2010年02月25日

ルリビタキ 2回目

Q2198048_001raws.jpg




Q2198069_002raws.jpg


E-3 / ZD150mmF2.0 / EC-20
1枚目:300mm(換算600mm相当) F5.6 ISO160
2枚目:300mm(換算600mm相当) F5.6 ISO800



この冬はルリビタキを2回撮影してきました。2回目はルリの出る場所・止まる枝などが分かっていたので撮影もだいぶ楽でした。どんなものでもやはり1度は練習しておくと良いですね。

1枚目はルリビタキ♂、2枚目はルリポイントの近くの池に来たカワセミです。私としては珍しくE−3のRAWで撮影したので、現像時にノイズフィルターOFF・仕上がりはナチュラルの彩度+1にしています。

E−3で撮影するとき、通常はビビッドに設定していますが、実はナチュラルの彩度+1もお気に入りの仕上がりモードです。ビビッドのように印象的ながらも被写体本来の色に忠実なイメージの色に仕上がるので(といっても私のモニター上と、印刷したいくらかの写真を見ての話ですが・・・)、使い勝手が良いです。ちなみに、ナチュラルの彩度+2にすると、ビビッドとほとんど同じになる感じでした。


オリンパス機は基本的にビビッドでOKなのでJPEGで撮影していますが、パナ機は仕上がりがいまいちイメージできません。G1の写真をいつもRAWで記録しシルキーで現像しているのは、シルキーが楽しいからという理由もありますが、パナ機のフィルムモードで何を使えばどう仕上がるかというイメージが予想できないからという理由もあるんです。まあ、こんなのは慣れと使い込みの問題なのですけれどね・・・、こんな些細なことですが私がオリ機に拘りたい理由でもあります。



ラベル:E-3 野鳥
posted by PIN@E-500 at 19:10| Comment(4) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ルリビタキもカワセミも色が凄く綺麗ですね。
vividにしたくなりますが、ナチュラルの彩度+1も自然な感じで良いですね。
E-510のvividは結構控えめですが、
E-P2はそれより派手な感じです。

他のメーカーは使ったこと無いので分かりませんが、
オリの場合、弄らなくてもjpegで十分いける場合が多いので楽ですよね。(^_^)
Posted by Hiro clover at 2010年02月27日 22:04

Hiro cloverさん

どちらも綺麗な鳥なので、見ていて楽しいですよ^^
第二世代のライブモス機(E-3〜E-520)でのナチュラルの彩度+1はなかなか良いです。第一世代のは確かに控えめで素材重視の印象がありますね。
E-P2は派手な感じですか。私はI-finishに興味があります。

オリンパスは本当に、JPEGで弄る必要の無い写真が出来るのがとても良いですよね!
Posted by PIN@E-500 at 2010年02月27日 23:07
素晴らしいショットですねぇ〜 ! レンズの性能もあるとは思いますが、ルリビタキの写真は光の入り方・構図が決まっていますね。。。
150F2、欲しいなぁ〜
Posted by フォトン at 2010年02月28日 00:37

フォトンさん

お褒めいただきありがとうございます^^
上手い具合にうっすらと晴れてくれて穏やかな光が差し込んできていたので、上手く被写体に光が回ってくれました。

構図について、私が野生動物を撮影する場合ですが、邪道かもしれませんがトリミングで対応してしまうことが多いです。150mmF2.0はその点、等倍にしても見れるレベルの解像力を備えていますので、撮影時にはピント合わせに集中出来るので助かります。

150mmF2.0、本当に良いですよ^^
万人にお勧めは出来ませんが、望遠単焦点を使いこなしていらっしゃるフォトンさんなら、気に入るのではないかと思います。

Posted by PIN@E-500 at 2010年03月01日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。