2014年09月06日

もっと広角を・・・

P1110751_10_s.jpg


Panasonic LUMIX DMC-GH4 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



次に買うレンズは超広角と決めています。
と言いながら14-140mmまで手に入れてしまいましたが。
次こそは、たぶん・・・。

ちょっと撮りたいものがあり、超広角を買いたいのですが、魚眼も良いなと思ったり。
サムヤンの7.5mm F3.5は3万円程度。魚眼としては破格で、画質も良いらしいです。

ただ、来年発売予定のM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROは、どうやら超が付くほど高価らしい・・・。
パナソニックから手振れ補正付きの7-14mmでも出ない限り、このレンズは逃したくないので、そうなると少しでも貯金しなくては・・・というのが現状です(仮にパナから手振れ補正付きF4.0が出たとしても、やはり結構高価でしょうし)。
なんせこの1年間でレンズだけでも5本増えましたから・・・、もう寄り道は許されません・・・(苦笑)





ラベル:GH4

標準の女王

MA304679_02_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
25mm(換算50mm相当) F1.4 ISO200
SILKYPIX DSP5



地味ながらも買って良かったと言える、比較的安価で高性能なレンズ。
それがこのSUMMILUX 25mm F1.4(愛称:チビズミ)です。

どうでもいいことですが・・・
安価と書きましたが、4万円台前半。
ズームの出来ないレンズに4万円を超える支出というのは、一般的には厳しいものでしょうが・・・我々カメラファンにしてみれば割と安価なレンズに分類されるのです・・・。

このレンズを買って以降、20mmF1.7の出番が減るばかり。
良くも悪くもキリッとしか撮れない20mmF1.7と比べると、この25mmはふんわりもキリッとも両方いけます。
ボケも滑らかで綺麗。
この表現力の豊かさこそが、標準レンズの最上位としての格の違い、というとこなのでしょうね。



ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 00:57| Comment(2) | 標準レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。