2010年03月21日

Macro Planar

P1000807s.jpg


LUMIX G1 / Planar 35mm F2.0 / DCR-150
35mm(換算70mm相当) F2.0 ISO100 フィルムモード『ダイナミック』



昨日に続いて、今回はコンタックスGのプラナー35mm+レイノックスのマクロコンバージョンです。

ゾナーでは正直被写体との微妙な距離感覚とシビアすぎるピントあわせに苦戦しましたが、プラナーのほうは思った以上に使いやすかったです。換算70mm相当の画角が良かったのと、あとはピントリングの操作による距離変更がゾナーよりも自由だった気がします(感覚的には、ゾナーでピントを最短から無限遠に変更しても5〜6cmしか被写体との距離を変えられないところ、プラナーでは同じことをして10cmくらい移動できた気がします。あくまで感覚ですが・・・)。

前にも書いたかと思いますが、このプラナー35mmは植物の描写が非常に上手いと感じます。特に開放では柔らかくほわっとした描写ですので、花にはピッタリなのではないでしょうか?
今回の写真も前回同様、縮小以外手を加えてはいませんが、少しソフトフォーカスがかかっているかのような雰囲気になっていました。


プラナー35mmはゾナーと違って開放ではシャキッとしません(F4.0以上でシャキッとしてきて、F8.0ではカリカリになります)し、独特の歪みがあるので「使い難いレンズだなぁ・・・」と思っていましたが、マクロチックな使い方はあり、というか積極的に使っていけると感じました。




ラベル:G1 DCR-150
【関連する記事】
この記事へのコメント
こんばんは。
ZDとはまた違ったなんともいえないやわらかい描写が良いですね〜。
ホントに花マクロにぴったりだと思います。(^_^)

描写傾向の違うレンズを揃えるほうが、
撮影が楽しそうで良いですね。
Posted by Hiro Clover at 2010年03月23日 19:55

Hiro Cloverさん

ZDは基本的に開放からパリッと締まった描写のレンズが多いですからね。私はZD的なレンズのほうが好きですが、こういうレンズもアクセントとして数本持っておくのも面白いと思いました。
Posted by PIN@E-500 at 2010年03月24日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。