1
・露出基準調整:0
・ホワイトバランス:オート
・ISO:200〜1600でオート
・ノイズフィルター:OFF



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 18:07| Comment(4) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

金環日食

M5211251_raw_1s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6
300mm(換算600mm相当) F5.6 ISO640
OLYMPUS Viewer 2
2000×2000にトリミング後、1200×1200に縮小
ケンコーND400





M5211284_raw_1s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6
300mm(換算600mm相当) F11.0 ISO200
OLYMPUS Viewer 2
2000×2000にトリミング後、1200×1200に縮小
ケンコーND400



日食の撮影、直接太陽を撮るつもりは無く木漏れ日の中の太陽の影でも探そうかと考えていたのですが、朝から生憎の土砂降り・・・。
それでもラッキーなことに、丁度金環日食となった瞬間の太陽が薄雲の向こうから顔を出してくれました。

雲のお陰でND400でも光量の減少が大きすぎたくらいだったので、日食撮影用のND10000とかを買わなくて本当に良かったと思います・・・。高いですからね・・・。
でも日食の終わった今なら中古で安くゴロゴロしていませんかね・・・?


タグ:星空 E-M5

2012年05月09日

光の世界・闇の世界

M4210577_raw_1s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3
12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO1250
OLYMPUS Viewer 2
仕上がり:VIVID 諧調オート



また暗い場所での高感度撮影になってしまいました。
厳しい条件でカメラを試しているわけではないのですが、E-3やG1などでは恐らくかなり難しかったであろう条件(明暗差が激しい場所・高感度撮影が必要な暗い場所)でも簡単に撮れてしまうE-M5には驚きです。


※今回からE-M5のものは長辺1200にして写真を載せていこうとおもいます。


タグ:E-M5

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。