2009年05月21日

夕暮れ

Q2189817_006s.jpg

E-3 / ZDED12-60mmSWD
12mm(換算24mm相当) F5.6 ISO200
RAW現像・オリンパスマスター2



今回の写真はほぼ撮ってだしに近い写真だったかと思います。少なくともトリミングはしてません。

E-3は、というよりオリンパス機のほとんどは暗部の粘りが素晴らしいです。マイナス補正はガンガンいけます!しかも、新型の最上位AF(E-3・E-30)だとMF出来ないほど暗い場所でもAFが合うくらい凄いので、一般のイメージとは異なるでしょうが実は暗い場所で使い易いカメラなんですよ。強力な手振れ補正もありますしね。
あとは高感度ノイズの問題さえクリアできれば・・・、ですね。これは今どうすれば一番良さそうか実験中です。

はい、またまた話が変わりますが、K-7、日本ではまだですが海外では続々と発表され始めていますね。
E-30と見比べてもかなり小さいようです。本当にE-620並みの大きさ(分厚いですけど)にあのスペックでしっかり作りこんできたのかと思うと驚きです。
次期E一桁機は重くても良いので小さく作りこんで欲しいです。E-3使っていて何が不満かって、持ち運びにかさ張ることが不満なんです。
あ、別にE一桁機じゃなくても、小さめで防塵防滴金属ボディ・見易いファインダーなら例えE四桁機(?)でもOKですので、何とか作って欲しいものです。


ラベル:E-3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。