2013年12月18日

京都編 その3

P1090758_s.jpg


LUMIX G1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F4.0 ISO400
SILKYPIX DSP5



パナソニックのG1ですが、重い中わざわざ京都に連れて行って良かったなと何度も思いました。

というのは、現在私の主力機になっているE-M5はチルト液晶ですから、こういった縦構図でのローアングル・ハイアングルのときには全く役に立たないからです。
その点、パナソニックのGシリーズ・GHシリーズはバリアングル液晶なので、どんなシーンでも役立ってくれますから、正直オリンパスにはない大きな魅力だと感じます。

G1については、流石に画質的な窮屈さを感じるようになってきましたが(今回の画像も、明るめに調節したらじわじわと荒れ始め・・・)、それでも慣れ親しんだパナソニックセンサー、なんだかんだで落ち着いた自然な印象を受けます。
最近はまたパナソニックのしっとりした絵作りが恋しくなってきましたよ・・・。

GH3かGX7あたり、メイン機に欲しいなぁ・・・と思う今日この頃でした。





ラベル:京都編 G1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。