2010年01月20日

葉の写り

P1000441_1s.jpg




P1000111_1s.jpg




P1000436_1s.jpg


G1 / Planar T* 35mm F2.0
1枚目:35mm(換算70mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX・ノスタルジックトイカメラ(フィルム調X1)
2枚目:35mm(換算70mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX・デフォルト
3枚目:35mm(換算70mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX・スーパーニュートラル(フィルム調V1)




このコンタックスGマウントのPlanar35mm、植物を撮らせると一級品だと個人的には思っています。

一癖も二癖もあって、正直使いづらい感じのするレンズなのですが、何となく使いたくなってしまうんですよね〜。ああ、もちろん解像力などで不足を感じることはありませんので、元々のポテンシャルは高いのでしょう。この「癖」が植物撮影には良い影響になっているのだと思います。え〜と、一言でいうなら『柔らかいけど力強い』イメージの描写かな・・・?不思議な感じの写りですが、興味深いです。


ラベル:G1
【関連する記事】
この記事へのコメント
素晴らしい写りですねぇ〜
特に2枚目のグラデェーションのような葉っぱの色彩描写が凄いです。
欲しいなぁ・・・
Posted by フォトン at 2010年01月28日 20:42

フォトンさん、こんばんは。

G1もPlanar35mmも、どちらも良い機材で満足しています。パナソニックを入れるに当たっては画質がオリンパスと違うので気に入るか少し心配でしたが、L10といいG1といい、予想以上に繊細で素材の色を重視した写りだと感じます。

マイクロは今が「買い」かもしれませんね!G1レンズキット、本当に安くて素晴らしいですよ^^
Posted by PIN@E-500 at 2010年01月30日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。