2013年11月29日

お気に入りで撮る風景(番外編) 〜熾烈極めるNo.2争い〜

Q2249406_s.jpg


VS


Q2249399_s.jpg


そして明日には更に1本、No.2争いに名乗りをあげるかもしれない万能レンズがやってきます・・・!


※撮影データ

OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0
35mm(換算70mm相当) F5.6 ISO100
FL-36Rをリモートコントロール
SILKYPIX DSP5



余談ですが、E-3もなかなか・・・というか想像以上に綺麗に撮れるものですね〜・・・。
久しぶりに使ってみて思い出す良さ。



タグ:E-3
posted by PIN@E-500 at 22:25| Comment(0) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

続ハワイ編 Shine

Q2173658_14s.jpg


OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6
40mm(換算80mm相当) F5.6 ISO100
SILKYPIX DSP5



「ハワイ編」や「京都編」、半自然消滅状態にしてしまっていましたね・・・(苦笑)

E-M5を使うようになってから、白とび黒つぶれの無い写真ばかり仕上げるようになってしまって、ときどき写真なのかCGなのか分からないようなものが出来上がってしまうことがあります。
目指す写真の仕上がりじゃないなぁ・・・と悩みながら結構試行錯誤することがあるんですけどね、写っている色を飛ばしてしまうのって、結構勇気いりませんか?
今回の写真とか、続ハワイ編の初回の夕景とかの写真を見ていると、飛ばすも潰すも悪いことじゃない、寧ろ上手く使っていかないとなぁ・・・と考えさせられますね。



さて、どうでもいい話になりますが、ここ一年くらい、しばしば思っていることがあります。

それは・・・『フォーサーズシステムのボディが欲しい・・・』!!

E-3はお気に入りなのですが、如何せん重いし画質も古さを感じるようになって来ました。なんとも贅沢な話・・・。

どちらかだけでも解消したいなと思って色々考えているのですが、やっぱりどれも中途半端なんですよね。

E-7出ないかなぁ・・・。という妄想に最後は帰結するのですが、妥当なところとしてはE-30かE-420のどちらかかなぁ?と考えています。

E-420は安い・可愛い・昔使ってたので慣れている、ということで手堅いですが、今更わざわざ買うほどのものか?という悩みがあり・・・。
E-30はE-3と同じような感覚で使える中級機ってことで、いろいろな状況で楽しめそうかなぁと。バッテリーも同じですし。でも大きさ、E-3と大差ないんですよね・・・。

となると・・・軽量で万能なE-520やE-620って手もありか・・・?
等々、結局いつも決まらないわけです(苦笑)

でもせっかくの趣味機(もはやメインはマイクロフォーサーズですから)、もし買うのであればマイクロでは味わえない個性的な一眼レフが一番かもしれませんね。
・・・で、それってどれ?



タグ:海外編 E-3

2013年11月15日

お気に入りNo.6で撮る風景 〜M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6〜

M5265561_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F4.5 ISO200
SILKYPIX DSP5



お気に入りシリーズ第4回目はこの『M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6』をピックアップします。

「No.6!?低い!!」と感じた方もいらっしゃるかと思いますが、単純に、よく使うレンズほど上になりやすいので・・・。最初に書きましたが、現在手持ちのマイクロフォーサーズレンズ8本は全て気に入っていますし、No.6のこのレンズまでは優れたレンズ群だと感じています。
あとは、「信頼できるレンズ」とかでしたら、このレンズは確実に上位に食い込むでしょう。間違いなく優秀なレンズです。

というのも・・・

1:超広角ズームとして想像を超える程の小型。
今でこそ、各社ミラーレス用の超広角を小型にして攻めてきていますが、小型化の流れを作ったのはこのレンズです。
超広角は街中や室内で持ち味を発揮しますが、小型というのはそういったごみごみした場所で非常に有利。
邪魔にならないし、威圧感を与えない。これは素晴らしいメリットです。
もちろん、今回の写真のようなフィールドでも、小型というのは有難いものですよ!

2:しっかりくっきり高画質。
開放からばっちり使えます。線のしっかりした、安定感ある描写です。
逆光にも大変強く、私の使用経験ではどんな状況下でも問題なく使えています。太陽はもちろんですが、夜景が綺麗に写るのも魅力的。
ただし収差に関して、色ずれは4隅で見られますし、わん曲は9mmでそこそこ気になります。

3:ただし、暗い。
小型軽量高画質の対価でしょうが、開放F値が暗いです。
9mmでF4.0は別に気にならないのですが、準標準画角の18mmでF5.6というのは、あまり使う機会がないですね・・・。表現が限られてしまいますから。
私はほぼ9mm専用、ときどき11mm・14mm等、稀に18mm、という感じで使用しています。


とにかくこの大きさで超広角が使えてしまうのが素晴らしい!
しかも、小さいだけでなく安定した高画質なのですから、まとめの評価としてはケチつけようはずもありません。
マイクロフォーサーズユーザーで本格的な超広角を考えているのであれば、大いに推奨出来るレンズだと思います。この9-18mmがあるからマイクロフォーサーズを導入したと言われても、納得できてしまうくらいに。
少なくとも私は、このレンズを使っている間は「マイクロフォーサーズでよかった・・・」と感じています。

ただ、欲をいえば、9-14mmで良いから小型軽量を維持したままF4.0通しとかというのであれば、更に面白かったのではないかなぁ・・・と思います。
たぶんこのレンズ、ほぼ9mm単焦点としてしか使ってない人、結構いるんじゃないでしょうか・・・?



2013年11月11日

お気に入りNo.3〜No.5で撮る風景 〜M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8〜

MA300284_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



シリーズ第三回目は『M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8』です。

前回とは異なり今回のレンズは私が敢えて書くまでもないでしょう。
でもそれじゃあブログにならないので一応・・・。

はっきり言って、「え?このレンズに何か悪いところあるの・・・?」って聞きたくなるくらい、良いレンズです。
端的にいえば「単焦点レンズの良さを凝縮した1本」です。

1:美しい描写。
単焦点といえばやはり優れた描写力!
高い解像力だけでなく美しいボケ味、優しい描写。文句なしに絞り開放からガンガン使えます。
以前線香花火の写真をアップしましたが、逆光にもそこそこ強いです。

2:明るい開放F値。
単焦点の魅力は明るさに有り!
一般的に高級ズームレンズの開放F値はF2.8ですが、このレンズはF1.8。
単焦点ならではの大きなボケを活かした作品を楽しめます。

3:小型軽量。
高々116gで素晴らしい描写力が手に入るだなんて、信じられませんよね!

4:安価。
2万円台前半で買えちゃうんですよ・・・。


「単焦点レンズは(同等クラスのズームレンズに比べて)明るく高画質・小型軽量・比較的安価」というのが一般的です。
このM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8はどれも犠牲にすることなく、単焦点の3大特徴をより鮮明に凝縮して体現しています。

欠点・・・敢えて挙げるとすれば、最短撮影距離が50cmってところでしょうか。
ただ、このレンズが特別劣っているわけではありませんから、これを欠点だとは言えないでしょうね。


評判に違わず、欠点らしい欠点のない、優良なレンズでした。

・・・やはり、あまり書くことなかったですね(苦笑)



posted by PIN@E-500 at 23:38| Comment(2) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

お気に入りNo.3〜No.5で撮る風景 〜LUMIX G 14mm F2.5〜

MA279859_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G 14mm F2.5
14mm(換算28mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



更新が滞っていた所為で写真が溜まっております・・・。

連載(?)2回目は『LUMIX G 14mm F2.5』です。


このレンズに関していえば、正直評価の分かれるところかと思います。

その理由はなんといっても「ぶっちゃけ写りがふつー・・・」な点かと・・・(苦笑)

「単焦点レンズの魅力は?」と聞かれたら、多くの人は「描写力!」あるいは「明るさ!」と答えるでしょう。
このレンズに関していえば、それらを期待して購入すれば「な、なんか期待はずれ・・・」となるのは目に見えています。
最初についてくるキットのズームレンズに毛が生えた程度の描写力だと思ってもらってもそんなに間違ってはいないと思いますよ。描写に関しては特に感動も何もありません。

それでも、このレンズがNo.3〜No.5(正直にいえば現時点でNo.3と言い切っても良いくらい)に入るわけは、やはりこの14mm F2.5も他のレンズでは代えがきかない魅力を持っているからです。

1:薄い・小さい・軽い。
文句のつけようがありません。これこそがこのレンズの存在意義だといって良いでしょう。
これを欲する人にとっては、まさにベストチョイスなレンズです。

2:速い・正確。
小さいレンズは概ねAF関係が弱いことが多いのですが、このレンズのAFには文句なしです。
とっさのスナップにもよく反応してくれます。携帯性と相まってチャンスに強いレンズだと言えるでしょう。

3:優れた最短撮影能力。
最短撮影距離0.18mにして、最大撮影倍率0.1倍。
広角マクロ的に寄れる使い勝手の良さが光ります。
どうです?今回の柿の写真。

4:素直で癖の無い描写。
「描写に関しては特に感動も何もない」と書きましたが、これといって不満も無く、無難に素直に収めてくれます。敢えていえば、少々繊細さに欠ける気もしますが・・・。
逆光には強く、ボケが素直で安心できます。
あとは、案外陰影の描写は得意かもしれません。ハイライト部分は微妙。


最高の描写じゃなくても良いじゃないですか。
持ち歩かなければ写真は撮れません。
写真を撮りたい瞬間は、気合いの入ってるときばかりだとは限りません。

必要十分な描写力と優れたAF機能を「このサイズに」詰め込んだ、抜群の携帯性が魅力な一本です。




posted by PIN@E-500 at 10:49| Comment(8) | 広角レンズ LUMIX G 14mm F2.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お気に入りNo.1で撮る風景 〜LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8〜

MA300121_1_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



マイクロフォーサーズレンズに関していえば、私は9本のレンズを使ってきました。
そのうち8本は良いレンズで、現在も手元に残し続けてあります。
(ちなにみ本題とは外れますが・・・許容できなかった1本はオリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3です。)

8本どれもが良いレンズなので、No.1を決めるのは難しいのですが、やはり私にとってのNo.1レンズはこれでしょう!

LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8』です。

いいところを上げれば限が無いのですが、一言でいえば「使用を前提としたバランスの良さ」でしょうか。

1:まず第一に、どこにでも持っていける点。
重さ360g・長さ100mmを切る携帯性の良さなので、どこへでも持っていけます。
街中で使ってもそんなに怪しくない!(たぶん・・・)

2:開放F値の明るさ。
F2.8なので昼夜問わずにどんな条件下でも使い込めます。
迷ったらこれをつければ安心のハイスピード・ズームレンズです。

3:ズームレンズ&使いやすいズーム範囲。
風景・ポートレート・イベント、何でも来いの定番画角を押さえている点。
迷ったらこれをつければ安心の(以下同文・・・)

4:安定した画質。
レンズである以上これは除けないでしょう。
高い解像力・どんな条件でも破綻する部分の無い安定性/均一性・逆光への強さ。
迷ったらこれを(以下同文・・・)


「迷ったらこれをつければ安心の優れたレンズ性能」+「迷っても迷わなくてもどんなときにも持ち出せる携帯性」という点において、唯一無二の望遠レンズであり、「使用を前提としたバランスの良さ」が輝く一本だと大いに評価したいです。


敢えて問題点を挙げるとするなら・・・何度も言ってますが「口径食によるボケの汚さ」でしょう。
逆にそれ以外には一切問題がないといっても良いくらい。
ちなみにボケも毎度必ず汚いわけではないのです。背景に暗い色の線のような被写体が入るととりわけ汚い感じに目立ちますので、それを気をつければ案外滑らかなボケの表現が楽しめるレンズでもあると、フォローしておきますね。


追記・・・
私、このレンズを使っていて「このレンズだったから撮れなかった・・・!!」という悔しい体験は未だにありません(もちろん画角が合う前提でですが)。
そんなレンズはオリンパスのZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD以来です。
故に、私にとってのNo.1なのです。


posted by PIN@E-500 at 01:43| Comment(2) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。