2014年02月22日

今後の予定(妄想)

MA302006_s.jpg


↑パナソニックのGH4です。

GH4の公式ページはこちら。

私はミラーレスの中で一番、GH3が気に入っています。
ミラーレスのなかで最も使い易いカメラだと思うからです。握りやすいグリップと操作しやすいボタン・ダイヤル類、背面モニターの考え抜かれた有効機能の数々。

ただ如何せん、内部のスペックが足りません・・・。
はっきりいってスペックは外殻を強化したE-M5。画質も基本能力も同じようでは、高い金額払って買い換えようとは思いません。中途半端にボディを増やすくらいなら、そのお金でレンズを買ったほうが世界が広がるというものです。

しかし今回発表されたGH4は、見事にGH3のネガな部分を潰してきましたね!
私にとっては、「こんなカメラを待っていました!」と言いたくなる様な一品です。
ずっと、リトルE-3が欲しかったんですよ・・・。

ですから、(進化したE-M5には悪いですが)今年の目玉第二段はGH4狙いで行きたいなぁ・・・と妄想しています。

レンズも一休みな感じの今年が狙い目かなと!
(す、既に大物逝ってしまいましたが・・・)


そして、予定通りであれば次のレンズは来年の7-14mm F2.8を狙いにいきますよ〜。

あとは妄想ついでに・・・12-100mm 電動ズーム、解像力重視の100-400mm F4.0-5.6、柔らかいボケの100mm F2.8 Macro、ノクチ2号の67.5mm F1.2とかあれば、欲しいです!



posted by PIN@E-500 at 23:20| Comment(2) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CP+ オリンパスブース

MA302119_sn.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO1000
SILKYPIX DSP5



今更感ありますが・・・せっかくなのでCP+ネタを書きたいと思います。

というわけで、オリンパスユーザーなのでまずはオリンパスから(前回散々パナソニックで書いてしまった気もしますが・・・)。


私がオリンパスブースに向かった理由は主に2つありました。

一つは『E-M1とスタイラス1のミニチュアストラップが欲しかったから』。
無事ゲットできて何よりでした。

そしてもう一つはこれです↓

MA302272_s.jpg

(M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PROで撮影)

開発発表されたM.ZUIKO群のPROシリーズレンズのモックアップを見たかったからです。

特に 7-14mm F2.8 については、大きさがすごく気になっていました。
結論をいえば(写真を見てもらえば分かるでしょうけど)既に発売されている 12-40mm F2.8 にフードを付けた状態と大差ない大きさのようです。

これは非常に嬉しいサプライズでした。
発表時の資料を見て小さそうだとは思っていましたが、スペックを考えると驚異的です。イメージ的には
・最大径×長さ 78mm×110mm
・重さ 425g
くらいじゃないかと想像しているのですが、どうでしょうかね?
なんにせよ、この7-14mmについては今一番楽しみにしているレンズです。パナソニックから対抗馬が出てこなければ(例えば現在の7-14mmに手振れ補正をつけた後継機 LUMIX G X VARIO 7-14mm F4.0 Power O.I.S. など)、価格次第ですが購入したいと思っています。

ちなみに他のPROレンズはなかなかに大きめでしたよ。

40-150mm F2.8に関しては、イメージ的には少し小さい50-200mmSWDといったところでしょうか。
見た感じ750gくらいかと想像しています。
今回の記事で使用しているパナソニックの35-100mm F2.8が360g。小型軽量かズーム範囲かで悩む人結構出るのではないでしょうか?

300mm F4.0 PROはデカかったです。50-200mmSWDよりだいぶ大きく見えました。
1100gくらいあるのではないか・・・?という印象ですが、このスペックで1100gはなかなかに重量級といわざるを得ないでしょう。ですから見た目の印象よりももっと軽いのかな?と淡い期待をしています。
あとはこのレンズ、フード内蔵に見えました。フード取り付け部分が無いのと、先端の色が2色になっているので、コンタックスのレンズようにフードを引っ張り出せるのではないかと。可能なら便利なギミックはどんどん取り入れていって欲しいですね。


4本のPROレンズが揃えば、既に発売されているオリンパスプレミアムシリーズの単焦点や、パナソニックのXレンズ・LEICAレンズなどと合わせて、画質優先でも不足のないレンズラインナップになりそうですね。
2014年度・2015年度中にどれほどのレンズが揃うのか、楽しみです。



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 17:46| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

導入

MA302469_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8
40mm(換算80mm相当) F5.6 ISO1600
SILKYPIX DSP5





タグ:E-M5

2014年02月15日

春の新製品

MA301958_s.jpg


OYLMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
35mm(換算70mm相当) F4.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



CP+、始まりましたね。

実は私、行ってきちゃいました。

いやぁ・・・面白かったです。びっくりしました。

4時間くらいぐるぐる回りましたが、半分はパナソニックブースで過ごした気がします・・・。

今日は雪のためCP+自体がなんと中止だったようですが、明日行かれる方は他行く合間にパナソニックブースもちょくちょく行くと楽しめると思いますよ。
もちろん、カメラをお忘れなく。内蔵フラッシュがなければ、小さいのでも良いのでストロボも持っていったほうが良いです(私は要らないと思ってストロボ持っていかず、悔しい思いをしました。E-M5はフラッシュ内蔵していないので)。


ざっと見た感じですが、新製品で行列が出来るほど人気を集めていたのは2つありました。

富士フィルムのX-T1。
シグマの新・DPシリーズ。

この2つは物凄い行列でしたよ・・・。
私は10分15分待ちが面倒だったので、結局触りませんでした。何もお話できません・・・。


パナソニックブースでは新発売のノクチクロンでモデルさんを撮影できるコーナーがあり、絶対人気だと踏んで一番に駆け込んだのですが・・・待ち時間無しでGX7+ノクチに触りたい放題でした・・・。私がどいても誰も来なかった・・・。
ちなみにパナソニック製カメラであれば、自分のカメラにノクチをつけてモデルさんを撮っていいとパナの人が言っていました(つまりオリンパスE-M5の私は断られたわけです・・・)。私もG1持っていけば、ノクチで撮影したデータを持って帰れたのに!!
というわけで残念ながら、ノクチクロンで撮影したモデルさんの画像は持って帰れませんでしたので、公開出来ません。ごめんなさい・・・(笑)

あとパナソニックでいえば、GH4体験コーナーはなかなかに盛況でした。並ぶほどではないですけどね。
GH4に関しては、ミラーレスの一つの到達点を感じさせる出来だったと思います。レスポンスが良い。
GH3で懸案だったファインダーは改善され、E-M1と同程度な感じ。E-M5よりは間違いなく良いので、通常使用では必要十分でしょう。
AF-Cでの動作も安定していました。歩いている人でしか試せませんでしたが、私のE-M5とは雲泥の差ですね・・・。一眼レフ機のE-3よりも断然良いでしょう。ちなみにレンズは新14-140mmで試し。
他には何気に背面ダイヤルのクリックでの切替(絞り⇔露出補正)機能が消滅していて(GH3で切替できるのが不思議な無駄機能だったわけですが)操作ミスを防ぐ意味で良い変更点だと感じました。
それから、ユーチューブに公開されている4K動画の本物(4Kテレビで再生されていました)も見ましたが、圧巻です。
また動画ばかりが注目されていますが、何より嬉しいのが写真のクオリティについてで、本当に素晴らしいものでした・・・。プロのギャラリーを見た限りでは、色の深みが増しているような印象です。ヴィーナスエンジン、進化しましたね〜。
とにかく、買えるかどうかはともかく、とても楽しみです。


オリンパスブースでは、社員さんと新25mmF1.8&9mmボディキャップ魚眼の話題で盛り上がりました。

新25mm、良いレンズでしたよ・・・。
私はパナの20mmも25mmも両方持っているので、オリの25mmF1.8には全く興味を持てなかったのですが、触って印象がガラッと変わりました。
とにかくAFがめちゃめちゃ速い!!驚きの速さです。
ボケは、E-P5の綺麗な背面液晶で見る限り、特に気になることも無く素直な印象でした。あくまでも背面液晶で見た限りですが・・・。

9mm魚眼は、15mmボディキャップレンズと比べ、見た目が微妙に格好良くなっていました。
魚眼なんでMFでも良いかなぁと思いますし、140度という案外使いやすそうな画角もあって、購入したくなりました。


っと、長々書いてしまいましたが、そのほかにも普段なかなか見ることが出来ないもの等見ることが出来、色々と興味深かったです。
新製品っていうのはいいものですね!



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 22:00| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

NEW PRO 開発発表!

MA301874_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
12mm(換算24mm相当) F9.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



いよいよCP+が始まりますね!

オリンパスには何ら期待していなかったのですが、ラストでドカンとやってくれました!

M.ZUIKO DIGITAL PROシリーズの未発表残り2本のモックアップとスペックが公開されたのです!

これです。

写真好きにド直球のスペックですね(7-14mm F2.8 と 300mm F4.0 です)。

これで、F2.8で7mm〜150mmまで揃い、足りない人には300mmF4.0でというラインナップが漸く明らかになりました。

個人的には今回の「ド直球」なスペックを非常に嬉しく思います。
というのは、オリンパスが『マイクロフォーサーズに本気なんだぞ』という意思表示をしたと捉えることができるからです。

PROシリーズで「パナ危うし!!」というようなレンズを次々に繰り出してくるオリンパスが頼もしく見えますね!


ところで私は7-14mm F2.8が欲しいのですが・・・2015年は遠いですね〜。
まあ、今年は既に予算がカツカツですから、気長に待ちましょう・・・。
え?なんでカツカツかですって・・・?
それはもちろん・・・もうすぐ発売の『アレ』が来るからですよ・・・(残念ながら発売日には間に合いませんが)。



タグ:E-M5

2014年02月09日

雪の翌朝

MA301951_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F4.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



寒いのが嫌なので普段であればこんな日には外には出ないのですが、今日は用事があり出かけることに。
せっかく出るのだからと、E-M5にM.ZD12-40mmとX35-100mmをお供に散歩してきました。

晴れた日の雪景色、まぶしいですね〜。
ちょっと感動したのは、ISOオート設定で撮っていた際に表示が『ISO LOW』となっていた瞬間があったこと。
ISO100相当の新機能、しっかり働いてくれているようで何よりです。
ついでにいえば、AFターゲットはファームアップ以来常にスモール設定にしています。これも非常にありがたい新機能でした。


ところで、E-M1に関して興味深い事実が明らかになったようですね。
なんと、センサーがパナソニック製だったとのこと。
個人的には非常に嬉しく思います。E-3やG1の頃のパナソニックセンサーの写りが好きで、いまだにソニーセンサーのE-M5には違和感を感じることがありますので。なんとなく晴れの日が濁っているような雰囲気になってしまうんですよね(SILKYPIXで頑張ってすっきりさせてようとしているのですが難しい・・・)

GX7をはじめ、最近のパナソニックは長年弱点だったセンサーまでもが勢いがありますね。
この勢いで頑張ってもらいたいです。



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 22:53| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンスター・ミラーレス

M6285979s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6
300mm(換算600mm相当) F9.0 ISO400
SILKYPIX DSP5



今回ばかりは想定外といいますか、まさか・・・という感じですが、突然理想のカメラが発表されました。

LUMIX DMC-GH4です。

GH3は非常に好みのカメラですが、最高シャッター速度やバッファメモリーがオリンパスE-M1に比べしょぼいらしいこと、ファインダーの見づらさ、ISO100が無いこと、背面モニターがしょぼいこと、などいくつか物足りない点があり結局買えませんでした。
GH3のがたいのまま、内部を強化したGH5が来年あたりでるかなぁ・・・?と想像していたのですが・・・まさか1年早く来るとは!

上記の不満が解決されていそうなことと、もともと強かったAF関係がものすごく強化され更に使いやすそうになってるのが特にポイント高いですね!4K動画も含め、まさに全部入り・・・!
実機を触るのが楽しみです。

新機能では、空間認識技術によるAF能力のアップがどれほどのものか、気になりますね!
もともとコントラスト式AFの中ではずば抜けて追尾性能の良かったパナソニックのことですから、期待しています。



タグ:E-M5 昆虫

2014年02月02日

情緒

M3294715_04s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO1600
SILKYPIX DSP5



以前アップした写真の別バージョンです。

私がパナソニック製レンズを気に入っている大きな理由の一つが『その場の雰囲気を写すことに優れている』と感じるからです。
自分が見た景色がいつまでも色あせずに残せる、情緒豊かな美しい写真に仕上がるからです。

特にその傾向が強いと感じるレンズが、私の使っているものではこの35-100mm F2.8と、25mm F1.4ですね。

他に、ネット上の作品などを見て同類だと感じるレンズは12-35mm F2.8、それから今度出るNOCTICRON 42.5mm F1.2もどうやら良い雰囲気に仕上がりそうな気配を感じます・・・。
パナソニックの高級レンズはどれも機械的な測定結果は完璧ではありませんが、実写では素晴らしい作品が仕上がります。実写での雰囲気重視の設計なのでしょう。75mm F1.8に代表されるように、測定の数字的にも完璧なレンズを目指すオリンパスとは違うので、どちらのメーカーをより好むのかは意見が分かれるところかもしれません。

パナソニックレンズのファンとしては、NOCTICRON、楽しみですね・・・。
早く触りたいですね・・・。




タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:43| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都編 その7

M9199086_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F11.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



京都編です。ここは鞍馬山。

京都旅行へ行くにあたり、せっかく自由に写真を撮りに行くのだから、超メジャーなところばかりを回るのではなく、あまり行けないところへ行ってみようかと思い、今回は鞍馬・貴船に1日使いました。
鞍馬山は人が少なく、趣があり撮影が楽しい場所で、京都へ行くならまた必ず行きたいですね。

ちなみに、4日間いたのですが、
1日目:清水周辺
2日目:金閣・龍安寺方面
3日目:鞍馬・貴船
4日目:伏見稲荷
と過ごしましたが、3日目以外は人が多くて大変でした。


京都へ行くにあたり、レンズ選びで悩んだのが「標準ズームをどうするか?」でした。

結果的にはZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0を持ち出しましたが、やはりAFが利かないという点が不便ではありましたね。
結局マイクロフォーサーズ用の9-18mm、20mm、35-100mmを中心に使い分けて撮ることが多かったです。

9-18mmはとりわけ標準の代わりとしても便利でした。
ハワイでも大活躍でしたが、本当に旅行での作品撮りに強いレンズです。



タグ:京都編 E-M5

2014年02月01日

京都編 その6

M9199067_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



E-M5、ついにファームアップされましたね!!

今までのE-M5、今回の写真のような状況ではいつも苦戦させられました・・・。

葉っぱにピントを合わせようとしても、AFターゲットのサイズが大きすぎるため、周りの石にピントが合ってしまうんですよ・・・。裏技の拡大枠AFですら、私には大きすぎました。

ですから、いつもE-M5使用時には「オリンパス・・・ピント合わせを舐めてんのか・・・」とちょっとした怒りを覚えながら使ってきたわけです・・・。
だってパナソニックはミラーレス初号機のG1でさえ、スモールAFターゲット枠が使えるんですよ?なんでオリンパスのミラーレス8号機くらいのE-M5で使えないの・・・?オリンパスの中の人はシビアなピント合わせはしない人たちなの?それともMF専門なの!?って思いませんか?

が!!

1月29日、ついに・・・ついにこのE-M5最大最悪の欠点が改善されたのです!!

1月29日:E-M5の最新ファームウェアVer.2
1:スモールAFターゲットの追加
2:ISO100相当のISO LOW機能を追加


もうこの2点だけで、あと2年間は心穏やかに過ごせそうです・・・。

オリンパス、よくやってくれました・・・。感謝。

これで大口径レンズが心置きなく使えます。

シビアなピント合わせも、ISO100も、大口径でこそ活きる機能ですからね!




タグ:京都編 E-M5
posted by PIN@E-500 at 19:41| Comment(0) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。