2014年02月01日

京都編 その6

M9199067_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



E-M5、ついにファームアップされましたね!!

今までのE-M5、今回の写真のような状況ではいつも苦戦させられました・・・。

葉っぱにピントを合わせようとしても、AFターゲットのサイズが大きすぎるため、周りの石にピントが合ってしまうんですよ・・・。裏技の拡大枠AFですら、私には大きすぎました。

ですから、いつもE-M5使用時には「オリンパス・・・ピント合わせを舐めてんのか・・・」とちょっとした怒りを覚えながら使ってきたわけです・・・。
だってパナソニックはミラーレス初号機のG1でさえ、スモールAFターゲット枠が使えるんですよ?なんでオリンパスのミラーレス8号機くらいのE-M5で使えないの・・・?オリンパスの中の人はシビアなピント合わせはしない人たちなの?それともMF専門なの!?って思いませんか?

が!!

1月29日、ついに・・・ついにこのE-M5最大最悪の欠点が改善されたのです!!

1月29日:E-M5の最新ファームウェアVer.2
1:スモールAFターゲットの追加
2:ISO100相当のISO LOW機能を追加


もうこの2点だけで、あと2年間は心穏やかに過ごせそうです・・・。

オリンパス、よくやってくれました・・・。感謝。

これで大口径レンズが心置きなく使えます。

シビアなピント合わせも、ISO100も、大口径でこそ活きる機能ですからね!






ラベル:京都編 E-M5
posted by PIN@E-500 at 19:41| Comment(0) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。