2013年04月25日

魅力的な第二世代、続々LUMIX

P1070392s.jpg


LUMIX G1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6
14mm(換算28mm相当) F3.5 ISO100
SILKYPIX DSP5
光学フィルター:マルミ光機『ソフトファンタジー』



長いことパナソニックのG1から買い替えできる後継機を待っていた人も多いのではないかと思いますが、ついに満足に買い替えできる機種が発表されましたね!!

本日発表されたLUMIX G6です。

いえ、正直に言えば、G5も材質のチャチさを除けばかなり魅力的でしたし、G1の持つ『次世代カメラとしての将来性』に賭けた方々の中にも同じように感じた方、そこそこ多いのではないかと思います。

というのも・・・
G2は順当に改良されたものの、G1とあまり変わり映えせず。
G3はグリップを失い(失礼ながら)グレードを落とす変化。
並行するGFシリーズは(GFシリーズとして当然ですが)小型化まっしぐら。
という感じでしたので、もう今後は小型化一直線かな・・・と諦めかけてまして・・・。

ですからG5→GH3→G6の大型グリップ&武骨なデザインへの変化の流れは、パナソニックの「カメラとしてのカメラを作る!」というような意気込みを感じてG1ファンとしてはわくわくしたわけです。
ファッションでもオブジェでもステイタスでもなく、あくまでも写真を撮るための道具・・・というイメージに仕上げてきてるところにです。

パナソニックって、カメラに対して案外真面目ですよね。
L10ですら前後2ダイヤル装備してましたよ。ついでにマグニファイヤー標準装備。

個人的にはGF6もすごく気に入りましたし、それから第二世代のレンズ群(と思っているのは12-35mmおよび35-100mm以降の金属外装レンズ)である45-150mm・14-42mmU・そして今回G6と共に発表された新14-140mm、どれも魅力的に感じます。
デザインも洗練されましたね!

新型の14-140mmは私の想像よりはるかに良さそうで、高倍率ズームで初めて真面目に購入を悩むレンズとなりそうです・・・。


ラベル:G1

2013年04月22日

パナソニックのG

P1090149_01s.jpg


LUMIX G1 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F4.0 ISO100
SILKYPIX DSP5



水曜日にパナソニックの5代目Gシリーズである『G6』が発表されるようですね。
GH2の後継機としての役割を負っているとか、ボディ内ぶれ補正があるとか(最新情報ではGX2までお預けとの噂になりましたね)、14-140mm後継機も同時に出るとか、そんな噂があるようです。

14-140mmの後継機は出るのが当然だと思います。
今となっては大きい・重いの筆頭ですから・・・スペックに比べて。
なんせ今後タムロンの14-150mmF3.5-5.8が、重量280gで出るという話ではないですか。
今の14-140mmと比べたら、価格が同じでも私ならタムロンを選んじゃいます。もちろん、AFがしっかり機能する前提でですが。

デザインを新型に合わせて、しかも小型軽量に進化させてきてくれたら、魅力的なレンズになるんじゃないかな?と思います。個人的にはさらに小さくするために、14-100mmF3.5-5.6の220gとかでもズーム倍率は十分だと思うんですけどね!むしろ10倍で長いレンズより、7倍で小さく軽いほうが売れるのでは・・・?

話が逸れました・・・。

7倍ズームで小さい・軽いといえば・・・
パナソニックのLF1っていうコンパクトデジカメの噂が出てますね!
7倍ズーム・1/1.7型センサーという噂が出ていますが、なかなか魅力的に感じます。もちろんレンズクオリティ次第ではあるのですが。
換算28-200mmっていうのは一般的な撮影のほとんどに対応できる能力があると思います。
F2.0-2.8とかで万が一出てきたら、もう欲しくてたまらないかもしれません・・・。
先ほど書いた(妄想)14-100mmF3.5-5.6の220gとの比較でどっちを買うか考えたいと思います(笑)

で、本題のG6についてなにも書いてなかったですね・・・。
私がパナソニックと比較してオリンパスを選ぶ決め手となる理由はたった一つ、『ボディ内ぶれ補正があるから』です(逆にいえば、E-M5のボディ内ぶれ補正が他の機能を圧倒するほどに素晴らしすぎることの証明でもあるのですが)。
パナソニックのG5が使っているパナ製1600万画素センサーは美しいと思いますし、タッチパッドAFは最高に使い勝手が良いです。極小AF枠を思い通りにスパッと任意の場所に移動可能なAFシステムというのは、パナソニックにしかないのではないでしょうか?先進的でしかも洗練された機能だと思います。
オリンパスにもタッチパッドAFと、極小AFを搭載してくれたら良い勝負になるのですが・・・何故かE-M5にもスモールターゲットAFを載せてきませんし、力入れてないんですかね?

とにかく、水曜日が楽しみです。まあ、E-M5とキャラ被るでしょうから、G6が良いカメラでもおいそれと買えないですけどね。

余談ですが・・・GF6も良いカメラだなぁ・・・と思います。
正直ボディ内ぶれ補正が入ってたら、買ってしまうかもしれないくらいに・・・。
オリのE-PL5も可愛いのですが、液晶が横長すぎて小さいのが辛いですね。パナと同じように3:2にはしてほしいです。

ラベル:G1
posted by PIN@E-500 at 22:45| Comment(2) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

向こうに見えるオレンジ灯

M3294725_05s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
64mm(換算128mm相当) F2.8 ISO2000
SILKYPIX DSP5



昔やっていた趣味の影響かなにか分かりませんが、走ればたどり着けるくらいの場所にあるオレンジ灯の団体を見ると、なんだか懐かしいような寂しいような、そんな感慨を覚えます・・・。


最近は撮影の5割が35-100mmって感じですね。
あとは20mmF1.7が3割、14mmF2.5が1割、9-18mmと100-300mm合わせて1割、って状態です(感覚的に)。
35-100mmとなにか広角〜標準が1本あればなんとかなる感じです。

こういう『自分の決めレンズ』があると撮影が捗って楽しいですね!
35-100mmのおかげで他の機材の必要性が薄れたからか、次に買いたいレンズが余計に決まらなくなった気がします(^^;でも物欲だけは消費されずにたまっていくのですね・・・(苦笑)


posted by PIN@E-500 at 00:05| Comment(4) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

簡単・綺麗の素晴らしさ

M3294668_01s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO500
SILKYPIX DSP5



私が唯一所有する超広角レンズ『M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6』です。

このレンズを一言で言い表すなら・・・そうですね、「安定」というのが相応しいでしょうか。

どんな場所、どんな条件でも常に一定の結果を出してくれる、安定感抜群の秀逸な広角ズームです。

正直この画角に関しては、現状このレンズ一本で大満足って感じですね。
(あくまでも「9-18mm」の画角ではですけれど・・・)


・・・ところでこのレンズ、新しいデザインにリメイクしないんですかね?
14-42mm
40-150mm
75-300mm
ってデザイン変更してきていますから、せっかくなのでこの9-18mmと14-150mmもモダンな金属調スタイルに更新してもいいと思うのですが・・・。
更新しなくても売れてるのかな。個人的には今のデザインでも気にはなりませんが、黒と銀とで選べるようにしたら格好良いのにな〜・・・とは思いますね。あ、でも買うときの悩みが増えてしまうかも・・・(^^;


おっと・・・タイトルと関係ないことばかり書いてしまいました・・・。
(いつものことですが。)

タイトルの話はE-M5のことです。
私は世間で言われているほどパナの1200万画素センサーが悪いとは思っていないのですが(寧ろ条件の良いときのG1の画質は素晴らしいものです)、この1600万画素のソニー製センサーの「簡単・綺麗」という点に関しては、本当にソニー製でよかったと思います。
強力なボディ内ぶれ補正もありますし、オリンパスも夜景にはすこぶる強くなりましたね・・・。悪条件でも綺麗に撮れるというのは、撮影の幅が広がり楽しいものです。



ラベル:E-M5

2013年04月06日

淡い色

M3294607_03s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO250
SILKYPIX DSP5



(少なくとも自分のモニター上では)綺麗に桜の花びらの色を再現できてるな〜と思います。
引き気味の写真だと特にですが、桜色の再現はとても難しいですよね。
いや・・・それどころか桜の写真そのものが難しいですけど・・・。

もう今年の桜も終わりですね・・・。
今年は本当にたくさん撮れましたし、楽しくて良い思い出になりました。


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 19:09| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう一本、いっとく?

M3294505_08s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



マイクロフォーサーズシステムで1,2を争う超人気レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 。

今はもう所有していませんが、このレンズの描写はときどき味わいたくなります。
今回もそういうわけでとても可愛がってもらっている「元・うちの子」をちょっと貸してもらってパシャパシャ遊んでみたのですが、晴天野外の春の雰囲気を表すにはすごく良いレンズですね〜。春の柔らかい雰囲気や、野外でのポートレートにピッタリのバーゲンレンズです。特に、画面端まで完全な円形の玉ボケを作り出しちゃうところなんかに惚れ惚れします・・・。

個人的にはとても思い入れの強いレンズだということもあり、描写の良さ+価格の安さと相まって『もう一本、いっとく?』という気持ちになってしまうほどの、魅力的なレンズです。


そして余談ですが、外観も格好いいですよね!
いずれチャンスがあればこのレンズの雄姿をアップしましょう。


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 01:38| Comment(0) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。