2010年01月31日

街中スナップ2

P1000490_1s.jpg




P1000491_1s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm MEGA O.I.S.
1枚目:14mm(換算28mm相当) F3.5 ISO100
    SILKYPIX:テイスト『スウィーライトブルー』
2枚目:14mm(換算28mm相当) F5.6 ISO100
    SILKYPIX:テイスト『スウィーライトブルー』




オリンパスのアートフィルター『ファンタジックフォーカス』や『デイドリーム』はありませんが、真似るならシルキーには『スウィーライトブルー』があります。

元々このテイストは付属のソフトに入っていません。シルキーのHPからダウンロードしなければなりません。私はレオパルド・ゲッコーさんの書き込みでダウンロードできることを知りました。ありがとうございましたm(__)m

他に公式HPからダウンロードできるものといえば、『ハードモノクローム』や『シネフィルム』、『ビビッド』などがあります。昨日アップした『キッズフォト』も新しいテイストです。色々あって楽しいので、是非SILKYPIX使いの方は覗いてみてください。

SILKYPIX・テイストダウンロードリストのページへ



最近、マイクロフォーサーズの噂が活発ですよね。
先日、パナの新型の噂の中に一つ気になる記載がありました。
『HD 12-75mm F2.5-3.3 MEGA O.I.S.』

これは流石に嘘だろ・・・。と思います(^^;
ですが、私は12mm始まりの標準ズームが欲しいので、もしこんなのが本当に出たら他諦めてでも飛付きたいです。

そもそも私はマイクロを何故導入したかといいますと、旅行などで荷物をコンパクトにして、気軽に目立たずに撮りたかったからです。
では旅行でどんなレンズが一番活躍できるか?と聞かれたら、『換算24mm始まりの標準ズーム』と即答するでしょう。高層ビルの多い香港でも換算24mmあれば大方問題なく撮影できました。換算28mm相当ではギリギリ入らずに不満が募ったと思います。

マイクロフォーサーズはスナップ的な現場でどのデジタル一眼レフよりも活躍できるのですから、こういう万能標準ズームに力を入れて欲しいです。小型化に拘るのでしたら12-35mmF2.8-4.0とか、一番スナップに使いやすい画角を押さえた高性能ズームを一本は出して欲しい・・・。そこそこ小型軽量な35-100mmF2.8-4.0なんてレンズも同時発表すれば、ネイチャーファンも飛付く気がします(風景撮影では広角・換算24mm始まりのズーム・換算70-200mmズームあたりの3本が使いやすいです)。


パナソニックの14-45mmF3.5-5.6は、14mm(換算28mm相当)始まり標準ズームとしてはレベルの高いレンズだと感じます。キットレンズとは思えませんし、かなり気に入っています。とはいえ、12-60mmSWDを持っているとどうしても広角側2mmで見劣りしてしまいます。初めての一本としては良く考えられた画角なのでしょうが、既に他のシステムを持っている身からすれば非常に惜しい・・・。

やはり標準ズームは一番需要が多いですし、明るさに拘るユーザーも多いですから、ガツンと素晴らしい上位レンズを出して欲しいと思います。換算24-70mmというのは各社の看板標準ズームが揃うレンジですから、さっき挙げた12-35mmを小型軽量で(当然描写も良く)出せれば、マイクロをメインで使う人も増えると思うんですけどね〜。
え?テレ端F4.0じゃ暗いって・・・?いやまぁ、あくまで現実的にボディとのバランスを考えて妄想したスペックなのでお気になさらず・・・(^^;




ラベル:G1
この記事へのコメント
最近、私は出張時、パナのL10とVE14-150を持って行くことが多いです。
望遠側に不満はないのですが、広角側については12mmがあれば ! と思うことは確かにありますね !
マイクロで12-75なんてレンズが出れば、マイクロの導入も検討しなければなりません(笑)
Posted by フォトン at 2010年01月31日 20:53

フォトンさん、こんばんは。

L10に14-150mmとは、素敵な組み合わせですね!
実際観光で出かける場合、広角側のほうが重要なことが多いのでどうしても12mmを含む標準ズームが欲しいんです。広角ズームでは流石にテレ側が短すぎてつまらないので・・・。

Posted by PIN@E-500 at 2010年01月31日 21:57
こんばんは。
マイクロフォーサーズのレンズ構成をどうするのか、難しいですよね。
フォーサーズの12-60mmを使い出してから、
12mmのありがたさを味わっているので、
12mmはじまりの標準ズームが出てくれて小型軽量なら、
ぜひ導入したいですね。

パナのレンズがメインになるなら、
ボディもパナのほうが良いかもって最近思います。
オリのボディのブレ補正も良いんですが、
色収差補正がないので、その点が不安材料ですね。
フォーサーズのズミを使っていて、唯一の不満が、
色収差が目立つことなので、L10も良いなぁと最近思います。(^_^)

Posted by Hiro Clover at 2010年02月02日 00:07
確かに、旅行では広角を使うことが多いですね !
先々週の日曜日に、丹後半島を一周してきたのですが、7-14の出番がとても多かったです。
でも、一本しか持って行かないとなると、微妙ですね。。。
Posted by フォトン at 2010年02月02日 00:13

Hiro Cloverさん

12mm始まりのズーム、使い勝手良いですよね〜^^ 私は本当に香港旅行でこのレンズだけをチョイスして良かったと思いました。交換レンズいらずで楽、しかも明るいのでどこでも撮影できる、本当に万能だと感心しました。

>色収差補正

やはりオリ機ではやっていなくてパナ機ではやっているのでしょうか?私は良く分からないのですが、そうだとすればボディ内ぶれ補正を引いてもパナ機で良いかも知れませんね(他の能力が同等として)!
Posted by PIN@E-500 at 2010年02月02日 22:11

フォトンさん

7-14mmですか〜!!私も一度は使ってみたいレンズです^^ 
しかし、一本だけという時にはチョイスできないですね・・・。やはり広角域をカバーした標準ズームの出番は多いですよね。
Posted by PIN@E-500 at 2010年02月02日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。