2009年09月30日

香港編 香港島上陸

P9190872s.jpg




P9190883s.jpg




P9190884ss.jpg


E-420 / ZDED12-60mmSWD
1枚目:35mm(換算70mm相当) F5.6 ISO100
2枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
3枚目:24mm(換算48mm相当) F4.0 ISO100



2日目の続きです。
昼食には飲茶(ヤムチャ)を食べに行きました。割と有名な店らしく、現地の人が大勢食べていて店は大賑わいでした。それにしても、本場の飲茶はあれほどおいしいとは・・・!リーズナブルでしたが間違いなく今まで食べた中で最高の中華料理で、大満足でした。
あ、店の名前は忘れました・・・。昨日の写真を撮影した場所の近く(たぶん九龍周辺)にあるお店で、『地球の歩き方』に紹介されている飲茶の専門店です。今回の旅行の中で最高においしかったので、お勧めですよ! (*調べて分かったらここに一応書き込みますね)

さて、その後バスに乗り、フェリー乗り場へ。いざ、香港島へ!
というわけで、今回は香港島の写真です。

向こうのバスって凄いです。3枚目の写真のように、ほとんど全てのが2階建てなんですよ。とにかくデカイですし、しかも運転手がまた好戦的といいますか、腕自慢でもするような運転の人が多くて・・・。香港島裏側の山道に行ったときには軽くジェットコースター気分を味わえました(苦笑) 車酔いなんて何時以来だろう・・・?


*店の名前、分かりました。
九龍周辺にある『倫敦大酒婁』(最後の文字の漢字は木へんが付きます)です。ツバメの巣入りのヤシの実デザートというのが密かに売られているのですが、レアらしいので探してみると良いですよ^^ あとは、海老シュウマイのような食べ物が一押しです!
香港行くときには是非!



ラベル:E-420 海外編
この記事へのコメント
おはようございます。
12-60いいですね。こういう旅行では1本で広角も中望遠もこなせるオールマイティなレンズがいいですよね。

当方も旅行を予定していますが、14-150に加えて広角域に9-18を準備しないと。。。と思ってしまいます。
14-150は望遠域は文句なしでしょうが、もう少し広角が・・・となります。
加えて明るさと、寄れるか?という2点もありますから、それにパンケーキを追加しようかなんて悩むところです。

12-60、、、いいなぁ。
Posted by 暗夜行路 at 2009年10月02日 09:03

暗夜行路さん、こんばんは。

12-60mmの良いところは何と言っても12mm・25mm・35mmと交換無しに行けるところです。広角レンズでは標準の25mm〜が不足してしまいますし、一般的な標準レンズでは〜14mmまでなのでやはり少々窮屈なこともありますよね。

暗夜行路さんはどのような場所にご旅行ですか?私は望遠側も60mmで十分足りたという印象があります。行く場所やボディによっては14-54mm+9-18mmというのもありかと思います。街中以外にも色々・・・ということであれば14-150mmは大いに役に立ちそうですね。

う〜ん、レンズ選びは常に悩ましいですね・・・(^^;


Posted by PIN@E-500 at 2009年10月03日 00:06
こんにちは。
ありがとうございます。
12-60は何といっても、換算24mmから使えるのが圧倒的な魅力ですね。54mmと60mmの差は端数と考えてもよいですが、12mmと14mmの差は大きいです。

ところで旅行ですが、イタリアを予定しています、一週間強行くのですが、建物系が多いので広い画角が欲しいというところで、9-18は外せない。
あとは望遠をどれぐらい使うかですね。
ボディの買い増しをしない場合はE-410の可能性があるのでその点も含めて14-150かなぁと。(テレマクロ的にも使えますしね。)

でも寄れないので、パンケーキか50mmマクロのどちらかを追加ですね。

思い切って、ボディE-3、14-35、50-200、5020、9-18って、これじゃ撮影旅行ですね(^^;
Posted by 暗夜行路 at 2009年10月03日 15:01
暗夜行路さん

イタリアですか!!素敵なところに行くのですね^^羨ましいです。私、映画の『ローマの休日』が好きなんですよ〜。暗夜行路さんお土産の写真が今から楽しみです^^

確かに、建物なら広角が欲しいですね。9-18mmはわん曲収差も少ないようですから、大活躍してくれそうですし。特に建物内(教会や歴史的建築物)で役に立ちそうな気がします。

E-410なら14-150mmが相性良いでしょうね。やはり手振れ補正の安心感は大きいですよね。

ところで、街中の撮影だと白飛びが気になるかもしれません・・・。今回の写真の2枚目・3枚目も飛んでしまっていますが、どうしても建物を見やすい明るさにしようとすると、ハイライト側が厳しいんですよね・・・。特に香港では建物が高く街中は日陰となって暗かったため、建物と空の両立に苦しみました(苦笑) 私は結局家でほとんどの写真のトーンカーブを弄る羽目になりましたので、もしE-410を使う場合にはRAWでちょっと暗めに撮影したほうが良いかもしれません。
E-620はハイライトが凄いらしいので、ちょっと羨ましかったです(^^; 富士の新型センサー、早く来ないかなぁ・・・。

あと、もう一つ老婆心ながら、イタリアでは電車の中で寝ているだけでスラれるという話を聞きます・・・。大きなカメラを持っているとどうしても人目につきますので、くれぐれも貴重品・機材にはお気をつけくださいm(__)m

Posted by PIN@E-500 at 2009年10月03日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。