2013年05月27日

森の幻想世界へようこそ

M5265536_1_01s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F6.3 ISO200
SILKYPIX DSP5






ラベル:E-M5

2013年05月21日

あばたもえくぼ・・・とはいかなくて。 ≪※内容更新あり≫

M3244302s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



つまりですね・・・一言でいえばこのLUMIX G X 35-100mmは目をつむれないほどボケが汚・・・独特なのです(特に100mmF2.8で顕著)。
あばたはあばた、なのです。

私がオリンパスの45mmF1.8の再購入を決めたのは、ボケを活かした写真を撮りたいシーンではこの35-100mmF2.8を信頼しきれなかったから、という理由も大きいです。

素人の考えでは、このボケの汚さは『口径食』が最大の原因かとみていますので、おそらくはF3.5〜4.0とかに絞って使うようにすれば、バリバリにシャープで適度にボケる良いレンズになると思うのですが・・・ぼかしたいときにはついついF2.8で使ってしまってあまり絞った写真がないのです(^^;
まぁ、F4.0通しのレンズと考えても十分に軽くて優秀なレンズだと思いますから、背景を選んでF2.8を使うようにすれば十分期待に応えてくれると思うんですけどね。

背景が細かくて色の異なるもので構成されてるシーン、たとえば色とりどりの落ち葉の中でのポートレートなどでは注意したほうが良いと思いますよ。なんというか・・・口径食のせいで周りがぐるぐるボケのようになって、結構おどろおどろしい雰囲気になってしまいますから・・・。
というわけでポートレートではちょっと期待と違いますが、風景では使いやすくて概ね期待通り(ボケの問題は今回の写真のように付きまといますが)、夜景では驚くほど素晴らしい、というのが私の今の評価です。

もしオリンパスが同等の画角でボケ味の綺麗なレンズを出してきたら、飛びついちゃうかもしれません。
45mmF1.8/60mmF2.8Macro/75mmF1.8と、ここの所ボケ味が売りのレンズをどんどん出してきてくれてますので、頑張ってほしいと思います。



追記:

M5035051左下_02s.jpg

左下切り取り

M5035051_1右下_01s.jpg

右下切り取り

海岸で撮った写真のボケですが・・・こんな感じです。
100mm の F2.8で撮影。
中心を取り囲むようにぐるぐるしてるように見えちゃうんですよね・・・これ。
本当に本当に良いレンズだけに・・・、このボケ味だけが唯一残念です。


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 21:42| Comment(4) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

縦横交差

M4134745s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G 14mm F2.5
14mm(換算28mm相当) F3.2 ISO200
JPEG



基本的にはいつもSILKYPIXで仕上げているのですが、今日のはE-M5のJPEG画像です。
仕上がりは『i-Finish弱』です。

ほとんどアップこそしませんが、14mmF2.5は持ち出し率が高いです。
F2.5だと周辺が多少緩い感じもしますが、それでもやはり単焦点・パナのX14-42mmPZと比べるとヌケが良いなと感じます。
いつでも持ち歩ける、案外心強いレンズです。


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 21:47| Comment(2) | 広角レンズ LUMIX G 14mm F2.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

E-M5続投記念

M5045095s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F2.5 ISO200
SILKYPIX DSP5



17mmF1.8のシルバーも欲しかったですし、VF-4はもちろんE-P5にも興味津々だったのですが、特にこれといってE-P5入れなきゃ撮れないシーンがあるわけでもないので見送り決定&E-M5続投で決めました。


基本機能部分のE-M5からの進化が大まかに言って
1:ファインダーのスペック
2:高速シャッター1/8000搭載
3:ISO100相当使用可
4:スモールAF枠
5:フォーサーズレンズのAF改善(それでも満足な速度ではないようです)
であって、革新的な改善や進歩があったわけでもなさそうな順当強化ですので、E-M5でも撮れるシーンは変わらないだろうと判断しました。
E-M5の弱点をつぶした魅力的な仕上がりでしたので、本当は欲しくてたまらなかったのですが・・・(^^;


個人的に次期E-Mなどに望むブレイクスルー機能は・・・
・連写中にライブ映像が止まらないこと(パナソニックではG2の時代からあります)
・ファインダーをのぞきながらのタッチパネルを使ったAF位置の移動(パナソニックのタッチパッドAFは秀逸)
・フォーサーズレンズが普通に使えること
これだけ叶えてくれたら、長く使えるんですけどね〜。
欲を言えば、実用的な追尾AFまで欲しいですが。

こうなるまでは、当面我慢したいです・・・。


さて、実はE-P5を諦めて、代わりに一つ注文してしまったものがあります。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 のブラックバージョンです。

シルバーも綺麗で好きだったのですが、前に一度シルバーを購入していますし、黒のE-M5には黒の方がマッチするので、結局今回は黒に決めました。
いつか買いたいと思っているホワイトボディにも、黒レンズって結構イケますしね!


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:46| Comment(2) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

そしてついにブラックレンズの登場へ

Q2049123_02s.jpg


OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
50mm(換算100mm相当) F2.0 ISO100
SILKYPIX DSP5



「オリンパスは何故銀色しか出さないんだ!」
「黒を出せ黒を!」

こんな声がネット上ではしばしば聞かれます。
というのは、オリンパスのマイクロフォーサーズ用レンズの単焦点シリーズ
12mmF2.0
17mmF1.8
45mmF1.8
75mmF1.8
には現在のところ銀色しか販売されておりません。
正確に言えば、12mmだけは限定版の黒が存在するんですけどね。

私には関係のないことですが、銀色だけしか売っていないことについて結構激しくお怒りになる人がいるんですよね〜。
なにをそんなに怒ることがあるのか・・・。

曰く「銀色だと太陽光が反射して狙撃されるから、戦場では使ってもらえません!!」とまで主張する人までいるのです。
私から見れば、例え黒があったとしても、わざわざ上の4本を狙撃されるような、一瞬を争う場所で使うとは考え難いのですが・・・。戦場カメラマンのお友達はいませんのでなんともいえませんが、何が起こるかわからない場所での撮影というのは、まず第一に「写すこと」が大切なので、通常はズームレンズを使うのではないでしょうか。

・・・っとまあとにかくそんな究極の状況なんかで黒の必要性を説明しなくてもいいでしょうに。
何故か黒しかないレンズは文句を言われず、銀しかないレンズは文句を言われる・・・。私はこの理屈がどうにも腑に落ちないのです。


どうでもよいことを長々と書いてしまいました。

さて、とにかく私にとっては「銀色でも問題ない。寧ろどんな色のカメラにもマッチさせやすいから、寧ろ黒しかないレンズにも出来れば銀を追加してください!」って感じでした。
ホワイトにもシルバーにもレッドにもゴールドにも、そしてピンクにも、本当に良くマッチします。ピンクのGF3にシルバーの45mm、最高です・・・。それからブラックボディにだって悪くないです。

しかし昨日、多くの要望に応えてとのことで、ついにF1.8の単焦点レンズ3種にブラックバージョンが通常追加されると発表されました。

これがまた・・・なんとも格好良いのです。

あえて言わせてください。

「ホワイトE-P5にはシルバーレンズがものすごくよくマッチする。ブラックE-M5にはブラックのレンズがとても良さそう・・・。2色出すなんて、両方買いたくなるじゃないですか、オリンパスのばかーーーっ><」

はい、本当にどうでも良いお話でした(^^;



ラベル:E-3

E-P5発表!

Q2049108_1_01s.jpg


OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
50mm(換算100mm相当) F2.5 ISO100
SILKYPIX DSP5



出ましたね、E-P5がついに。

これは良いですね・・・。うーん・・・、良い・・・。

これです

個人的にE-Pシリーズの弱点だと思っていた部分がすべてつぶされ、本当に隙のない良いカメラに仕上がっているように感じます。
今までは、言い方悪いかもしれないですがデザインだけで上位機としての地位にありましたが、今回のフルモデルチェンジでデザイン・操作性・機能性すべてに妥協のない『真の上位機』に進化してくれました。

前後2ダイヤル・タッチパネル搭載チルト液晶・超強力な5軸ぶれ補正。
これだけでも十分に魅力的なのに、さらに1/8000秒シャッター・ISO100使用可能・アイセンサー付きの新型電子ビューファインダー付属(レンズキットで購入した場合のみ)とか、「やるな!オリンパス!」って感じですよね〜。

ホワイトの17mmF1.8キットがまた良い趣味しててたまりません・・・。
ちなみにE-P3はブラックとホワイトで相当悩みました(買う気はありませんでしたが・・・)。

しかし・・・E-M5がある身からすると・・・機能も価格帯も被るし、同じ金額使えるのならレンズにいくべきなのでしょうね。
75mmF1.8の黒も格好いいですもんね。


ラベル:E-3

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。