2010年04月27日

クロスプロセス

P1000992_1s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F5.6 ISO100
テイスト『デジタルクロスプロセス(ブルーグリーン)』



広角端で、絞り開放では四隅が甘いと指摘されているようですが、まだ自分の撮った写真で気になるような写真は今のところ出ていません(開放をほとんど使っていないという理由もありますが)。
F5.6になればもう問題無さそうです。もともと絞って使うことの多い画角でしょうから、描写性能的には十分かなと感じています。



ラベル:G1
この記事へのコメント
フォーサーズ用のZD9-18mmと比べると歪曲が少ないような印象を受けます。
車を真後ろから最広角で撮影するとフォーサーズ用の9-18mmではタイヤがハの字になりますから。(^^;
いや、でもそれを判って使う分にはその効果を生かした絵も撮影できるので私的にはOKなんですけどね。(^^)
Posted by とこまる at 2010年04月28日 10:25

とこまるさん

マイクロ用レンズは歪曲収差の補正をしていますので、その点ではかなり強い規格だと思いますよ。
歪曲を寧ろ利用するというのは素晴らしいですね^^そういう使い方が出来ると、機材と長く付き合っていけるんでしょうね!

Posted by PIN@E-500 at 2010年04月28日 22:02
こんばんは。

マイクロの歪曲収差補正は凄いですよね。
MZD17mmの補正前の画像を見てびっくりしたことがありますが、
ライブビューでリアルタイムに補正済みの映像を見れるので、
気持ちよく使えますね。まあ、気分の問題なんですが、、。

シルキーのテイストは面白いですね。
クロスプロセスでも色んな種類があるんですか?
Posted by Hiro Clover at 2010年04月28日 22:39

Hiro Cloverさん

マイクロの補正は素晴らしいですよね!
私は結果が良ければ補正大歓迎です。しかも自分では上手く補正できませんので、機械が勝手にやってくれるというのなら尚更です^^

クロスプロセスについては、4色あります(青緑・緑・赤・黄色)。
一番マッチするクロスプロセスを使えるので、案外楽しいです(使う頻度は少ないですけどね・・・笑)。

Posted by PIN@E-500 at 2010年04月28日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。