2010年05月05日

鎌倉散策1

P1010213s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F7.1 ISO100



漸くというか、やっと連休最後の日になって撮影に出かけてきました。

今回のお供は『E-3・150mm・50mmMACRO・EC-14』と『G1・9-18mm・14-45mm』です。
結論から言えば、E-3+150mmとG1+9-18mmだけで十分でしたけどね(苦笑)


タイトルはいちいち付けるの大変なので、『鎌倉散策』なんてしちゃいましたが、今回は『ファインダー内、よく見よう』というサブタイトル付です(^^;

9-18mmを使い始めてから、もう何度も余計なものまで一緒に写し込んでしまっています。今回でいえば上の葉っぱ。写真全体を眺めたときに、かなり気になると思いませんか?
こんなに目立つものでも、撮影中には全く気づいてないんです。EVFや背面液晶で撮影してるから、という理由も多少はあるかもしれませんが、やはり広角の広さを甘く見ていて注意力散漫なのが最大の原因なのでしょう・・・。


P1010216s.jpg


LUMIX G1 / MZD9-18mm
9mm(換算18mm相当) F9.0 ISO160



これまた上に同じ・・・。
さて、どれが問題の物体(と言ったら失礼ですが・・・)か分かりますか?まさかここまで写るとは・・・!という感じです。

でも、その予想外の広さが楽しくて、ついつい使ってしまいます。


ラベル:G1
この記事へのコメント
広角の特性を利用すれば、とても面白い写真が撮れると思いますよ !
7-14を使っていると、知らぬ間に自分の足が写っていたりして、これはこれで楽しいです。
やはり超広角は、建物や構造物を撮影する時に威力を発揮すると思いますね !
Posted by フォトン at 2010年05月06日 23:02

フォトンさん

レンズの勉強はいつも新鮮で楽しいですね!
流石に7mmともなると、足や影にも注意する必要がありそうですね。
街中のスナップでは本当に役に立ちそうです。しかもこの大きさですし、活躍してくれそうですよ!

Posted by PIN@E-500 at 2010年05月06日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。