2010年02月12日

荒涼

P1000216_1s.jpg


LUMIX G1 / Sonnar 90mm F2.8
90mm(換算180mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX:テイスト『ノスタルジックトイカメラ』



昨日の続きで書きたいことが色々あるんですが、まとまらないので今回はやめておきます。



さて今回は、絞り開放でも実用になるのが魅力のコンタックスGマウント『ゾナー90mmF2.8』です。

何度か書いていると思いますが、『プラナー35mmF2.0』のほうは開放ではあまりよろしくないです。緩い感じが抜けません。F2.8以降はそれなりに使えますが、出来ればF4.0以降で使うとキレの良いシャキッとした写りになると思います。

一方、ゾナーは絞り開放から十分シャープで素晴らしいです。ピント合わせが厳しいですが、MFアシストを使って丁寧に合わせれば外すことは無いですし、開放を使えるっていうのは楽しいですよ。
ボケも素直で好ましいと思います。

ただ、換算180mmにもなると、手振れが気になりますね・・・。アダプター遊びのためにもオリンパスのボディ内ぶれ補正+EVF内蔵機種を出して欲しいと思います。


ラベル:G1
【関連する記事】
この記事へのコメント
Sonnar 90mm F2.8は良いですねぇ〜 !
私もここ1年程、オールドレンズ漁りに精を出しましたが、集めるレンズも、MFからAFにシフトしており、いつでもニコンのフルサイズに移行できる状況です。
勿論、フォーサーズを見限った訳ではありませんが、予防線を張っておかないと、オリンパスは前科がありますからね !
そうならないように祈っておりますが。。。
Posted by フォトン at 2010年02月16日 22:06

フォトンさん

Sonnar90oは本当に良いレンズだと思いますよ。

FマウントのAFレンズですか?相当な種類があって楽しいでしょうね!

オリンパス・フォーサーズには本当に頑張ってもらいたいものですね〜・・・。アウトドアであれだけの機動性と信頼性を持つシステムってなかなかありませんし。

Posted by PIN@E-500 at 2010年02月16日 23:45
今晩は ! フォトンです。
AFレンズでも、マウントでフォーサーズボディに付ければ、普通のMFレンズとして使えるので一石二鳥ですね !
今、なるべく口径の大きい明るいレンズを物色しています。
つい最近手に入れたシグマの望遠は70-210で82mm径です。周辺部の光量減を防ぐ為に77mmから大きくしたタイプですが、この後、70-200mmにして77mmに戻しています。
また、メーカーによってはF値を落としています。
カメラ側の高感度化を踏まえての対応だと思いますが、デジタル対応のレンズの質がZDを除いては落ちているような気がしますね。
Posted by フォトン at 2010年02月20日 19:51

フォトンさん

フォトンさんは大口径レンズを物色中ですか!82mm径は大きいですよね。150mmF2.0も82mm径ですが、これで撮影していると他のカメラマンさんたちからレンズの太さに驚かれますよ^^

デジタル時代だからこそ、写真の隅々まで見えてしまうのでレンズの質には拘って欲しいですね。
Posted by PIN@E-500 at 2010年02月22日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。