2009年04月06日

ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 大口径の功罪?@

P3193212s.jpg


第2回はZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0です。
私がこのレンズを買ったのは2008年12月なので、まだまだ使いこなしたとは言えないでしょうが、第一回目の評価を行いたいと思います。

フォ−サーズマウントの望遠単焦点レンズ。換算300mm相当の画角でF2.0、重量約1.5kg・フィルター径82mmの大物です。

私の評価・満足度(5段階評価):4点!


興味のある人は読んでください。ただの文章だけですので。
描写力は「神レンズ」と呼ばれる50mmMacroを上回ります。テレコン等使わずに単体で使えば、開放からガンガン使えますし、描写に不満が出ることはまず無いでしょう。本当に、素晴らしい!の一言です。
その代わり、ピントあわせも非常にシビアなのでなかなか厳しいですけどね。ピントがずれてればすぐにばれます・・・。

AF速度については、50-200mmSWDの最速には劣ります(2週間ほど知り合いの方にお借りしたことがあります)。
ですが、150mmの方が迷いが少なく、フォーカスレンジの切り替えスイッチも付いているため結果的にはAF速度でも不満に思うことはあまり無いと思います。さらに、EC−14やEC−20を付けてもAFが遅くなったりはしません。50-200mmSWDの方は、EC−20を付けると遅くて遅くて・・・。

描写良し、AF良し、じゃあ何故4点なんだ!と言われそうですが・・・、1番の原因はとにかく大きすぎるんです!

換算300mm相当のF2と考えればとても小さくて素晴らしい機動性ですが、実際は150mmですよね。ソニーの135mmF1.8なんかを見ていると、もう少し小さく出来なかったのかなぁ?と思うことがあるんです。あるいはこの大きさで200mmF2には出来なかったのかな?とか。
山なんかでは大きくても気にならないのですが(重さは気になります)、公園なんかでは目立ちすぎて気が引けてしまって・・・。昭和記念公園でこの致命的な欠点(?)に気が付きました。

そういうわけで、小さい望遠を手に入れようかと思案中です。70-300mmは・・・、現在リストラの最有力候補です。解像力が悪いからです。150mmを使ってしまうともう70-300mmには戻れません。それに、言うほど小さくないですから。
小ささという観点から、最近は40-150mmには興味があります。キットレンズだと舐めていましたが、この間読んだデジタルフォト誌の「オリンパス望遠ズーム比較」コーナーをみて驚きました。F8まで絞った写真では解像力においては50-200mmや35-100mmと大きな差が無かったからです。ちなみに70-300mmは明らかに悪かったです。散歩用と割り切れば、40-150mmは十分満足できそうだと思いました。

大分脱線しましたが、もし150mmF2を欲しいと思うのなら、使う場面を良く考えてから買ってくださいね!あくまでこのレンズは弩級の「本気用」です。散歩で使うにはちょっと目立ちすぎますので、サブレンズのキープをお勧めしておきます・・・。

長くなってしまったので以下簡単に、その他の不満な点を。

寄れないこと。EC−14を付ければ換算0.38倍くらいまで寄れるので文句は無いですが、単体では最大撮影倍率が低いのが少し不満ですね。描写とのトレードオフと考えれば仕方ないですが・・・。

焦点距離。これはこのレンズの問題というより、300mmF4とか撮り回しの良い超望遠を出してくれないオリンパスが悪い!と言っておきましょう。テレコンで凌がなければならない150mmが不憫ともいえます(^^;
EC−14装着時の画質は文句無しです。等倍で見ると僅かに収差があるのが分かる程度です。お勧めできますよ。
問題はEC−20装着時です。これは正直ショックでした。単体があまりに素晴らしすぎたので、EC−20装着時にも過剰な期待をかけてしまったことが理由ですが、画質ははっきりと劣化します(といっても並みのレンズよりは素晴らしいのですが)。600mmF4をメインに使おうと思うなら、やめておいた方がいいですよ。

それ以外にも微々たる問題点はあるでしょうが、そういうわけで5点満点中の4点としました。4点とはいっても、気に入っていますよ。

使うシーンをしっかり想定できる人で焦点距離が足りるのでしたら、お勧めできる一品です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。