2010年05月17日

機種選定・後半

IMG_0001s.jpg


OM10 / G.ZUIKO 28mm F3.5
28mm F5.6 コダック・GOLD(ISO100)



後半です。

やはり初めてのフィルムカメラ、あまりお金はかけたくありません。
飽きたら機材が勿体無いですし、最悪使い方がいまいち分からないうちに壊してしまうかもしれない・・・。他にも、中古の選び方もデジタルとは違うので状態の良し悪しが分からないですし、ランニングコストがどの程度なのかも知らないので、おいそれとニコンには手を出せなかったのです。そこで一旦、フィルムは諦めたのですが・・・。

しかし先日、知り合いの方(例の師匠です)にあるレンズを頂きました。トキナーの『80-200mmF3.5-4.5』というOMマウントのレンズです。
というのは以前、私が1000円で買って来て分解して破壊した(!)オリンパスの『F.ZUIKO 50mm F1.8』をその方に直していただいたのですが、それが切っ掛けで私のためにわざわざOM用のレンズを探しておいてくれたそうなのです。

これでOMマウントのレンズが2本・・・。
マウントアダプターで使う気は無かったので、せっかくだしOMのボディでも調べてみるか、というわけで調べてみました。

『OM、やるなぁ・・・!!』

ユーザーの使い勝手を最優先に考えたかのようなダイヤル・ボタン類、あるいは機能の独自性。カメラ任せにするのではなくカメラを使用者の体の一部とするのが理想なんだと言わんばかりの設計だと感じました。なるほど、設計者の名が後世に残るわけです。

そんな中で私が一番惹かれた機能は『マルチスポット測光』です。OM-4シリーズとOM-3シリーズに搭載されています。
使ったこと無いので説明は省かせていただきますが、リバーサルフィルムを使いたくなるような素敵な機能ですよ。

ですから、本来であればこの機能があるOM-4Tiとかを買いたかったのですが・・・。
さっきも書きましたが私はフィルム機の内部を知りません。使い方も分かりません。カメラ内露出計の状態とか、フィルム巻上げの部分とか、異常があるカメラもいっぱいあるみたいですし、今更修理不能のOMを買うには勇気が要ります。

で、妥協案としてまず安いMFフィルム機で遊んでみて、使い方を覚えてフィルムを気に入ったら数年後にOM-3TiかOM-4Tiを探してみようか、となったわけです。

今回のOM10は、G.ZUIKO28mmが付いて9980円でした。丁度足りない画角の28mmが付いてこの値段・・・。フジヤやマップ、キタムラ等をウォッチしましたが、これはラッキーだと結論付け、買っちゃったわけです。
状態も予想より綺麗で、取説も付いていて本当に助かりました。
OM10の機能的には、とてもリバーサルを使いこなせそうにありませんけど、そもそもネガすら上手く行くか分からないのだから・・・、ね(^^;


これが購入までの経緯です。全くの与太話ですみませんm(__)m

次回は、購入後のお話・・・。フィルム機は後が大変です・・・。



ラベル:OM10
posted by PIN@E-500 at 21:10| Comment(4) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

僕も以前からずっとリバーサルフィルムを使ってみたいと思っていますが、フィルム代や現像代などのコストや、それなりに良いフィルムカメラを手に入れようとすると結構お金がかかるので尻込みしています。

僕の場合は、これからフィルムカメラを使うなら、ずっと憧れていたレンジファインダーのカメラを使ってみたいのですが、コシナのものでもボディとレンズを揃えると良い金額してしまうので、同じ金額かけるならデジタルで…、という流れになってしまうのですよ。
Posted by ぴょこ at 2010年05月17日 21:57

ぴょこさん

フィルム代、現像代&プリント代・・・、本当にコストがかかりますね・・・。おいそれとは入り難い世界かもしれません・・・。

レンジファインダーですか!私も一瞬、コンタックスのレンズがあるのでコンタックスGにでもしようかと考えたのですが、レンズファインダーって高い機種が多い気がします・・・(^^; レンジファインダーでのリバーサルの使い勝手はどうなのでしょうね?使いこなしが難しそうですが、興味あります。

Posted by PIN@E-500 at 2010年05月17日 22:27
こんにちは!

フィルムカメラおめでとうございます。
ぼくはOM2Nを学生時代使い倒していました。
コンパクトなのに意外と丈夫で電池の持ちも
かなり良かったです。その点はOM10もほとんど同じですね。
リバーサルも使いましたが、メインはモノクロでした。自分で現像していたので撮り貯めして一気に現像です。
カラーも自分で出来るのですが、温度管理が面倒で...

こんなフィルムが今でもあります。
モノクロですがイルフォード社のXP2です。
超微粒子で、非常に上品な画が撮れます。
このフィルムの良いところは普通のネガ現像でOKなので、どこのDP屋でも出来ます。
Posted by min at 2010年05月18日 16:10

minさん

学生時代にOM-2Nですか〜、良いですね^^
自分で現像とは、驚きです!全然知識無いので分かりませんけど、大変そうですね!しかし羨ましくもあります^^

イルフォード社のXP2ですか、モノクロにも興味あるので、今度店頭で確認してみたいと思います^^
Posted by PIN@E-500 at 2010年05月18日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。