2009年10月11日

マカオ編 世界遺産巡り・スタート!

P9211129s.jpg




P9211100s.jpg




P9211104tos.jpg




P9211105s.jpg




P9211112s.jpg


E-420 / ZDED12-60mmSWD
1枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
2枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
3枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO200
4枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100
5枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO100




疲れていてブログを放置ぎみにしてしまいましたm(__)m

今回からマカオ編になります。

マカオは多くの世界遺産とカジノで有名ってことをご存知ですか?
恐らく、多くの観光客はマカオにある世界遺産を見に来ていることだと思います。約30ほどの世界遺産があったと思いますが、歩いて回れるので気軽に楽しめます。しかも、マカオは中国文化とポルトガル文化の交じり合った不思議な土地ですので、町を散歩すること自体楽しいのです。

今日の写真はマカオ最古の中国寺院と言われる『媽閣廟(まこうみゅう)』です。マカオの語源になったとも言われています。
観光客も大勢いましたが、地元の熱心な信者の方も訪れており、お祈りをしたり掃除をしたりしていました。何だか無関係な我々が訪れることで迷惑をかけてはいないだろうかと少々心配になりました。

ところで、写真の『渦巻き』は線香です。大きいやつだと1ヶ月燃え続けるとかだった気がします。
上にぶら下がっているので、火の粉とかが降ってきて危なくは無いのかな?と考えていたところ、丁度線香の燃えカスが私の上からたくさん振ってきて・・・うわっ!アツッ!!(><)となりましたよ・・・。カメラは灰で白くなっちゃうし・・・。何かの天罰でしょうか?(苦笑) 皆さんも、くれぐれも火にはお気をつけて(^^;


ラベル:E-420 海外編
この記事へのコメント
こんにちは。
渦巻き型の線香面白いですね、蚊取り線香みたい。。

というか、こちらはたまに日本でも見かけます。というか多分特殊用途ですが、お通夜のときにあげる線香で見かけました。

お通夜のときはお線香を絶やさず夜を通してあげるらしいのですが、なかなかそれは難しい。ということで、このような渦巻き型の線香にすれば長さを稼げるので一晩十分に持つから、一度このお線香を上げればお線香の番をしなくて済むみたいです。
Posted by 暗夜行路 at 2009年10月13日 12:43

暗夜行路さん、こんばんは。

おお!確かに、お通夜用の線香に似たものがありますね。私も一度、夜通し線香の火が絶えないようにお寺に泊まって1時間毎に線香をあげに行ったことがありますが、やはり多くの人にとっては色々な事情で厳しいだろうなと思いました。
ただ何となく、一晩線香をあげ続ける風習が無くなっていくことについては、少し寂しくも思います。

Posted by PIN@E-500 at 2009年10月13日 20:39
すいません話しがそれていってしまって。
そうですね、当方もこの渦巻き型のお線香を見たときには、うまいこと考えるものだと思う反面、こういうものはあんまり合理的にするものでもないなぁと感じました。
Posted by 暗夜行路 at 2009年10月13日 21:16

暗夜行路さん

いえいえ、お気になさらず^^
故人を偲ぶという意味もお通夜にはあるでしょうから、合理的にしすぎるのも考え物でしょうね・・・。

Posted by PIN@E-500 at 2009年10月13日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。