2014年07月07日

一番おいしい絞り

MA304692_04_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
25mm(換算50mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



半年以上使い込んで漸く、このチビズミと仲良くなれてきました。

一つは25mmの画角(画角47度)に馴染んできたことがあるのでしょう。
それとはまた別に、このレンズの特徴を漸く理解できたことも大きいと思います。それは、絞りによる表現の変化がある、ということです。


F1.4は幻想的で美しく

F2.8は生々しく活き活きと

F4.0〜はビシッと隙がなく


私にはF2.8がとても良くあっているようです。

自分に合った『一番おいしい絞り』を探すことができるレンズ。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4は、そんな楽しいレンズでした。





ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 22:36| Comment(2) | 標準レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫陽花

MA304665_02_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6
300mm(換算600mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



「売られてしまったか?」説も流れそうになるほど長い期間アップしてこなかった、100-300mm F4.0-5.6です。

ときどき持ち出してはいるのですが・・・なかなかこれで撮るような被写体がありません。

久しぶりに使うとなかなか難しいですね。

E-M5の強力な手振れ補正でさえも撮影時にぐらつきますし、撮影してみると僅かなピンずれがありますし。

ですが超望遠の世界はうまく撮れれば楽しいですね。肉眼では見えない世界ですから。

次期メインボディは動体も行けるカメラにするつもりなので、このレンズにはまたいずれ活躍してもらいましょう。



ラベル:E-M5

お気に入り

MA304381_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



使用頻度が激減している35-100mm F2.8です。

完全に42.5mm F1.2と75mm F1.8に食われてしまっていますが、私はこの35-100mmが今でもマイクロフォーサーズの中で一番のお気に入りだったりします。

お気に入りのレンズで撮るお気に入りの場所というのは、あたたかくていいものです。



ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 21:49| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。