2009年10月03日

ベトナム編 番外編 交流

P1000315s.jpg

ホーチミンから電車で。


P1000327s.jpg

世界の車掌(!)から。この写真見せたらご本人爆笑してくれました^^


P1000334s.jpg

ベトナムの帽子。


P1000348tos.jpg


LUMIX DMC-FX100


ではでは、香港編からちょっと脱線して、ベトナム編で続きを語りましょう。
去年の9月のところに3回分、ベトナム編がありますが、途中で終わってしまいました。理由は、考えがまとまらずにちょっと書きにくかったことがあったからなのですが、このまま中途半端なのも嫌ですから、今回で締めということで。


去年、ベトナムではホーチミンからちょっと離れた町にも電車で行ったのですが、電車の中でも、町の中でも色々話しかけられました。

そんななかで特に思い出深いのは2つあります。
以下、私と話している相手の人は基本的に現地語(ベトナム語)+身振り手振りで話してきているということを最初に言っておきますね。

1つ目は、帽子を買うために奔走したときのことです。
そうです、上の写真にもある、「あの帽子」です(^^; ベトナム土産には最適だと思いませんか・・・?
とにかく、ホーチミンから離れたこの町で帽子を買おうと探したのですが、観光地ではないため店がない!仕方無しに近くの雑貨屋で聞いてみましたよ、「あの帽子はどこで買えますか?」とね。
簡潔に書きますと、お店のおばさんは英語も日本語も分からないからと電話で娘を呼んでくれて、話が通じた後には私に向かって「お前、娘のバイクの後ろに乗りなさい!」と言ってきたんです(^^; 
(正直ちょっと迷ったのですが乗ることにして)それから娘さんがバイクでちょっと離れた場所にある市場まで連れて行ってくれて、無事帽子を買えたわけですが、本当に親切で親切で驚きました!
見返りも何も無しに純粋に助けてくれましたし、買えた後にはとても喜んでくれましたのです。

2つ目は、公園の芝刈りをしていたおばさん達に「ちょっとこっちにきな!」と手招きされ、何故か集団の輪の中に連れて行かれ、さらには椅子まで貸してくれてお喋りに参加させられたことです(^^;
何故連れて行かれたのか・・・?それは私が上で買った「帽子」を被っていたからです(苦笑) そしてベトナムの帽子は女性しか被らないということを教えてくれました、散々笑われましたけど(^^;
そのあと雑談しながらここのおばさまたち、何言い出したと思います?
道を歩いていた女性を指差して、「あそこにいる女の子たちをナンパしてきてみなよ(笑)」って言ってきたんですよ(><) あなたらは外国人に一体何させるつもりですか!?というわけで「そんなこと無理だ!」と伝えたらまた爆笑していましたが・・・(^^;



・・・、とまぁこんなことがあったわけですが、ここからが本題で、観光地ではなかなか現地の人と触れ合うのは難しいと思うんです。「また観光客か・・・」とうんざりの人もいるかもしれないし、観光客捕まえて儲けようとしている人もたくさんいますよ。ゆったりと現地の人とボディランゲージで雑談、とはいかないわけなのです。
こんな悠長なことが出来て、アホな話をして、ただ笑う。お互いに色々工夫して意思疎通を図りちょっとした文化の違いなんかを知る。このようなことが出来るのも、観光客慣れしていないちょっとした田舎町の特権かなって思います。

もし個人・あるいは気の知れた仲間同士で海外に行くことがあれば、ちょっと足を伸ばしてこのような『交流』を楽しむのも良いんじゃないでしょうか?きっと一生思い出として残るはずですからね。



今年は中国本土とマカオのカジノで印象深〜い人たちが出ますが、それはまた後ほど、機会があれば・・・。




ラベル:海外編
【関連する記事】
posted by PIN@E-500 at 21:50| Comment(0) | レンズ一体型 Panasonic LUMIX DMC-FX100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。