2010年07月01日

紫陽花

Q2128935s.jpg


E-3 / ED150mmF2.0
150mm(換算300mm相当) F2.0 ISO100




以下はまたAFの話。

先日、E-3後継機に搭載されるであろうAFの新特許がズイこれに載っていました。
私の理想にほぼ近い感じのAFシステムになるようで、期待が持てそうです。
それは一体どういうものかといいますと、中心となるAFポイントの周りに多数のアシストAFポイントを設置して、被写体を捉え続けることが出来るAFシステムです。先日私はコントラスト式AFを例にして『複数の点(中心となるAFポイント)+アシストとしての面』と書きましたが、まさにこれを位相差式でやってくれようとしているみたいです。とは言っても、特許を見る限りではまだまだ隙間だらけみたいですけどね(^^;

現在のE-3・E-30では、AFポイント単体での能力は高かったのですが、個々のポイント間の隙間が大きすぎて動体追尾には厳しいものがありました。C−AFで動体を追おうとする場合、野鳥などの小さい被写体が相手ではすぐにAFセンサーが被写体を見失ってしまい背景に引っ張られてしまうことになるからです。だから大半の人は、S−AFでの一発撮りをマスターしているのだろうと思いますけど・・・。
C−AFが使えるようなカメラになれば連写が楽しいでしょうね!

実は私、以前キヤノンの40Dを触らせていただいたことがあって、飛ぶ野鳥(カモとかその類なので大きめです)を狙ってみたことがあったんです。レンズは200mmF2.8Lと2倍テレコンで。
恐ろしいことに、キヤノンファンの中では動体捕捉に関して『いまいち』と言われていた40Dですら、ただC−AFで連写しているだけで迷うこと無くほとんどの写真がバチピンでした(最初の2枚くらいが合わせきれてなかったです)。
「ああ、なんて簡単なんだろう・・・」と感じて微妙な気分でしたよ(^^;

オリンパスは追尾システムとSWDレンズの充実・上手い制御をもう少し頑張って発展させてくれるといいですね。良いもの持ってるんですから!


それにしてもE-5、特許から妄想するに結構楽しそうなカメラになりそう・・・。
真のマルチアスペクト、ライブビューでの高速コントラストAF、多数のアシストAFポイント・・・。画質では少なくともE-PL1と同等のクリアさと高感度画質・・・。もともとE-3には欠点が少ないですから、これだけでもかなり魅力的ですね!あとは液晶ケチるようなアホなことはしないで、寧ろ最上級のものを載せるくらいの意気込みを見せてください(^^;



ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 19:14| Comment(8) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
紫陽花のお写真素晴らしいですね!!
いや、見とれてしまいました。(^_^)

キヤノン機のAF、そんなに良いんですか?
良いんだろうな〜とは思ってましたが、
40Dでそれだと7Dはちょっと怖くて想像できません。(笑)
多分自分はE-3のAFでもびっくりすると思いますが、
C-AFで被写体を正確に追い続けてくれたら言うことないです。

撮像素子のほうも、パナはギャップレスマイクロレンズ採用との噂もありますし、
高感度もあと一段程度の向上は見込めそうですね。
液晶は最低でも92万ドットでしょう。
(いや、ホント頼みますよオリンパスさん)
Posted by Hiro Clover at 2010年07月02日 00:26

Hiro Cloverさん

紫陽花、そう言って頂けると嬉しいです^^ 重いですが150mm使ってて良かったと思えます。

キヤノン機のC−AFに関して言えば、オリより間違いなく一歩先に行ってると思いますよ。撮影したのがカモでしたので、野鳥の中では簡単な部類ですしオリ機でも十分過ぎるほど撮影できる条件でしたけど、それでもその40DではレンズのAF速度、被写体の移動に合わせてスムーズにピントを移動させる動きなど、ストレスを感じませんでしたので。尤も、キヤノンとオリのAFの歴史を考えれば、オリの追い上げも大したものなのでしょうね。

C−AFに関して言えば、E-3でもE-420でも大差ないと思いました(中央一点の場合)。E-420はAFスペックが弱小に見えますけど、E-3からのフィードバックなどでアルゴリズムがだいぶ良くなってるのだと思います。逆にE-3がスペックの割りに弱い印象を受けてしまいますね・・・。
E-3を使ってて明らかに良いのは、暗い場面でもビシッと決めてくるとき、あとは11点フルに使えるようなシーンであって、そういう場合には大きな差が出ると思います。

液晶、92万ドット来ますかね・・・?
流石にもうケチらないでくれると思いたいです(^^;

Posted by PIN@E-500 at 2010年07月02日 07:08
紫陽花、ボケがなんとも言えないですね !!
レンズ病もまた復活しそうです(笑)
私がカモメとか飛ぶ鳥を撮る時は、仰る通り、S-AFでの一発撮りです。
C-AFでは、背景と被写体の間を行ったり来たりして、まともな写真が撮れません。
正直、C-AFは、被写体が大きく、センターポイントで追従できるものに限ると思います。
11点フォーカスも殆ど使っていませんね。。。
E-5での改良が、キャノン並みの精度を与えてくれるのなら大歓迎ですが、
それよりも、オールドレンズを使用した時のフォーカスエイドの機能が是非欲しいものです。
Posted by フォトン at 2010年07月05日 23:26

フォトンさん

150mmは良いですよ〜。フォトンさんには合うと思います。

オリンパス機のC-AFは仰るように、背景と被写体の間で小刻みに揺れるとか、被写体にロックはしているものの常時ピント合わせの為に動き続けて結局まともにピントが合った写真が無いとか、そんなのばかりですよね・・・。
被写体が大きい電車などにはそこそこ効果があるのかも分かりませんけど、野鳥には大抵の場合で使い物にならない感じ(S-AFの方が良い)だと思っています。

フォーカスエイド、欲しいですね!正直MFはG1のEVFの方がやりやすいので、E-3にオールドレンズを付ける意欲もなくなってしまいましたが、フォーカスエイドが付くなら確かにありがたいと思います。

Posted by PIN@E-500 at 2010年07月06日 07:20
お〜〜!久々の150mm!
PIN@E-500さんの撮られるこのレンズの作例が大好きなのです。(^^)

E-5の発表も待ち遠しいですね。
すぐに買えるかどうかはフトコロ具合によりますが、予想通りの機能が全部付いてきたら理性のブレーキが働くかな〜。(^^;;
オリンパス頑張れ!
Posted by とこまる at 2010年07月06日 18:29

とこまるさん

そう言って頂けると励みになります^^
私もこのレンズは大好きなので、本当はもっともっと活躍の場を広げてあげたいんですが、なかなか最近は出かけることが出来なくて・・・(^^;

E-5ももうじきでしょうね。噂される機能が揃っていると、スルー決め込んでる私もグラッと来そうで怖いです(^^;

Posted by PIN@E-500 at 2010年07月07日 00:49
ご無沙汰しています〜
アジサイの時期もそろそろ終わりですね。
今年も撮らずに終わってしまいました。
うちには、オリのカメラがごろごろしてますが、やっぱりE−3が一番です。暗所のAFが他に比べて抜けているというか、他が悪いというか・・・

新機種、ほしいと思われるものが出てほしいですよね!
Posted by 暗夜行路 at 2010年07月11日 09:09

暗夜行路さん

紫陽花もそろそろ枯れ始めてきましたね〜・・・。私もほとんど撮るチャンスが無くて勿体無いことしました。

E-3は良いカメラですよね。静物に関してなら本当に暗闇のような場所でもAFを合わせようとしてくれますし。

新機種、楽しみですね!
Posted by PIN@E-500 at 2010年07月12日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。