2009年08月30日

東北編4 光

Q2165028s.jpg


Q2165030s.jpg

E-3 / ZDED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO100
撮影データ共通



2枚目の下のほうの手前の針葉樹、邪魔・・・(^^;


実は今回、東北で困ったことがありました。
E-3・E-420共に12-60mmのAFが、広角側(12〜14mmくらい)で無限遠に合焦せず、いわゆる『だんまり』状態に陥ったのです。遠景の山などを撮影するのにどうしようかとあれこれ試したのですが、なかなかAFしてくれなくて困りました。結局、色々なポイントに試してAFすればそれで撮影、駄目ならMFで撮りましたが・・・(どうせパンフォーカスなので、適当でもピントは合うんです)。
ちなみに、E-420のハイブリットAF(コントラスト式+位相差式AF)では合焦しましたので、一体何が悪かったのやら・・・?6月頃に点検に出したばかりだったので、う〜む・・・という感じです。

実は私の12-60mmSWDは2代目です。初代は7ヶ月ほど使って、突然AFが不能になりました。そして修理を依頼したところ、新品交換。
今回は14ヵ月ほどになるのでしょうか。ただ、発生頻度としては完全にAFしないわけではないですし、ほぼ広角端だけなので、しばらくは様子見しようと思っています。保証も切れていますし。

私は他のレンズでの故障経験が無いので、オリンパスがレンズのSWD化を推し進めないのは、何らかの不安材料があるからなのだろうか、と考えてしまいますね・・・。


ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 20:43| Comment(0) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。