2009年12月27日

CONTAX・Gマウントレンズについて

コンタックスGマウントについて、多少説明しておこうかと思います。


Q2277333s.jpg

G1+Sonnar T* 90mm F2.8の外観。


Q2277339s.jpg

G1+Planar T* 35mm F2.0の外観(レンズ先端の黒い部分はハクバの保護フィルター)。後ろのレンズはSonnarのフードを外した状態。



『お?なかなかいけてるな〜』『オールドレンズも試してみようかな?』等々、興味を持った人は下のリンクから続きをどうぞ!



Q2277340s.jpg



Q2277341s.jpg



Q2277342s.jpg


コンタックスGマウントは、1994年に製品が発売されたマウントです。オールドレンズと呼ぶのは失礼なくらいに、割りと新しいですね!

ボディは94年のG1と、その後継機のG2のみ。
レンズは16mmF8.0・21mmF2.8・28mmF2.8・35mmF2.0・45mmF2.0・90mmF2.8と、35-70mmF3.5-5.6があります。

先日書きましたが、このマウントはフランジバックが短く、フォーカスリングが無いため、今までは他の規格へ流用することができませんでした。

2ヶ月ほど前にマイクロフォーサーズ用マウントアダプターが発売されましたが、一応、35mm・45mm・90mm専用ということになっているようです。(21mm・28mmはレンズ後玉を保護するプラスチックを切り落とせば問題なく使えるらしいです。16mmは高価な上、マイクロに装着が物理的に不可能なので、買わないようにしましょう・・・。)


さて、『フォーカスリングが無いのにどうすんだ!?』と思う人がいると思いますが、それは問題ありません。マウントアダプター側に、MFが出来るように歯車のようなものが付いています。


Q2277346s.jpg


↑この写真の中央下の、銀色の出っ張りです。これを親指でクリクリ回してやると、MFが出来ます。快適とはいえませんが、まずまずの操作性で安心できました。


Q2277351-1s.jpg


ゾナーをマウント装着側から見た写真です。
この写真の左下のマイナスネジの頭のような部分、分かりますか?
Gマウントはここを回すことで、フォーカスを行っています。さっきの銀色の歯車がここのマイナスに嵌って、MF出来るという仕掛けなのです。


Gマウントはもう一つ、変な特徴があります。

Q2277353-1s.jpg


Sonnar90mmの、絞り開放状態でレンズを外しているときの写真です。
絞りのしるしがF11.0のそばになっていますが、これまぎれも無くF2.8です。レンズを装着すると、この部分がくるっと回転してF2.8の位置に移動するので安心してください。正常です。


こんなところでしょうか?


ちなみに私はキタムラネットでレンズを探し、注文しました。
近くの店舗で受け取るのに送料などかかりませんし、中古の現物を見て気に入らなければキャンセルも無料で出来ますので安心です。値段も相場って感じでした(フジヤカメラより高く、マップカメラと同等か少し安いくらい)。
Sonnarは2つ予約して、良い方を選ばせていただきました(^^;
キタムラネットはブログ右下にリンク貼りました。

マウントアダプターについては、価格コムなどにも紹介され始めていますが、『muk select』という会社のブログから注文しました。というか、ここでしか扱っていないようです。GF1のムック本にもチラッと紹介されていたので、欲しい人は早めに予約するのが良いと思います・・・(私は2週間ちょっと待ちました)。


レンズ選びについては、動作チェック(店頭で確認できるのは絞りくらいでしょうか)と、レンズの透明度を見るくらいだと思います。シンプルな構成なので、透明度ははっきり分かると思います。
あ、付属品は確認しましょう!Gマウントレンズの35mm・45mm・90mmについては、新品では『レンズフロント・リアキャップ、レンズケース』のみのようです。しかし、中古では、純正のレンズフードや、保護フィルターなどもセットで売られているものがあるので、個人的にはフードだけは手に入れたほうが良いと思います・・・(今フードのみ買おうとすると探すの大変ですし、1000〜2000円位するみたいです)。


あとは・・・、限定版で『ブラックカラー』のレンズがあるようですが、クロームとは価格が3倍くらい違うので・・・。まぁ、好き好きで(^^;



posted by PIN@E-500 at 22:32| Comment(2) | マウントアダプター関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
大変参考になります!
MFするのに、マウントアダプター側に仕掛けがあったんですね。
レンズの外見もかなりカッコイイと思いました。
前回のエントリーのお写真の写りもかなりボケが自然で良い感じですね。

自分はまだ、E-P2であまり撮れてないので、
他社製のマウントアダプター導入はちょっと先になりそうですが、
アダプターでレンズの選択肢がかなり増えるのは、マイクロならではの魅力ですね。
Posted by Hiro Clover at 2009年12月29日 01:21

Hiro Cloverさん、コメントありがとうございます。

仕掛けつきアダプターを必要とするので、今までは骨董品レンズ扱いだったのでしょうね・・・。お陰で安く買えるわけですが(^^;

実はE-P2にも店頭でプラナーをつけてみたのですが、物凄く格好良かったです!金属ボディなので、オールドレンズがマッチするのでしょうね。マイクロである程度揃ってきたら、ちょっと手を出してみるのも面白いかもしれませんよ!
Posted by PIN@E-500 at 2009年12月30日 17:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。