2009年11月12日

横浜スナップ〜夜景編〜

P9260022HDR1s.jpg


E-500 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F3.8 ISO800
RAWからのHDR合成



最近はあまり撮影していない代わりにといいますか、とにかく写真の整理をしています。
この写真も蔵出しです。ただ、RAWからの現像自体は先ほどしたばかりです。


今日2つ目のエントリは『HDR合成』について。といっても私はHDR弩素人なので、なにやら凄い技を持っているのかとか期待しないでください・・・。

RAWからのHDR現像という発想を、先日あるブログを読んでいて初めて実用的だと気づいたんです。要するに、RAWから標準、+補正、マイナス補正と現像したものをHDR合成すれば、ノイズは出るものの普通に現像するよりもダイナミックレンジが広くなる、というものです。
しかも、1枚の画像から作るわけですから、ズレなんてありえません。今回の写真のように人や犬などの動くものが写っていてもOKなんです。そして何より手軽です。

そんなわけで、『もしかしたら今まで撮りためた倉(HDD)に放置しっぱなしのRAWが復活するのではないだろうか・・・?』と考えたわけで、色々とやり方を変えて試した中の1枚が今回の写真です。

結果は・・・、う〜ん難しくて上手くいかない・・・。という感じですね。
私が使っているのはフリーソフト(というか試用版です)のPhotomatix Pro 3.0というソフトです。ソフト任せにHDR合成すると、このソフトのロゴが3箇所に堂々と入ってしまうという、なんとも嫌味ったらしいことをしてくれます(←でも無料なので仕方ないですね・・・)


P9260022HDR2s.jpg

↑ソフト任せの合成結果。自力で試行錯誤するより何倍も上手いところが悔しい・・・。


しかし、HDRが上手く出来るようになるとまた色々楽しくなりそうですね。特に、夜景なんかでは新しい世界が広がりそうです。
HDR未体験の方、試用版をダウンロードして遊んでみてはいかがでしょうか?



ラベル:E-500
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。