2009年10月05日

広州編 本土滞在三時間1

P9201050s.jpg

↑夜景の設定で撮ってしまい、パソコンで大幅に編集していますので、何か変な感じになってしまいました(^^; 皆さんも設定を戻すのをお忘れなく・・・。


P9201058s.jpg




P9201062s.jpg




P9201065s.jpg




P9201073s.jpg


E-420 / ZDED12-60mmSWD
1枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
2枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
3枚目:60mm(換算120mm相当) F4.0 ISO100
4枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
5枚目:24mm(換算48mm相当) F4.0 ISO100



さて、香港編は終了で、今回と次回は中国本土の『広州編』をお送りします。
といってもタイトルにあるように、広州にいたのは約3時間!食事をして蘭の有名な公園でお茶を飲むだけで、後はタクシー飛ばしてギリギリ香港行きの電車に間に合った、という感じでしたので、残念ながら町並みを紹介することは出来ません。

何と言っても中国広州で印象深かったのは2点ですね。

1点目は『お茶がおいしい!!』。
香港の飲茶専門店でもお茶が非常に美味しくて感動しましたが、中国でもやはり美味しかったです。種類は烏龍茶かな。本当に何杯でも飲めます。

2点目は『(特に子供の)マナーが日本ではありえないほど悪い!!』。
当然大人のマナーも良くないですが、子供の件での1例としては、ホテルのレストランで鬼ごっこ始めるのには流石に呆れました。本気で走り回る、他の人のテーブルの下に潜り込む、人の座っている椅子の背もたれをつかんでターンする、等々・・・。
日本だったらめちゃくちゃ怒られて頭にタンコブ作られてもおかしくない!しかし、誰一人としてそんな振る舞いを注意しないわけで、「あ〜、こういう文化だから他人の迷惑顧みず・・・、なんだろうなぁ」と残念に思ってしまいました。
決して日本人が最高の文化とは言いませんが、やはり他人を思いやる(人の気持ちになって想像する)心がないと、本当の意味で社会は成り立たないと思いますね。
中国の本当の意味での更なる発達を願います。




ラベル:E-420 海外編
この記事へのコメント
マナー・・・悪いですよね。
まぁマナーが良いか悪いか、何が良いかは、その国によって基準が異なるのでなかなか難しいところでもあります。日本の当たり前は世界の当たり前じゃないし。

ところで華南地区だと、プーアル茶やウーロン茶などが楽しめますね。
おいしいウーロン茶はほんとにおいしいですよね。小さい茶器に入れて何度も楽しむ功夫茶の方式で楽しまれましたか?
あれでお茶を楽しむとついついお土産にお茶が増えてしまいます(^^
Posted by 暗夜行路 at 2009年10月09日 10:57

暗夜行路さん、こんばんは。

仰るとおりです。日本人から見れば『何だこの態度は!!』と思えても、その国の人には当たり前の事なのでしょうからね。
とはいえ、やはり多くの人間が共同生活を円滑に進めるために大切なことってありますから(特に今後益々世界が狭くなればより重要になるでしょうし)、それを考えるとどうしても広州は遅れているといわざるを得ない感じがします。治安も正直良く無いとの評判ですし、何というか戦後間もない日本のイメージでした・・・。

マカオに有名なお茶っ葉の専門店があるのですが、そこの店主が気さくな方で、功夫茶と思しき方式で試飲させてくれました^^
美味しいですからね〜、でも逆にお土産には悩まずにすむので有難かったかもしれません(^^;
Posted by PIN@E-500 at 2009年10月10日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。