2010年06月11日

はと

P1010566s.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
45mm(換算90mm相当) F5.6 ISO100



前回、『ミラーレスでも飛ぶハトくらい撮れる能力はある』ということを書きました。でも実は本当に撮れるのか不安だったりします(^^;

嘘をついたとかそういうつもりじゃないんですが、ミラーレス機のAF方式である『コントラスト式AF』には弱点があるんですよ。
その弱点とは、『被写体を面で捉えること』です。

例えば以前アップしたこの写真↓
http://e500skyeye.seesaa.net/article/121434212.html

このように被写体が小さい場合、大きな『面』で被写体を捉えるようにシステムを組まれているコントラスト式は、恐らくですが、背景の海にピントを合わせてしまうと思います。私のG1もそうですし、GF1でもそれが問題になっている情報を見かけることがあります。

AFの速度・精度自体は問題が無いにもかかわらず、『そもそも狙っている被写体を認識しない』可能性があるのではないか?ということが不安材料なのです。

コントラスト式は、撮像素子で捉えた情報によってAFする仕組ですから、開発側がその気になればどんなAFターゲット枠でも、あるいはターゲット枠の連携制御でも可能なはずです。擬似的にE-3のような『複数の点』で被写体を追うような制御も組み込めるはずですよね。いえ、それだけでなく、『複数の点+アシストとしての面』という、ピンポイントで狙った被写体をロックし続けることが可能なAFも組めるのでは?

点と面で被写体を捉えることで、狙い通りの場所にAFを合わせ続けるシステム、何とか搭載して欲しいものです。今の大きなターゲット枠では、正直被写体が静物であっても狙いがアバウトすぎて信用できませんので。というのも、例えば被写体が小さくて凸凹しているものだった場合、凹凸のどちら側にカメラがピントを合わせるのか撮影者には決めることが出来ません。もし自分で確実に決めたければ、ターゲット枠の種類の変更(多点→一点)、大きさの変更(通常→極小)、場所の変更、という手順を踏む必要があり、非常に煩わしいです。
もともと点優先・アシストで面でというシステムが搭載されていれば、動体に強い上、静物にも即時にドンピシャで決めることができるのに・・・。




でも、今回は厳しいこと書きましたが、前回も書いたとおり、大抵の場合には優秀なAFシステムですので、これで購入を迷うような必要は無いと思いますよ・・・、と一応フォローしておきます(^^;



ラベル:G1
この記事へのコメント
なるほど !
コントラストAFにはそんな弱点があるのですね !!
多分、技術の進歩で、そんな弱点も克服される時が来るとは思いますが、
私のような古い人間は、やはり光学式のファインダーが良いです。
E一桁シリーズは、光学式を踏襲してくれるといいのですが・・・
Posted by フォトン at 2010年06月13日 21:08

フォトンさん

コントラストAFは、ある程度広い範囲を調べないとコントラスト差が見つけられないのかもしれません。その所為か、AF枠が広くて、小さい被写体だと後ろにピントがぬけてしまいやすいです。
出来れば小さな枠で、ニコンのD300のようにずらっと敷き詰めて配置して欲しいですね!

私の場合は、光学式ファインダーのほうが覗いたときの爽快感が上ですけど、最近ではG1のEVFの使い勝手の良さにメロメロ、という感じです(^^;
E-Xとは別系統で、マイクロにはマイクロの上位機種を出して欲しいと思います(アダプター利用でフォーサーズレンズの力を最大限発揮できるなら、という条件付で)。

Posted by PIN@E-500 at 2010年06月15日 20:08
こんにちは。
マイクロのAF、自分の場合、手持ちの専用レンズに動体に使いたいレンズがないので
なんとも言えませんが、
リリース予定の100-300mmが動体撮影を快適に出来るようだと面白くなりそうですね。
ホントは4/3の50-200mmがマイクロで快適に使えれば良いんですが、
AFが遅すぎて実用的ではありません。(汗)
でもそれが叶うと4/3の出番がなくなりそうですが、、、。

普段の撮影の場合ですが、夜の撮影などでも、
パナの20mmとPENのコンビは、
AFも迷わずにかなり正確にピントが合ってくれます。
E-510と12-60mmより迷いは少ないですね。
Posted by Hiro Clover at 2010年06月19日 15:52
なるほど。。。
欠点もあるけど、なにか使い易そうな感じですね !
E-5はユニット式になるとか噂がありますが、光学式がEVFに切り替わる布石かもしれません。
私も、ライカのレンズでコントラストAF非対応のVE14-50を処分し、対応するレンズに切り替える予定です。
Posted by フォトン at 2010年06月20日 08:29

Hiro Cloverさん

本当はフォーサーズ用レンズがマイクロ機でも能力を発揮できれば良いんですけどね・・・。これが叶ったら(そしてマイクロに上位機が出ていれば)、私は完全にマイクロに移行したいです。

夜景ではパナ20mmとE-P2のほうが、E-510よりも正確ですか!確かに、私のE-500なんかは夕暮れ時や森の中の暗い部分では全くピントあいませんから、位相差のツインクロスでなければコントラスト式の方が良いというのも頷けます・・・。




Posted by PIN@E-500 at 2010年06月20日 21:14

フォトンさん

フォトンさんも今後はマイクロへの布石を打っておくのでしょうか?今は過渡期で、今後フォーサーズレンズが不便なく使っていけるのか分からないですから、なかなか難しいですよね。
私はコントラスト式対応レンズがエルマー14-50mmしかありません。マイクロでもフォーサーズレンズのAFが担保されないと、う〜む・・・という状態です。

Posted by PIN@E-500 at 2010年06月20日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。