2014年04月30日

150mmF2.0に匹敵する超高画質

MA303287_05_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



やはり150mmF2.0のに匹敵することを売りにするだけのことはあります。

発売前のサンプルの時から感じていますが、この75mmは透明度がすごいですよね。

肉眼で見るよりもクリアな印象の写りをするレンズで、高い解像力と合わせてこれこそまさに150mmF2.0の特性そのものだと思います。




MA303365_07_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



「フルサイズなんていらない」かどうかはともかく、マイクロフォーサーズでも背景がとろけるようなボケを活かした写真が撮れ、しかも開放からこの超高画質。
とんでもなくバーゲンプライスなレンズだと感じました。



ラベル:E-M5

2014年04月29日

M.ZUIKO伝説の始まり

MA303382_11_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F2.2 ISO100
SILKYPIX DSP5



なるほど、フォーサーズレンズのSHGレンズに匹敵するでしょう。

それがこのサイズで、です。
※全長69mmの重量305g。

「もっと早く買っておくべきだった・・・。」
「もう、フルサイズなんていらない・・・。」

それがこのレンズを使っての、ファーストインプレッションとなりました。


続く・・・。



ラベル:E-M5

2014年04月28日

はるうらら

MA303178_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
ND8
SILKYPIX DSP5



良い季節になりましたね〜。

機材は続投決定のE-M5と、超大口径のノクチクロン。
F1.2ともなると仮に1/8000秒が使えても足りないでしょう。というわけでマルミのND8を用意しました。
同時に58mm径も買っておくべきだったなぁ・・・。


この季節、写真を撮るのも、こんな風にのんびり過ごすのも、どっちも最高ですね。



ラベル:E-M5

2014年04月27日

新機材の正体は・・・

なにをポチってしまったのかと言いますと・・・


XZ263002s.jpg


OLYMPUS STYLUS XZ-2
19.9mm(換算93mm相当) F3.2 ISO200
JPEG



・・・もはやカメラボディではありませんでした(苦笑)


実は直前まではE-M1を買う気満々だったのですが、なんだかE-M5が勿体なく感じてしまって。

ネットでの上手い人の写真なんかを見ていて感じたのは、E-M5って結構な贅沢機なんですよね。

もっと使い込む余地はあるかなと思って、今回はE-M1は思いとどまりました。


で、75mmですが・・・

ボディを思いとどまった反動で買ってしまったとはいえ、予定外にこれを購入してしまったのは、7割が当ブログとリンクしていただいているHiroさんのせい(E-M1+75mmで撮った動物の写真が綺麗すぎます・・・)、2割が有名なマレーシアのRobinさんのせい、残り1割がキラキラと輝く前玉のせい、です!

責任を取ってもらわねば・・・(^^;




t
ラベル:XZ-2
posted by PIN@E-500 at 23:58| Comment(2) | レンズ一体型 OLYMPUS STYLUS XZ-2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

ぽちってしまった・・・

MA303140_03_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
SILKYPIX DSP5



F1.2といっても42.5mmですから、ボケ量に対する過度の期待は禁物ですね。



ところで写真とは何にも関係ありませんが・・・

最近はメインボディを買い換えるかずっと悩んでいました。

悩みすぎた結果、正気に戻った時には時遅し。なにかを注文してしまっていたようです・・・。

おそらく明日届きます・・・(^^;



ラベル:E-M5

2014年04月20日

新緑の季節

MA303132_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
SILKYPIX DSP5



曇りの日なら良いのですが、これから夏に向けて最高シャッター速度が気になる日が多くなりそうです・・・。

一応67mm径のND8を用意しましたが・・・やはり1/8000秒が使えるカメラが欲しいですね。


ラベル:E-M5

2014年04月18日

XZ-2復活

XZ142981s.jpg


OLYMPUS STYLUS XZ-2
6mm(換算28mm相当) F1.8 ISO100 内蔵ND(ND8相当)
ドラマチックトーンU



XZ-2、無事一週間で帰ってきました。
偶然無料の保険にも入っていたので、修理費もほぼかからずに済みそうで、今回は不幸中の幸いでした。

それにしても、XZ-2は良いカメラです。
こんなに満足度の高いカメラはE-3以来で、毎日持ち歩いています。

安くなって、気が付いたら価格コムで売れ筋1位になっていましたね。
このカメラの操作性の良さは格別ですから、前々からもっと売れてもいいカメラだと思っていました。
ところでオリンパスは何故この操作性を保った小型ミラーレスを作らないのか、本当に謎に思います・・・。



ラベル:XZ-2
posted by PIN@E-500 at 22:04| Comment(2) | レンズ一体型 OLYMPUS STYLUS XZ-2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

京都編 その8 伏見稲荷

M9209455_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



今更感ある京都編です。


今回は、日本一大きいらしいお稲荷様である、伏見稲荷大社です。
大鳥居は本当におっきいです!

ところでこの神社がまた・・・見えてる部分はほんのごくごく一部・・・。
ちょっと最後までみていこか〜?なんて思おうものなら、半日はあっという間のハイキングコースですよ。
私は半日かけて山中をぐるっと一周しましたが、結局回りきれなかった分かれ道がいくつかありましたので、ちょっと一回行っただけでは全部は無理でしょうかね・・・。

それだけ奥が深い、楽しめる場所だと思います。
写真好きにはたまりません。



M9209485_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



有名な場所。千本鳥居へ向かう道です。

9-18mmは逆光に恐ろしく強いレンズですから、太陽を入れても安心です。




ラベル:京都編 E-M5

2014年04月08日

CP+ パナソニックブース ミラーレス4K時代

MA302215rawsn.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO3200
OLYMPUS Viewer 3



基本的にはSILKYPIXで現像していますが、どうしても納得いかない場合には純正のViewer2(今では3)を使ったりもします。
正直に言えば、毎回RAWからいじる必要なんて無いのかもしれませんけど、現像も楽しいのでついついいじってしまうんですよね。



さて、2月のCP+も過ぎ去り、現在はNAB2014というイベントが行われているようですね。
CP+で注目されたパナソニックのGH4は、ミラーレスカメラ初の4K動画撮影機能が注目されました。

そこで黙っていないのがライバル(?)のソニー。
NAB2014では4K動画撮影機能を搭載したフルサイズミラーレスカメラ『α7S』なるカメラを発表してきました。
このカメラ、ちょっと驚きなのが撮影可能な高感度の値が尋常ではないこと・・・。
なんとISO409600というトンデモナイ設定が可能なようです・・・!

私の今回の写真はISO3200。
一昔前のフォーサーズセンサーでは夢の値でした。
先日仕事でE-M5を使うことがあったのですが、非常に厳しい条件でしたので、初めて最高ISO10000まで使用しました。
それでも色のりが悪くなかったため、小さいサイズでなら十分使用可能な写真が撮れたと思っています。ビックリですね。

ISO10000でももはや私の常識外、夢のまた夢だったのです。ISO400000という世界がどんな暗闇を写し出せるのか、ちょっと興味ありますね!


・・・と、脱線して4Kについてすっかり書き忘れました。

今回はこのα7Sだけでなく、ブラックマジックとJVCケンウッド(ビクター?)がそれぞれマイクロフォーサーズマウントを採用した4Kビデオカメラを発表しています。

スチル写真用として始まったミラーレスマウントの乱立時代ですが、動画の世界でも4K時代を見据えて熱くなってきましたね!
動画はやらない私ですが、GH4やα7Sのように4Kを取り入れての開発で写真画質もより良くなるのでしたら、動画戦争も歓迎です。



ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:12| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

お稲荷様

MA302916_04_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F4.0 ISO250
SILKYPIX DSP5



の、お遣いさんたちでしゅ。

・・・。分かる人だけくすっとしてください・・・(泣)




私がノクチクロンを使い始めて最も驚かされたのは、そのボケ量でもボケ味でもなく、ただひたすらに『圧倒的な』というべき解像力でした。

開放F1.2からバリバリに使えるシャープさというのも常識ハズレの凄いことですが、それで終わりではなく絞れば益々切れ味鋭く変化していきます。
F4.0〜5.6くらいにもなると、背面モニターでも唖然とするほどのずば抜けた精緻さ。
ノクチクロンを使ってみて『高いだけのことはある・・・』と感じた点は、ここにありました。




ところで私、初めて訪れたときからこの稲荷神社が好きで、本当にたま〜にですけど写真を撮りに出没します。神社自体は小さいですが、穏やかな雰囲気が良い感じです。

お仲間の日本一大きなお稲荷さんには一度しか行ったことがありませんが、あれは本当に『山』でした。
入ってすぐの千本鳥居で帰ってしまう人多いみたいですが、一日かけて山中じっくり回るのも良いものですよ。



ラベル:E-M5

2014年04月06日

春の気配

MA302963_24_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
SILKYPIX DSP5



漸く暖かくなってきましたね。

楽しい季節ももうすぐです。



ラベル:E-M5

雨中の桜

MA302990_08_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F3.5 ISO200
SILKYPIX DSP5



今年の桜は雨の中での撮影となりました。

本当はノクチクロン中心で撮るつもりだったのですが、雨だったので35-100mmを選択。

マイクロフォーサーズシステムも、防塵防滴ボディが3シリーズ、防塵防滴レンズが5本(標準3・望遠1・マクロ1)となり、屋外での撮影も最低限安心して楽しめるレベルにはなってきましたね。



MA303006_18_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F5.6 ISO400
SILKYPIX DSP5



雨は雨で風情があって良いものですが、青空の中で撮りたかったですね。



MA303017_23_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F3.5 ISO200
SILKYPIX DSP5





ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:36| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。