2009年12月26日

カール・ツァイスを使いたくて・・・

P1000264_1s.jpg


G1 / Sonnar T* 90mm F2.8
90mm(換算180mm相当) F11.0 ISO100
SILKYPIXテイスト・風景 フィルム調X1



何故マイクロフォーサーズに決めたのか・・・?

決め手は『ツァイス』でした。

CONTAXのGマウントをご存知でしょうか?私は少し前まで知りませんでしたが、AF機能を搭載したレンジファインダーカメラです。初号機が『G1』、後継機が『G2』とあり、割と手頃な価格で手に入るツァイスレンズで人気だったとか・・・?

このGマウントはAF専用機として作られたため、フォーカスリングがありません。また、レンジファインダーなのでフランジバックも29.5(くらいだったかな?)と短いのです。そのため、マイクロ用に専用アダプターが発売されるまでは、改造以外で他の規格に使いまわすことが出来ず、中古価格も非常に安いのです!
参考までに、私のこのゾナー90mmは、9800円で状態のいい物を買いました。状態の良いものでの価格の目安は、ゾナーは1万円以下で、プラナー35mmは2万円前後、プラナー45mmは1万前半、ってところでしょうか。35mmはちょっと高いですし、中古の数が他より少ないような・・・?
興味がある人はじっくりと安くて良い掘り出し物を探してください。今度写真をアップするつもりですが、LUMIX G1に付けるととても格好良いです。


ところで、Sonnarの名前の由来は『太陽』から来たのではないか、という説があるそうです。
この90mm、素晴らしい逆光耐性に脱帽です。どんな角度で太陽を入れても、高コントラストを維持しフレアは出ませんでした。Sonnarの名に恥じない名レンズだと思います。



ラベル:G1
【関連する記事】
この記事へのコメント
こんばんは。
『ツァイス』ですか。
名前はよく耳にしますが、どんなものかは全然知りません。
かなり歴史がありそうですね。
CONTAXのGマウントで使われてたレンズが、
パナのG1で使われるのは、なんか運命めいたものがありますね。

お写真を拝見する限り、写りも逆光耐性も素晴らしいですね!

興味ありますが、状態を見極めるのは難しく無いのでしょうか?
今度カメラ屋でちょっと見てみたいと思います!
Posted by Hiro Clover at 2009年12月27日 17:01

Hiro Cloverさん、こんばんは。

ツァイス、実は私も良く分かりません・・・(笑)
ただ、一時期ソニーに興味があったのですが、その理由は『ツァイスレンズ』の存在でした。特にプラナー85mmF1.4の描写力にはほれ込んでしまっていて・・・。
結局高価で現実的ではないので諦めたのですが、最近になってコンタックスGマウントの存在を知り、安いプラナーが・・・!!というわけでいってしまいました。

状態を見るのは簡単だと思いますよ^^
なんといっても構成がシンプルなレンズです。レンズの透明度をみて、絞りが利くか、MF出来そうか(たぶんこれについては平気かと)、という動作チェック程度だと思います。今度色々書こうと思っていますので、宜しければそれも参考に!

Posted by PIN@E-500 at 2009年12月27日 20:39
初めまして。4/3機を買う事にした理由が全く同じです。私の場合はG1に付いていた35mmを使いたかったからですが。見た目がレトロ?なオリンパスE-P3にしました。初心者なのでsonnar90でどう写して行けば良いか参考にしたく、是非これからもこちらで拝見したいです。
Posted by koharu at 2011年12月20日 18:23
koharuさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

koharuさんはコンタックスのG1をお持ちなのでしょうか?格好良いカメラですよね^^
オリンパスのカメラだと、デザインのマッチ以外にも手振れ補正が使える強みがありますよね!私もそのうちオリンパスのボディを買って、コンタックスのレンズを使いたいのですが、まだ機種選びで迷っています。

参考になるような写真が撮れるか分かりませんが、少しずつ使っていけたらと思っています。どうぞよろしくお願いします。
Posted by PIN@E-500 at 2011年12月22日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。