2009年10月04日

香港編 夜景

P9191007_003s.jpg




P9190994s.jpg




P9191009_004s.jpg




P9191011_005s.jpg


E-420 / ZDED12-60mmSWD
1枚目:23mm(換算46mm相当) F3.4 ISO400 ss1/8秒
2枚目:24mm(換算48mm相当) F3.4 ISO400 ss1/8秒
3枚目:12mm(換算24mm相当) F2.8 ISO400 ss1/20秒
4枚目:12mm(換算24mm相当) F2.8 ISO400 ss1/10秒



さて、香港編に戻りまして、『100万ドルの夜景』と言われる香港の夜景を紹介しましょう。
といっても私、夜景苦手なんです(苦笑) どうしても透き通るような光のきらめきを表現できない・・・。夜景得意な人に撮影から編集まで教えを請いたいです。

1・3・4枚目は割と現実に忠実な色です、ちょっと暗めで華やかさに欠けますけどね・・・。
2枚目はホワイトバランスを3000ケルビンにしています。個人的にはこの色の方が好きですが、現実とはかけ離れてしまいますので1枚だけにしておきました。

それと、1・2枚目は隠しアイテムの『一脚』を使っています。やはりE-420+12-60mmだけでは手振れ補正が無いことが不安で、一脚を持っていきました。短くすると23pくらいになる、ベルボンの商品です。
3・4枚目は手持ちです。

夜景を撮るならやはり何かしら固定できるものを持っていったほうが良いなと思いました。手振れ補正でも構図までは補正できませんし、夜にファインダー覗いていると暗くて自分の状態(体が揺れているがどうか)がいまいち分かりにくかったりするので。
野外でしか使わないなら一脚、室内でも使うならミニ三脚があると便利かもしれないですね。本当は今回の旅行にゴリラポッドが欲しかったのですが、購入を決断しきれず・・・。



ラベル:E-420 海外編
この記事へのコメント
こんにちは。
香港での夜景は大気の影響かちょっともやってますね。
日本でもこういうもやっとした夜景の時がありますよね。当方だったら、コントラストとトーンカーブをいじるかなぁ?という感じです。

香港の夜景いいですね〜、おっしゃるとおり、WBをいじって温度を下げたものも幻想的で良いと思います!!
Posted by 暗夜行路 at 2009年10月05日 13:26

暗夜行路さん、こんばんは。

確かに向こうの大気はちょっとモヤッとしていますよね〜。今回のは少々靄が出ていたのと、+ノイズ(ご指摘のようにトーンカーブを弄りました)が盛大に出てしまったのが原因かもしれません。

ありがとうございます^^ 青い光って、本当に幻想的ですよね。

Posted by PIN@E-500 at 2009年10月05日 18:52
こんばんは!

香港の夜景はとても綺麗ですね。
2枚目がとても好きです。


絵画の世界と同様に、写真とて心象表現の一種だと思いますので、ホワイトバランスの操作も大いに有りだと思います。


僕は香港の歌手がとても好きなので、いつか僕の好きな歌手が、ホンハム等でコンサートを開催する時に行ってみたいです。


Posted by ぴょこ at 2009年10月09日 01:01

ぴょこさん、おはようございます。

そうですね、写真も絵と同じで自己表現の一種である場合も多いでしょうから、ホワイトバランスの調整で幻想的に仕上げるのも大いに有りなんでしょうね。

香港は本当に旅行しやすい町だと感じました。基本的に言葉以外では日本と同じように過ごせそうな感じです。是非訪れてみてください^^

Posted by PIN@E-500 at 2009年10月09日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。