2013年08月25日

続ハワイ編 a desolate field

Q2173455_02s.jpg


OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0
12mm(換算24mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX DSP5



何故12mmのF2.8で撮影しているのかと言いますと、確か車の中から風景を撮りまくっていたからです。
シャッタースピードを稼ぎたくて、絞り開放を選択しました。

前回の写真はオアフ島の有名なビーチですが、今回はハワイ島です。
ハワイ島にはまた行きたいなぁ・・・と思っていますが、なかなか遠いですね〜。



話は変わって・・・

E-M1とM.ZUIKO DIGITALの12-40mm F2.8の画像が出てきましたね。

前の動画より遥かにまともなのは良いのですが、やっぱり気になるのは液晶と左肩部分・・・。
バリアングルのヒンジがないのでチルトの可能性が高そうなのと、左肩の無意味なボタンデザインは個人的にはいただけないのですが・・・まあ使いやすければ何でもいいです。仮にもフラッグシップを名乗るのでしたら、デザイン優先で使いにくいのだけはやめてほしいのです。


ところで、なんだかんだで買うんだろうなぁ・・・と思っていたのですが、価格情報の噂通りだと高くないですか・・・?
いえ、別に6Dと比べてどうこうとか言うつもりはないんです(そういうコメントみると、「6Dが欲しいなら6D買えばいいでしょ!!」っていつも思います)。

とはいえ、現在の情報をまとめると、E-M5に像面位相差AF・1/8000シャッター他E-P5の機能とファインダー・・・ってだけじゃないですか?防塵防滴のE-P5というべきか・・・?
どっちでもいいですけど、『フォーサーズレンズ使わないならE-M5買えば?』って言われちゃうような機種だとしたら、ちょっとお高いんではないかと思いますので、なにか他にも魅力的な『上位機らしさ』があるのか注目したいです。


それから、なんだかんだで、今回オリンパスからもF2.8ズームが出ます。
少なくともハイグレードレンズまではマイクロフォーサーズに置き換わっていくと考えて良さそうです。
フォーサーズユーザーは、ちょっと今後のことを考えた方が良いかもしれませんね・・・。

私はどうしましょうか・・・?
もしE-M1買うなら大きさ的にもマッチする12-40mmも欲しいですし、でもそれを考えると12-60mmも50mmMacroもマイクロに置き換えちゃえばいいんじゃ・・・って感じですよね。
仮に同等の画質だったとして、12-40mmを使わずにわざわざアダプター通して12-60mmを使う意味って、なんなんでしょう・・・?無駄な空洞(←アダプター)と大きさを受け入れてまで12-40mmを拒む理由って、お金以外に何かあります?
これでただの筒のアダプター片手に『E-M1はフォーサーズのフラッグシップも兼ねてますよ♪』なんて笑顔で言われた日には・・・なんかすっきりしないと思うのですが。
今回の12-40mmとE-M1を見て、そんなことを考えちゃいました。





ラベル:E-3 海外編

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。